やっぱりお気に入り!のシューズ

バレエのクラスで最初に用意するのは「バレエシューズ」。

バレエシューズはレッスン中の足裏を保護し、美しいつま先を作るための
ニュアンスを与えてくれます。

ポワントシューズがつま先で立って踊るため、しっかり糊で固められてるのに対し
バレエシューズは足裏の皮膚感覚をまず大切にして、指先を伸びやかに
そして強くするための、大切なパートナー。

 

私が約10年近く愛用してるRepettoのバレエシューズ。
愛用するには、理由があるんですけども
これを履くようになってから
俄然、足の指がしっかり使えるようになったのです。

他社メーカーさんのシューズも履きますが
この感覚は、他には中々みつからない・・・^^

 

かつてこのRepettoのシューズをこのblogでご紹介した後
当時スタジオで習ってた方がお店に買いに行ったら、
サイズが余り残ってなかったとかなんとか(笑)

2012年の過去記事です(ちょっと鼻息荒い書き方だけど(笑))
バレエシューズの選び方

 

image

image

 

ア・テール(床に足で立った時)の感覚は、人それぞれではあるけど
足の裏の感覚を抑え込もうとして立ってる方は、指先が丸まってることが多いです。

そこをレッスンの時に私は指摘し、直しますが
場合によってはバレエシューズを見直すことも大事ですし
(サイズがキツイ場合もある)

また、余り激しく汚れているシューズを使用し続けてると
「足元を見られる」と言うことも、やはりありますので
折を見て、綺麗なものに取り替えたほうが良いですね。

★昨日はCAさんの友人と銀座Repettoに行きまして
試し履きした時の彼女の反応がとても感動的で
とてもレッスンが楽しみになったそうです(*^_^*)
薦めて良かった~

※こちらのシューズは、ある程度バレエ経験を積んだ方向きだと感じています。
初心者の方や、足裏の筋力がまだ弱い方は
後ろのソールが繋がったものの方がお薦めですが
もしももっと詳しく知りたい!と言う方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

 

大人のバレエは、エレガントに美しく

「その人それぞれが、輝いて欲しいから」
心と体を調和させ、歌うように踊りましょう。

★11月は、Kayano Ballet Blog読者様を対象に
「体験レッスン2回キャンペーン」を行います。
体験レッスンお申込み時に
お気に入りの記事の題名を添えてくださいね。

★バレリーナおうちご飯WSは、11/27開催!
鉄分を摂取するおうちご飯をご紹介。
お申込み、お待ちしています。

Kayano Ballet StudioHPはこちら
体験レッスンのお申込みはこちら。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

Repettoのシューズ

昨日北千住クラス指導の帰りに、銀座のRepettoへ。
ショーウィンドウは、ドン・キホーテをイメージしたディスプレイでした^^

自分のレッスンで使うバレエシューズを購入。
ここのは本当に履きやすい(*^_^*)
爪先(指裏)のフィット感が、他のとは全然違うのです♪
(あくまで私の感覚だけど)

このシューズはゴムを自分で縫い付けます(今シューズの中に折りたたんで入ってます)
周囲がシャーリングになっているので、フィット感は抜群です。
ソールはセパレートタイプですが、土踏まずがしっかり上がり、それが好きなんですが
これは苦手な人にはダメかも。。。な部分。


私は24㎝なので、本来なら38.5と言うサイズなのに、昨日買ったシューズは38でOKだった。。
あれれ??足、縮んだかな??^^;
今使ってるのと履き比べてみても、余り違和感無し。。
海外のものってサイズを表記していても、大きさがまちまちだったりしますので
買う前にはお試しされることをお奨めします。

昔むかし、”ラ・バヤデール”と言うシリーズのポワントを履いていたことがあります。
今チャレンジするなら、カルロッタかジュリエッタかな。
ジュリエッタは非常に足馴染みが良かったけど、すぐ柔らかくなりそうで・・
バーで慣らすとか、足裏のトレーニング用に良いのかもなぁ。

バレエショップ巡りは色々な発見があるので、色々見てみると楽しいです(*^_^*)

「ヨシ!」と言う、スィッチも入りますよ~。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

トウパットでひと工夫♪

アンナのリハではスタジオに出演者が多く集まり、出番まで立って待ってることが多いです。
すると先日から少し踵が痛い。。。と言う(;_;)

何か良い方法無いかな?と思っていたら閃きました♪
SAMSUNG
バレエシューズとポワントパットを用意。

SAMSUNG
ポワントパットをバレエシューズの踵の部分にセット♪

なんとこれだけで、踵にクッションが入ったみたいで楽です♡
普段の稽古でも使えそう。邪魔になったら取っちゃえばいいですしね。

SAMSUNG
いつも大体、このようなものを持ち歩いています。
ボールはいつも携帯。これでコロコロマッサージ。何かを踏みたくなるんですね^^
応急手当て用の湿布、松脂スプレー等も。

SAMSUNG
こちらのシューズバックは「ハートニット」と言う、東日本大震災で被災された岩手県の方達が
手編みで編んでおられるニット製品です。頂きものですが、とても活用しております♡

☆今日もスタジオは元気に活動します。今日は胡桃のPDDクラスも♪
初中級クラスは奥田慎也先生が担当です。飛び入りの参加もOKです^^

日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエシューズ

昨日クラス指導帰りに銀座へ。

Repettoでバレエシューズを購入。これは4足目をリピートする位、お気に入り。
足裏の感覚が非常によく感じやすいのです。
これには個人差があると思いますが、ある程度長くバレエの訓練を積んだ人は本当にそう感じるようです。

988717_571921506179161_1264566642_n (1)

床の感覚の滑らかさや
爪先を伸ばした時の脛の力の入れ具合とか
膝の締め方や、太ももの力の入れ具合とか
腰の高さの感覚や、背中の意識のスッと通る感じとか
頭をしっかり起こした時の目線とか、肩の力の抜け具合とか

自分の感覚で覚えて熟練してゆくものは
使っている道具の助けを得ていることが意外と多かったりもします。
時には、使うものを変えてみたりしてみるのも良いかもしれませんね。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

センターからポワントレッスン♪

おはようございます♪

「センターからポワントレッスン♪」と書くと、大抵の方は「ええー」とビックリしてしまうことが多いかもしれません。
あ、もちろんポワントがある程度履ける方に向けて書いています。

でも実はとても自分の重心を感じ、そして身体のコアな部分を感じるには良い方法です。
最近は自分が受けるクラスでも、進んでセンターからポワントを履くようにしています。

その際決めているのは「足が疲れたら脱ぐ。」 下ろしたてのシューズ等でまだ足が不慣れな場合等、足が痛くなったら我慢せずに脱いでも良い、と決めています。
もう一つは「バレエシューズで居る時よりも、高く自分の位置を保つ」 ポワントを履く時の基本的な意識ですね。

トウ部で立った時に床から接する部分がより少なくなるため、自分の中に新たな意識の場所が生まれる靴だから、バーを使ったポワントワークはその意識を継続させるために行います。
「跳ぶこと」の手前にある感覚が「トウで立つ」こと。写真はピンタレストより。写真だと親指だけで立っている風に見えますが、意識は足の裏に繋がっています。
(靴の中ではこんな風ですよ、と言うものを見せた写真ですね)

—————————————————————————————–
988812_521556541215658_1739949114_n
昨日新宿のバレエショップにて、メルレの”パフォーマンス”と言う型のポワントがかなりお値打ち価格になっていました。
試し履きしているうちに足に馴染んできたので購入。
家に帰ってから早速リボン付けてゴム付けて・・そしてソールを少しカスタマイズ。
するとすごく足馴染みが良いのです♪ 実際に履いて稽古してみたらどんな感じだろうか。楽しみです^^

※現在土曜日の初中級クラスは「センターからポワントレッスン♪」状態です。
履けるなら履いてレッスンした方がより足に馴染みますし、バレエシューズで行うステップがポワントでも踏めるようになると、ますます踊る事が楽しくなりますよ♪
ポワントが履ける方は怖がらずに、まずはトライしてみてくださいね。痛くなったら脱げば良いですから^^ スタジオHPは→こちら。

↓↓ ブログ村ランキング参加中です♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

スタジオ案内状を持って営業活動~☆

おはようございます♪

昨日は朝からスタジオの案内状を作成して、新宿にある三ヶ所のバレエショップを巡りました。
バレエショップの場合、チラシを置かせてもらえる所はA4スタンドが殆ど。
個人的にA4サイズは公演のチラシなら良いけど、スタジオの案内は小さい方が良いと感じています。
なぜなら取っておけるから。女性なら手帳に挟んで置く人も居られますよね。
そう思い、こんな工夫をしてみました。

SAMSUNG
見えますか~?^^
クリアファイルに「案内状が入ってます」と言う文言を入れ、その中にはがきサイズの案内状を入れてみました。
無くなってもスタジオ名で検索すると、すぐヒットします。

1つ目のショップでは運良く、案内状そのものをお店の中に陳列出来ました。
最後に行ったショップでは本来営業所を通さないとダメなのに、スタジオ生Mちゃんのお蔭で既に顔が割れているのでその場でOK(*^^*)
しかも店員さんから「レッスン行ってみたいです!」と言われてすごく嬉しい♪

こちらは店長さんに勧められ、即決購入したトップス。
シルビア、トップス
これから冷房の季節が始まるため、教えている時に上に着るものが欲しかった♡
基本的にTシャツを着て教える時でも、身体のラインが出るようにウェストをゴム等で少し結わえています。
私にとっては「仕事着」でもありますから、きちんとして居た方が気持ちが引き締まります。
ウチの生徒さん達は、私がちゃんと着ているとそれに倣って下さる方が多い。
お手本って大事だと、改めて思ったりもしました。

☆スタジオ案内を置かせて頂いた新宿のバレエショップ(ミルバ・チャコット・シルビア)様、ありがとうございます♪

↓↓ ブログランキングに参加しています ↓↓

にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエ用品コンシェルジュ&ポワントフィッティング

昨日は朝から個人レッスン→ 3クラス指導→ ポワントフィッティングに同行、と言うとても充実した一日でした。

ポワントフィッティングの同行は時々するのですが、クラスで見ていて「そろそろ彼女のシューズは変え時じゃないのかな」と気づいた時にアドバイスします。
そして時間が合うようなら一緒に行ったりもしますね。

今回一緒に選んだ方は、1月にご入会された方。
履かれていたポワントが、少し大きい気がしたのです。
バレエショップで色々試し履きし、「立った時の安定が良いもの」と「立った時のバランスが感じやすいもの&下り易そうなもの」の2足に絞りました。
結果選んだのは「立った時のバランスが感じやすいもの&下り易そうなもの」に。
足裏のトレーニングに良さそうだったのもあって、立った時のみに拘らないセレクトに。
あとはお稽古でのトレーニング次第ですね(*^^)

ウェアも色々選んであげたら、余りに嬉しそう♡に買われるので、つい、私も購入してしまいました(笑)
エインズリーのペイズリーレース。実はもう廃盤になっているらしく、レアな商品だったみたい。

559823_488262797878366_1164629654_n

IMG_4927 (1)
いつも愛用しているこちらのスカートと合せて試着してみたのですが、色のトーンが合いますね~(*^^)
「先生、似合う似合う」の声にすっかりその気になりました(笑)
クラス指導でも、頻繁に活躍してもらおうと思います^^

ポワントフィッティングは、現在スタジオ生をメインに行っています。ビジターの方で希望される場合、ポワントクラスを受講した後、ご相談も出来ますのでお気軽にどうぞ。

↓↓ 応援ぽち ↓↓ お願いします。お蔭さまでいつも励みになっています♪
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村