嫌な時は「鈍感力」

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日の夕刻あたりから
SNSのタイムラインで、嫌がらせがありました。

私のブログ記事が
コミュニティ規約違反と報告されまして
私以外、表示されなくなったのです。6記事もです。

理由が分からないまま
おしおき食らってる状態なんですけど
(そのうち戻るだろう・・と思っていますが)

ブログはかれこれ2005年から書いていますが
嫌がらせがあったのは一度や二度ではありません。

初期の頃のブログには
HPに載せていたレッスン内容についての不満が
ビッシリと書かれたコメントが有ったり
私の考えていることに対して
気に入らないと思ったことを書いて来られたり。

ブログですから、嫌だと思ったら
見なければ良いのですよ。
あ、この人私と意見違うんだなーとか
なんかチクチク刺さること言うんだな、と思ったら
読みに来なければ良いわけで。
または、読んでも忘れちゃえばいい。
だけど、それが出来ないのだなと感じています。

発信することについて
私のように、嫌がらせを受けたりすると
大抵の場合
「そんなに自分の意見を表沙汰にせず
大人しくしておけばいいのよ」と言われます。

波風立たせずに、ことをやりすごすためには
有効な方法だと思いますが
それは私の選択肢にはないもので

なぜなら、子供の頃から
理由なき虐めを受けたり
嫌がらせをされたりすることが多く
その度に悔しい想いをして、もっと強くなろう!
と思って生きてきたからです。

大人になってから「強くなる」と言うのは
寛容になったり、時にはスルーすることであり
相手に対して壁を作り、自分の本心を見せないと
言うこととは全く違うのだ、ということが分かりました。

例えば、バレエの世界にも
嫌がらせはあります。
だけどそれに対し、ビクビクして反応するよりも
いかにスルー出来るか。
そして自分がされていることに対し「嫌」と言えるかどうか。
まず自分で自分を守る方法を知る。
その一つの方法として「鈍感力」が有ったりします。
(確か吉田都さんも、鈍感力について
述べておられたことがあったと記憶しています。)

でも私の場合、鈍感力、全く発揮できてないけど(笑)
自分がされていることに対し「嫌」は言います。

今日は全然明るくない記事で、ごめんなさいm(__)m

今日は楽しみにしている、学びがありまして
その後夜のレッスンもあります。
皆様スタジオにおいでくださいね。

 

★個人レッスンでは、バレエの上達や向上について
アドバイスすると共に
何か引っ掛かってる点を探り
善処していける方法を、見つけます。
まずはお気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせフォームはこちら

***************

4月~5月の予定をお知らせします。⇒スケジュール
5/2はスペシャルクラス行います。

★4/4~4/27は体験フェア★
体験料¥2000⇒¥1500にて受けられます。(1回のみ・初見の方)
※1Day ws、ポワント見直しレッスンは除きます。
レッスンの感想をくださるかたも、同時募集しています。

体験日にご入会の方は
入会金から体験料を、差し引かせていただいております。
(レッスンチケット購入をお願いしています。
使用開始は2週間のインターバルがあります。)

お問い合わせフォームはこちら

通常クラスのご案内
新宿御苑前スタジオ&代々木
武蔵小杉で開催中。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーティストチャレンジ

今Facebookのタイムラインで、アーティストチャレンジと言う
一種のリレーゲーム的な遊びが流行っています。
彫刻家やイラストレーターさん達だけかな、と思っていたら
今国内外のダンサー達にも、かなり浸透中。

遊びのルールは、友人のアーティストから案内を受けたアーティストは
フェイスブック上で、5日間連続で毎日自分の作品を公開し
毎日他のアーティストを1名ないし2名 指名してまた同じことをやってもらうというものです。

私は米田ひろみ先生からのご指名で、今で3日目。
20年以上前に舞台でご一緒した方で、今でも仲良くお付き合いがあります。

アップする作品の写真を選んで紹介し
そして次の人を指名、と言うのは、意外と頭を使いますが
現在私のアップの仕方が時系列的なので
過去こんな時を経て、色々な人と出会ってきたんだなーと振り返る、とても良い機会になっています^^
そう思うと、すごいご縁でいっぱいです。

呼びかけて繋がらなければ、それはそれで良しですし
そして掲載している友人ダンサーたちの、色々な人の過去の出演作品の写真を見れるのは
彼女達の通ってきた道が分かるので、それがまた新鮮だったり、改めて尊敬できたり。


写真は今の所、こんな感じで載せてます。
スタジオについての写真を載せるのは、ようやくこの次から^^

ブログでは、折に触れて色々なことを書いてきているので
FBの方は、その要約版的に載せてます^^
見て下さってる皆さま、ありがとうございます♡

日本ブログ村ランキングに参加しています。
応援ぽちっと宜しくお願いいたします^^

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

伸びる人と伸びない人の差

SNSを日々よく見てると、欲しい情報をピックアップする事に長けてくるような気がします。

坂東玉三郎さんが語る「伸びる人と伸びない人の差」

実はこれを読むのは二度目。
一度目は流し読みしてしまい、ちゃんと頭に入ってなかったけど
片隅に残っていたので、再度検索して見つけました。
SNSは〇〇さんがこの記事をシェア、と出るので、幾人もシェアする人が出ると
それだけ印象が高いんだなぁと分かります。
最も簡単で一番分かりやすい検索方法。

謙虚
意識
感謝

この3つが大事だと思います。
いつこさん イラスト4
私はブログを毎日書いてますが
これも、ある一つの「意識」から。
1人でやってるスタジオなので、広報も居ないため
日々発信することで「このスタジオはちゃんとやってるんですよ♪」と言う証明にしている感じ。

最近は自分が文章を書くことで、自分の「意識」がどんどん変わってゆくのです。
書くだけ書いて「あとは適当」では、やっぱり読んでくれてる人にウソをついてると思うし
緩い部分も実際にはもちろん沢山あるけれど、仕事としてちゃんと押さえておきたい部分はやらなくちゃ、と思うわけです。

今日は「最近座学、なんか必要だなぁ」と思うことが多いので、その資料を作ります。
今度の学生向けのバレエ講習会でまず、イントロダクション的にも取り入れたいので
シュミレーションしつつ、やってみようかな、と思います。

バレエを知らない人に対して、とにかく「分かりやすく伝える」のは得意なので^^
まずは参加、そして継続してくれたら一番嬉しいですね。

夜は登戸スタジオでレッスンがありますよ~^^
解剖学スケッチ2

こんなような資料が、ウチにはゴロゴロしてします^^
その中からピックアップしていきます。

日本ブログ村ランキングに参加しています。
応援宜しくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

自分発信(*^_^*)

教えてて難しいと思うことは「感覚を伝える」こと。
結論から言うと、自分で覚えてね、しか言えないことなのですが
クラスの中では、ヒントになることを出来るだけ探してる気がします。

昨日のクラス指導帰りの電車の中で、スタジオ生Yちゃんと
「手を横にする位置の感覚」で盛り上がってしまった(笑)

SAMSUNG
自習時の自撮り
カメラのタイマーを入れてからちょっと慌てたので、自分的には「んん・・・」」な立ち方^^;
でも幾度も撮って見直すことで
「まずまず」とか「んーー、まだイマイチ」と客観的に見ることで
「何とか行けるだろう」と言う感覚に至るんじゃないかなって思っています。

大体、一般の方が自分の立ち姿を何枚も写真に撮ったりしませんね^^(たぶん)
そういうことが「私に必要」と思うのは、多分モデルさんだったり、役者さんだったり
もしくは何か大切なプレゼンテーションをする前に、リハーサルで撮ったりすると聞きます。

興味深いのは、そういう作業に対して
「面白い」とのめり込める人と、そうでない人に分かれること。

私も「ブログ記事のために写真を撮ろう」と思って撮っているのではなく
自分の普段の記録として撮っていて、それを仕事もこういう分野なので
だったらアップしちゃおうか、と言う気持ちでやってることなのです。
カメラが第三者的な立場に居てくれたりするので
この子に手伝って貰っちゃおう♪と言う、ある意味「遊び感覚」

私の周りには「自分発信」を、本気で楽しめる方が沢山おられるので、刺激される。
お仕事に対しても、本当に素晴らしいクオリティを発揮されています。

日曜バレエ(河合)201404-1
今日は読売文化センター 北千住にてクラスがあります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

FBを通じて分かる活躍。

今朝方FBを見たら、「あら!!」と言う写真に出会いました^^

The Washington Ballet’s Maki Onuki makes her own tiaras, loves Coca-Cola and hates sewing pointe shoes:
http://bit.ly/1qg0DQ8
(Onuki in “Giselle” – photo by Paul Wegner)

Pointeと言うページが有り、旬な舞台情報を紹介してくれます。

写真の人は昔在籍していたスタジオのプリマ兼指導者、佐々木三夏先生の生徒さん。
彼女とは何回か一緒に稽古したことがありますが、当時はまだ高校生でした。
今はワシントンバレエで活躍しています。
ワシントンバレエのページ。

日々色々な海外のバレエ団のページを見て思いますが
ホント発信が上手ですね~♡ 惹きこまれように見たくなるページが多いです。
その点日本のバレエは・・・うーん・・・もうちょっと・・・まだまだかも・・・・
きっと「情報を共有する気持ち」が「鍵」なのかもしれませんね。
(もちろん個人のページでは素敵!と思うものは沢山あります♪)

私も日々(しつこく)発信してますが(笑)
一方的にならないように、心して行きたいと思います。
Kayano Ballet のFacebookページ
こちらのページへの「いいね」もよろしくお願いします(*^_^*)

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

Facebookページのカバー写真

おはようございます。

Facebookをしてる方はご存じだと思いますが、個人ページ以外に「企業ページ」と言う形態でのページがあります。

Kayano Ballet Studio Facebookページのカバー写真は、折を見て時々変更しています。
ぜひご覧くださいね。

先日Facebookページを数枚印刷してみたのですが、中々面白い読み物になります^^
スタジオに数枚掲示しておいたら、持って行かれてしまった・・・(閲覧専用のつもりだったのに (笑))
HPとはまた違い、ウォールが流れるからこそ意味が有るのかもしれません。

流れているページは「生きてる」感じがします。そのため、発信する側は色々情報収集をしています。
こういうのは、何より楽しんでやることが大事ですね(*^_^*)

いつこさん イラスト - コピー
すっかりお馴染みになったこちらのイラストは、Facebookページの「プロフィール写真」にしてみました。

↓↓ブログランキングに参加しています ↓↓
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

森山開次さんの記事から~ 分かり易く伝えること

今朝のFacebokのタイムラインに載っていた記事です。

972053_475776495838274_1384106943_n
先日出雲大社大遷宮の奉納奉祝の公演『出雲に捧ぐ』で踊られた時に、現地でWSをされたそうです。

ダンサーが自分のやってきたことを他者伝える時には2つの方法があります。
1つ目は『舞台で踊る』
2つ目は『人に教える』

舞台で踊るのは「自分自身」を知ってもらったり、作品を通じて表現をすることですが
2つ目の『人に教える』と言うのは、ある意味他者のサポートに入る、と言う部分が強くなります。

人に教えるのは二度習うとよく例えられるけれど
人に教えるためにはインプットしてきたことを一度バラバラにして再度組み立て直したりして
受ける側の顔を見て想像します。
そうすると自分の中で再度理解が深まり、二度習うのと同じ効果があるのです。
教える側は教えながら学ぶ、習う側は教わりながら学ぶ。

この記事を書いた記者さんも、読み手の対象が『親子』だから まず子供に分かり易く書く。
一緒に読むお母さんやお父さんも、なるほどと思うように記事を書く。
写真のレイアウトもとても分かりやすいなーと感じました。
そして楽しそうですね~♪

「文字を体で表す」こと・・ 古来からの伝達の手段ですね^^ 人文字とか書いて
よく遊んだなぁ。。。
それがどんどん「ダンス」になってきました。
表現や想像力は、元々言葉の代わりでしたから♪

↓↓ ブログランキングに参加しています ↓↓
応援ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村