ロイヤル・バレエシネマ「ロミオとジュリエット」 鑑賞

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

ロイヤル・バレエシネマ「ロミオとジュリエット」を鑑賞。

バレエに詳しい人にとって「ロミオとジュリエット」は
誰もが憧れる作品のような気がします。
私も大好き!

そんなうっとり目線で、最初観ていたのだけど
すぐに色々なことに気づきました。
振付をはじめ、人の配置や衣装、小道具、演出
そして間合いなど、色々なものがとてもクリアに見える。
シネマだから?とも思ったけど、どうもそうじゃないみたい。

ロミオのマシュー・ボールと、ジュリエットのヤスミン・ナグディは
フレッシュな若さで、煌めいていました。
ヤスミンの、ポワントに立った時のラインが実に美的!
そしてバルコニーのシーンは軽やかで
本当に夢のようでした。

私日女の舞踊科時代に、西洋演劇史と言う科目で
戯曲を読む課題があり、ギリシャ悲劇やシェイクスピアの悲劇をかなり読みました。
小説とは違い、慣れないと戯曲は読みづらく難しい。
しかも悲劇を沢山読ませるって、どういうことかな?と
思ったけれど、昨日なんとなくその意味が分かったかも。

感情の表し方が、とても複雑なぶん
細やかさが生まれる 

ロイヤルバレエは、演劇性の高いバレエ団と言われています。
言葉を発しなくても、演じているのがありありと伝わる。

ティボルトは、すぐカッとなりキレやすい性格なんだなぁとか
ロミオは最初の頃、少しおバカっぽくてやんちゃなんだな、とか
ジュリエットもロミオに出会う前までは、子供子供してるなとか。

主要な登場人物だけでなく
その時代、そこに住む人達の考え方や価値観の表しかた
そして時代背景の再現が実に見事で
14世紀のヴェローナの街中や雰囲気、空気感との相乗効果で
より心に迫ってくるものがありました。

シェイクスピアの作品にインスパイアされ
プロコフィエフの音楽の抒情性や壮大さが生まれ
そしてケネス・マクミランが振付ける。

さすが、シェイクスピアが生まれた国のバレエ作品
それだけに、心に残るのかもしれません。

 

9月の日曜日には

バレエ作品から表現を学ぼう、のクラスを行います。

どのバレエ作品にも、ストーリー(お話)があります。
ストーリーの中に自分が入り、そして演じて行く時
踊りも大切だけど、表現することを恥ずかしがらないマインドも大切。
表現に繋がる、色々な点をお伝えします。

受講には予約が必要です。ぜひお待ちしています。

 

************************************************

年齢問わず、バレエが上達したい人を応援しています。
★スタジオ受講生募集中★

★【初心者さん歓迎のバレエベーシックコース】
バレエ未経験の方から、基礎を見直したい方まで。
基本のキ、見直してみませんか。

体験レッスン、個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ