音楽のシャワー

こんにちは。Kayano Ballet Studioの河合かや野です。
5月の最終週、今日はとてもお天気が良さそう。

 

昨日の1Day wsは、ポワントWS。
ポワントテクニック云々よりも、メインで伝えたのは
表現や音の取り方だったかも・・^^

バレエシューズからポワントシューズに履き替えた時
当然ながら、より「高さ」が生れます。
その「高さ」を察知してるかどうか?
それが音の取り方にも、もちろん現れてきます。
「ポワントで立てないこと」が、出来てないということじゃなくて
気持ち良くできるための、タイミングや頃合いを
いつも計って行ってますか?といつも言うんだけど
伝わってるかな・・
またやりましょうね♪

 

クラスの後は、急ぎ自分のためのレッスンへ。

モナコのバレエアカンパニスト
マッシリミリアーノ・グレコさんのピアノによるレッスン。昨日が最終日だったので。

 

彼のレッスンCDは最初の頃のを持っていて
なんて心に響くんだろう・・なんて奥深いんだろう・・と思っていましたが
実際に生で聴くと、そのエネルギーの強さと大きさに
まるで音楽のシャワーを浴びて、全身ずぶ濡れになったような感覚に。
それでいて清々しく
汚れたものを、一気に洗い流したような感じ。

世界って広いんだなぁ~
ちまちまやってる自分と、さようならできそう。

本当に最高のピアノでした!
so Happy!!!!

 

 

 

6/17(土) ピアニストさんのご予定が合えば
ピアニストさん付きレッスンになる予定です。(午前中~で調整中)
叶った場合、生音でしっかり音を取れるための
ノウハウやポイントを、たっぷりお伝えしたいなと思っています。
そして、音楽との表現も。
ご興味ある方、ぜひご連絡下さいね。
普段は「綺麗な音楽で幸せ!」と思って、ただ聴いてるだけかもしれませんが
自分の耳を鍛え、音を拾う練習をすることで
五感が活性化し、それが直感を研ぎ澄ませたり
自分の考え方や行動にも、大きく関わってきます。

自分を楽器にしていきましょう♪

 

今日も佳き日でありますように。
夜のレッスンへの参加申し込みも、お待ちしております。

 

LineBlogを始めました♪
フォローしてくださいね。

講師紹介はこちら

レッスンスケジュールはこちら

お問い合わせフォームはこちら
当日の体験レッスンや
クラス参加申込みは、開始3時間前を目安にご連絡下さい。

新宿御苑前スタジオと、参宮橋にある代々木スタジオミキで
バレエクラスを行っています。
新宿御苑前スタジオは、チラシご持参の方限定
4~5月中、1回無料体験ができます。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援、いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

まずはアンサンブルになろう♪

昨日は読売文化センター北千住クラスがありました。

最近は60代の方がクラスに参加されてるので
初心者クラスでもあるため、ゆったり&余り足を高く上げてない
レッスン構成です。

先日昭和音楽大学のバレエ研究所が
「日本のバレエ教育環境の実態分析」と言うのを発表し
見せて頂いたんですけど

学習者(生徒)についての考察で
年令別に見て、50代~70代の参加者の割合が
2011年~2016年で約10%アップ↑!
その中の、1例なんだろうな^^

その後に向かったのが、ミントの森さん主催の「弾きっこ会」へ。
私にとっては、音楽の学び&ヒントを沢山戴ける時間です。
みっこ先生の指示は、バレエのバリエーションやソロを踊る時に
先生方が仰る注意と、とてもとても似通ってました。
何ごとも根っこの部分では、繋がってる。

良くなってきてるけど、こんな風に聴こえるよ~と言う例と
こうやって弾くと、お洒落でしょ(大人っぽいでしょ)と言う、弾き方
音の強弱、間合い、などなどやはり学びがイッパイ。

幼稚園生~音大に通う学生さんまでの演奏を聴講しましたが
みんな、ちゃんと音が出せてるのです。すごい。

ピアノって腕力で弾いちゃダメなんだよね、と仰るみっこ先生。
バレエも、力まかせに踊っちゃいけないものね。
ここも根っこの部分は同じ。

音が取れない~と、思ってる方への、簡単アドバイスです。

①音を聴く力って、皆が其々違います。
音を引っ張って取るタイプもいれば、早く取れるタイプの方も居ます。
なので自分の音を聴くタイプの癖を知ること。
(これはクラスレッスン中に、先生から指摘されると思います。)

②バレエのレッスンは、まずアンサンブルが出来るように構成されてるから
その流れに乗っちゃうこと。

②については、私も様々なピアニストさんから
音が取りにくい方向けのアドバイスを頂きましたが
アクセントのメリハリがハッキリしてるレッスンCDが良いかなと
思ってます。

今日もレッスンがありますので
ぜひ音と一緒に、バレエの動きを楽しみに来てくださいね。

 

 

レッスンスケジュールはこちら
5月のスケジュールを更新しました。
クラスを行ってる場所の、スケジュールです。

お問い合わせフォームはこちら
当日の体験レッスンや
クラス参加申込みは、開始3時間前を目安にご連絡下さいね。

4月から、新宿御苑前第2タケビルの
スタジオと、代々木スタジオミキとの2か所で
レッスンを行っています。
新宿御苑前スタジオは、チラシご持参の方限定
4~5月中、1回無料体験ができます。
Kayano Ballet Studio HP

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援してくださいね。いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

バレエ音楽は、情景の想像力を掻き立てる

昨日、かつてスタジオに通ってくれていたYちゃんが所属する
バレエ音楽専門オーケストラの、定期公演に伺いました。

演目が「マノン」&「ジゼル」。
バレエファンにとっては、たまらないでしょ~う^^

Yちゃんは、2nd Violinを担当していました。

image

バレエ音楽奏者さん達は
踊り手さんが舞台上に居る場合
大抵は、オケピットに居られます。
そのため、音楽の方が後回し的な印象になりがちですが
まずは音楽あっての、踊りなのですよね。

マノンの演奏も素晴らしかったですが
ジゼルで、涙腺崩壊しました^^;
やっぱり何度も、この作品の舞台に出てるから。
自分も踊ってるし、そして出来るならオケ付で、
全幕やるのが夢だから。

開演前のプレトークより、ジゼルの2幕に
初めて知ったトリビアがありました。
ウィリの女王・ミルタが踊るシーン、初演の頃の振付の名残が
原曲の中に残ってるそうです。

中世ドイツを舞台にしたジゼル、
ウィリになってしまったのは
初演の頃は、各国の亡霊たちだったらしく
それが音の旋律やリズム、メロディに残ってるんですよと仰ってて、
これはなるほど、そうかもと。

初演のままずっと同じ振付、と言う訳ではなく
どんどん洗練され、より分かりやすいものに変わり、
ある程度完成したら、今度はそれが定着する。

ウィリ達が白い衣装に統一された時、
多分各地方の亡霊、と言う設定では
無くなったのではないかと仰ってました。
そう思うと、音楽の中にムクムクと、想像の世界観が生れました。

バレエを見たり、また踊る醍醐味は
脈々と受け継がれてきたことをまず知って
後に伝えることじゃないかなと、思うのです。
それが面白い。教養と言う意味でも。

2009年のスタジオ発表会「ジゼル第二幕」より
Kiyonori Hasegawa

とてもとても有名な2幕のシーン。
ここに、フランス、ドイツ、スペイン、インドの音楽の要素が
巧みに入ってるそうですよ。

ジゼルが生きてる時に行う花占いのシーンのメロディと
死んでからアルブレヒトと踊るメロディ、
音の高低が、逆になってるんですって。
これも、素敵なトリビア。

それにしてもジゼルの音楽は、どうしてこうも、ハートに響くんでしょうか。
私以外にも涙腺崩壊してる方、あちこちに居られました。
このバレエを知ってると、感情移入がグイグイできちゃうから。
それだけ、愛されてる作品なんだなぁと。

良い時間を、ありがとうございました♪
昨日はこの後もサロンコンサートに伺い
充実した時間を過ごしました。
芸術って、本当にステキです♡

☆ぜひ一緒に、舞台創りませんか?
舞台に出る機会を探している方、舞台経験を積みたい方
レッスンで、お待ちしています。

 

レッスンスケジュールはこちら
5月のスケジュールを更新しました!

お問い合わせフォームはこちら
当日体験お申込みは、レッスン開始3時間前を目安にご連絡下さいね。

4月から、新宿御苑前第2タケビルの
スタジオと、代々木スタジオミキとの2か所で
レッスンを行います。
新宿御苑前スタジオは、チラシご持参の方限定
4~5月中、1回無料体験ができます。
Kayano Ballet Studio HP

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね。いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

ばよりん☆

スタジオ生のYちゃんが、昨日スタジオに”ばよりん”を持ってきてくれました(*^_^*)

60704_540828802621765_441269773_n

1069409_540828855955093_1950563193_n

SAMSUNG

彼女はバレエ音楽専門のオケに所属していて、バレエ教室の公演等で演奏することがよくあるそうです。
見せてくれた楽譜は「ライモンダ」のコーダ。
アカペラで歌っちゃいました^^

オケだと演奏パートが決まっているため全部弾く訳ではないそうですが、バレエをやっているお蔭で、音の間合いや踊り手の気持ち、演奏者の気持ち両方が分かるようになったと言っています。
特に発表会や公演で演奏するたび、ダンサーがとても嬉しそうに踊るのを見て、「踊り手って素敵だなー」と毎回痛感するのだそう。
特に子供達が喜ぶんですって。。そうですよね♡

ウチのスタジオ生さんはとても多才な方が多く、いつも楽しいです♪
お互いの交流がクラスを通じて広がってゆくように、色々工夫して行きたいと思っています。

↓日本ブログ村ランキングに参加しています ↓↓
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエ音楽演奏会のお知らせ

スタジオ生が所属する、オーケストラの演奏会のお知らせです。

バレエ音楽専門のオーケストラレイディエート・フィルハーモニック・オーケストラ に所属している方より、3/31に演奏会を行うのでスタジオ生にお知らせしたい、と言ってこられました。
この機会にブログでもご紹介します。
——————————————————————————————–
レイディエート・フィルハーモニック・オーケストラはバレエ音楽専門のオケで、今回はくるみ割り人形全幕を演奏します!
演奏だけなのでバレエはありませんが、有名な曲も多いですし、音楽からバレエの舞台を想像しながら聞いていただくこともできるので、バレエを習っている方にも楽しいのではないかと思います。
踊る時はつい振りに集中してしまいがちなので、音楽だけを聞いていると今まで聞こえていなかった部分まで耳に入って来て、私も弾きながら勉強になっています。
アマチュアの演奏ではありますが、もしお暇でしたらお越し下さい♪

レイディエート・フィルハーモニック・オーケストラ
第19回定期演奏会
日時: 2013年3月31日(日) 14:00開演(13:30開場)
於: 大田区民ホール「アプリコ」 大ホール (JR京浜東北線 蒲田駅東口より徒歩3分)

チャイコフスキー:バレエ音楽《くるみ割り人形》 全幕
全席自由: 1,000円
——————————————————————————————–

バレエ音楽だけを演奏で聴く、と言うのも良いですね~♡
演奏会に行く、と言うのは、コンサートに行くよりも、もしかすると少し敷居が高いと思われるのかもしれませんが
クラシック音楽は古いもので数百年の歴史があります。そうすると、必ず知っている曲にはめぐり合わせるのではないかと感じます。

先日参加したアートマネジメントのパネリストの女性で、N響アワーをプロデュースした方が居られ
その品格のある言葉、話し方、佇まいに、芸術のもたらす恩恵を感じたのでした。
少し姿勢を伸ばして聴く音楽と、いつでも気楽に聴ける音楽、そして街中で「ノイズ」に聞こえてしまう音楽・・・
普段聴いている音楽で、普段の行動や人格が形作られる、と思ったら、進んで良い音楽を聴きたいと思いませんか?
音楽にはとても不思議な力がありますよ^^

2005胡桃
2005年スタジオ発表会より 胡桃割り人形第2幕より金平糖のグラン・パ・ド・ドゥ 撮影:長谷川清徳さん

いつか、オケ付きの舞台を開催してみたいものです・・・^^

↓↓ ブログランキングに参加しています。 参加することで、記事の内容に関する分析ができ、とても役に立っています。↓↓
  応援ぽち お願いします。
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村