バレエで美しくなる方法・遊具から得るヒント

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。
今日から5月ですね。

さて運動神経を向上させたい・・と思ってる方、おられませんか?
バレエに限らず、日常生活においても大切な運動神経。

運動神経は、運動能力ではありません。
今の状況を五感でキャッチして、筋肉に指令を出すことが
スムーズに出来る状態の事を言い
そしてそれらを”コーディネーション能力”と、呼びます。

五感は
耳 目 鼻 口 皮膚 と言う感覚器官から得られるもの。
五感を磨いて、と言うのはそんな理由から。

近所の神社に併設されてる児童公園。
いつもは子供達が沢山遊んでいますが、昨日は夕方遅くだったので
誰も居なかったため、ブランコをひとりじめ♡

ブランコ、乗りますか?
大人になったらもう乗らないなぁ・・と言う方多いかも。

ブランコ、大人になってから乗ってみると
すごい発見がありますよ♪
ブランコを立って漕ぐ、座って揺らす、色々あるけれど
どちらも腰を使います。
腰の入れ方で、揺れが始まる。
立って乗る時は膝の屈伸で、揺れのスピードが決まる。
これはまさに、プリエですよ、プリエ(笑)

膝をどれだけ柔らかく使えるか
そして腰の力の入れ具合で、止まっていたものが動くんです。
これぞ慣性の法則。
そして力を加えなければ、いつか自然に止まります。

そして”揺れる”動きはバランス感覚。
三半規管を鍛えますし視覚に飛び込んでくる景色は、目で広角を拾おうとします。
これは空間を素早くキャッチすること。
そして周りの景色は、行きつ戻りつで動いてるわけですから
常に判断するための神経が、指令され続けてるわけです。

バレエテクニックは物理だよって時々言うんですけど
ピルエットも、慣性の法則なのです。
力を加えるから回転が始まる。
けれど筋力の限界があるから、自分で終了させることで
綺麗に終われる。

それにしても、ブランコ
癒し効果絶大です。気分がスッキリ!
かなりお手軽なストレス解消法になりますです。
子供の遊び道具、侮れないですな(笑)

最近”運動神経”・コーディネーション能力が弱い方増えてます。
解決する方法として、バレエやダンスを選ぶのもおススメですが
ついていけなくなり、嫌になる可能性もあります。
なぜなら頭で考えて、指令する能力を補おうとするから。

まずは五感を磨くこと。
そして、それに対する反応を素早くすること。
試しにブランコ、大人になってから乗ってみると
すごい発見がありますよ♪
お休みだし、トライしてみてくださいね。

今日も佳き日になりますように。

 

【GW中のレッスン】予約制になります。

4/28(土)通常通り
4/29(日)1Day WS⇒ 顔の付け方、表現について
4/30(月)休講

5/3(木)午前クラスのみ
5/5(土)通常通り
5/6(日)1Day WS

ご予約の状況によっては、休講になる場合もございます。
なるべく前日までにご予約頂き、キャンセルの場合は早急にご連絡下さい。
なお、当日急に参加できる!場合は
クラス開始2時間前を目安にご連絡下さい。

 

☆4/8で、スタジオ開設18年目を迎えました。
体験レッスンは1回¥2,000で受けられます。
スケジュールはこちらから
>>>
新宿御苑前スタジオ&代々木スタジオミキでのクラス内容 >>>

★個人レッスン&メールアドバイスコースのご案内★
バレエを”楽しい”⇒”自身を向上させたい”方に。
動きに追われて、今一つ自分に自信が持てない
良くなってることが分からない、と言う方のために
個人レッスンを行っております。
更にメールでのアドバイスを加えた”メールアドバイスコース”もございます。
詳細はこちらから>>>
★バレエで美しくなる方法でレッスンしませんか?★

踊ることは元々持っている身体の機能を高め
心を解放し、知力、想像力を高めることができます。
そのため経験の有無や、身体の条件よりも
もっと大切で、人生を豊かにしてくれるものがダンスです。

初心者~経験を積んだ方まで
基礎力を高め、より良い体の使い方を通じて
より大らかで繊細な表現ができるように
きめ細かく丁寧に指導しています。

レッスンは予約制のものと、オープンクラスがございます。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

お稽古で伝えたいこと、のツレヅレ

こんにちは。Kayano Ballet 河合かや野です。

今日は普段レッスンに来てくださってる方への
メッセージ。

 

バレエって、多人数からは集団行動を学び、
少人数の場合は、自分にじっくり向き合う・・

本当にその両方が大切だなぁと
今日自分の稽古に行き、改めてそう感じました。

人数が少ない時のクラスって、人の個が露わになるため
そして繊細な部分への指摘が、どうしても増えます。

指先、目線、くるぶし・・などなど
身体を使うって、気づきが生れるまでは
すごく頭を使うこと。

ただ足を動かせばいい、
手を出せばいい、と言うのとはやはり違うし
繊細な部分を大切にしつつ
ダイナミックに動けることに、繋がるようになれたら
ステキでしょ?

そして自分でも気づかない”癖”が誰にでもありますから
例えば回る前に、一瞬目をつぶる癖がある人には
それは伝えてますよね。

自分では気づかずにやってる”癖”
一種の恐怖心から来るものでもあるし
けれど、それも思い込みから来るものだったら
自分で気づけば、必ず直せます。
癖は課題みたいなもの。

そして、何よりもまず順番覚えましょう!
これは絶対大事。

順番を覚えるには、アウトプットが大事。

①まずは目で、見たままをなぞる。
②慣れてきたら、お手本がどう動いてるかを観察する。
③自分がどう動きたいかをイメージして、お手本の動きに
自分を乗せる。
のように、自分を俯瞰してゆくことで
覚えるスピードが少しずつ早くなってゆくはず、ですよ~

頭で分ってから動く、が一番遅くて
一番効率が悪くて
一番出来ません。

なので、それはしないでね。

*

でも人って「しないでね。」を、やる生き物なので(笑)
しないでね、と言うと、それを意識しすぎて
やってしまうんですよね。

「回る前に目を閉じちゃだめよ。」と言うと
目閉じるし・・^^;

「みぞおち固めすぎだから、もっと広げなくちゃ」と言うと
意識しすぎて、より固くなったりもするし・・ ^^;

もちろん、教師側の言葉の持って行き方も
とてもとても大切なのですが、
優しく伝えるだけでは、無理なことも沢山あります。

最初に伝えたことを、素直に受け取って
動いて行ければ
2段階目、3段階目の「これはしちゃダメでしょ。」の
厳しめな注意は減るし、もっと生産性上がる時間になると感じてます。

一生懸命やってる、と言うところに逃げ込むのではなく
一生懸命やってる自分と
それを上から眺めてる自分
その二人を用意できるように、してみてください。

辛抱強く、私も見てますので
辛抱強く、そして面白く
ご自分を観察してみましょ。
いつも熱心に、ありがとう。

今日も佳い1日になりますように。

 

 

バレエクラスは、初心者~経験者 
(セミプロ・バレエを指導されてる方も歓迎) 
まで対応したレッスンを行っています。 
基礎を中心に、身体を深い部分からバージョンアップさせ
美しく踊れる身体を作ります。
 Kayano Ballet Studio HP
こちらのチラシをお持ちになると 
入会金が¥1,000お値引になります。(6月末まで)



 

 

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援、いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ