空間で踊るためのルール ~実践するためのヒント

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日の記事が、思いのほか好評だったので
実践するためのヒントを少し。

バレエクラスの最初には、バーレッスンがあります。
バーに捕まる位置も、相手とのスペーシングを頭に入れて。

バーに向かって立つときは
前の人との距離もだけど、
バーを挟んで、反対側にいる人との距離感も大切。
(相手とは、半身ズレて立つようにします。)

自分と反対側にいる相手の気配を感じつつも
自分の動くスペースを確保するとき
私、今から動くのーー!を強調する人と
余りそれは感じないのに、動きそのものが大きい人がいます。

大抵は、前方への意識が強いため
(目は前に付いてるから)
前に進む!を、誰でも無自覚に自己主張します。
だけど横や後ろの意識も、前と同じぐらい本当は欲しい。
※けれど横や後ろの意識は、
前側よりも半減してるもの。

昨日の記事で、”暴走する人”に触れましたが
多分前しか見てないんだろうなぁ~、と思います。
横に目を使う、後ろを意識する、が欠如してる。

横や後ろに意識を向けるのは
自分を守るための、危機管理の能力で
いわゆる”気配”ってやつ。
気配を感じずに、突き進むことだけするから
進めばいい、動けばいい、になっちゃう。

顔をあげて、しっかり前を見て
そして鏡を見るときは、自分から左右の斜め方向に
向かって広角に見るようにする。

そして脇の下から背中にかけて
最低でも半径50cmの意識空間をもつ。

スタジオだけでなく、外を歩いてる時にも
やってみてくださいね。


Photo by Kiyonori Hasegawa

コール・ド・バレエって
狭いスペーシングの中で踊るから
すごく鍛えられるのです。
指導するのも大変だったけど
ジゼル、また大勢で創りたい・・^^

あ、こちらの本でも
分かりやすく説明してくれてますよ!

お友達が著者です。監修の方も存じ上げてる。
「さしみ」って出てくるからね(笑)

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※1月のレッスン可能日を載せています。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

自分を(ちょっと)誉めたい

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日また一つ振付が完成して
「よろしく!」と相手に渡せ
ちょっとだけ、ホッとしています。
あとは総まとめや自分のことなど。
そして制作に関することが残ってる。
だけど大変なのは、ここから、ではある。

最近、自分で自分を誉めたいのは
きちんと時間に間に合ってること。
(※予定していた期日までに達成できてること)

無理くり別の日に、予定組み込んだりせず
限られた範疇でこなせられること。

ここが昔はとても難しかったし
沢山やればいいと思ってた。
(もちろん沢山やったほうが良いケースも
あるんだけど)

規模にかかわらず
やってることは、一緒なことが多いです。
素晴らしい舞台、お金がかかってる舞台となると
スタッフさんも専門に要るし
それぞれの専門で固めれば良い。

だけど”知らない””分からない”人に
どうやったら伝わるか?で進めていくには
自分の思いを込めるだけじゃ無理だし
そこの場所に見合った風に、アレンジする必要が出てくる。

今回は幼稚園の舞台でだけど
いつか舞台で照明も入れて行いたいな。

大人バレエ組の方にも
ほんと感謝。
かなり、頭使う振付創ったけど(笑)
楽しんで踊ってね。

 

 

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※1月のレッスン可能日を載せています。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

「バレエに見えること」

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日3月に踊ってもらう、花ワルの振付が一応完成!
今日も朝から、別パートの振付に向かいます。

今回子供達も含めて、全部創作振付中ですが
「バレエに見えること」を大切にしています。

バレエに見えるってどゆことかな・・
綺麗に見えることかな・・
様(様子)や型が、バレエに見えることかな・・

そういった漠然たるきもちは
きっと誰にでもあると思いますが

自分の身体で覚えた型や形を
振付の中で活かし
音楽に乗りながら踊ることじゃないかな
と、私は思っています。

音楽家さんたちとお話していると
私達がミストレスの先生から受ける注意と
実は少し違った目線から
踊り手を感じてたりすることがわかります。

コール・ド・バレエを踊る時
「揃えて~~~!!!!!!」とか
バリエーションを踊る時
「もっと音を溜めて!」
という表現をされたことのある方
いらっしゃると思いますが
※バレエの指導用語アルアル

音楽を奏でる側は
そういった私たちの動きを
意外なところから見て、
そしてタイミングを計ってるんだと。

それを知ってからは、子供から大人まで
音に対して、とても細かく伝えてます。
するとね、次第に
”バレエを踊ってるように見える”んです。

型の注意ばかりされたり
技術の注意ばかりされたりしたことで
踊ってる心は、いったいどこへ・・と言った時期が
私にも沢山ありましたが
それを解決してくれたのも、音楽の聴き方を変えたことでした。

踊りを助けてくれるのは”音楽”だから
しっかり全身を使って、聴き取って
そして周りと助け合いながら
踊ってほしいと思ってます。

ちょっとホッとしたところで
久々にウェアやシューズを新調しました。
やる気モチベーションのアップになるなぁ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※1月のレッスン可能日を載せています。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

力強くステップを踏める足は、それだけでも魅力

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日の記事の続きっぽく、書いてみました。

ルルベが多いクラスを(意図せずに)受けてることが多いせいか
確かに、脚力の衰えが遅い気がします。
これは先生に感謝!わかっておられるんですね。

脚力の衰え??!と思われそうだけど
足首と中足骨付近の筋トレが目的と噛み合ってるから
効果的なトレーニングになるのです。
ルルベってね、足首のコントロールに最適なのです。

フラッペのダブル・トリプルや
セレ(高速プティ・バットマン)
バットゥリー(打ち付ける動き)などなど
ルルベがコントロールできて、爪先の動きと噛み合い
そこに運動神経が加われば、できるようになってきます。

タンデュをする際、足の裏で床をこすって、と
教わったことがあるかと思いますが
力でぎゅうぎゅう押し付けてても、効果は出ません。
むしろ逆効果になる。

ルルベだと、キツい、辛い、を教えてくれるのは
ふくらはぎなので、ふくらはぎキツイ・・と思ったら
どうやったら楽に行えるようになるか、考えてみましょう。

もうちょっと体重かけすぎないようにしたらどうだろう?
→お腹を使ってみようかな

もうちょっと、踵が上がるところまで立ちたいなぁ
→足指をもっと開いてみようか?
体重の乗せ方を変えてみようか?

床の上でやるのもいいけど、ほかの場所だったらどうだろう
→少し段差のあるところとか、畳の上とか、ヨガマットの上とか?

みたいに^^

もちろん敏捷性や運動神経、三半規管など
様々な個人の要素が加わり、踊りは作られていくんだけど
力強く、そして正確にステップを踏める足は、それだけで魅力です。

去年、ホルモン治療をしたとき
足先の感覚が一気に変わったことがあり
数か月、ルルベが辛かったです。
その時に「これが老化なのかあ~」と思いました。
副作用で感じた感覚なので、治療が終わると元に戻ってくれましたが
今から対処しとこ!と思った次第^^;

photo by Kiyonori Hasegawa

古い写真ですが、ライモンダのソロ。
パドブレはキツイけど、足の状態を見るバロメーターになります笑

 

★★★

年内のレッスンは終了しました。
来年は1/5から行います。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※1月のレッスン可能日を載せています。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長く踊れるための、知識としてのヒント

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

以前
『怪我防止エクササイズと、ポワント基礎ロングバージョンクラス』

と言う記事を書きました。

先日の誕生日で、私大台に乗りまして
これまでの身体の変化を振り返ってみました。

するとね

怪我防止エクササイズを、いつも行ってることで
細かいジャンプ、そして素早い移動がまだ出来る!

のです。

細かいジャンプ⇒シャンジュマン、アントルシャの種類
速いグリサード、ジェテの連続、ブリゼの連続 等など

ミディアムジャンプ⇒シソンヌ
沢山距離を進むトンベパドブレ・アサンブレその他

このあたりの動きで、高さと移動距離が出せたり
重心移動のコントロールが出来ていたら
ルルベの効果が出てる、と思って良いと思うけど
下記に書いた事も、ぜひチェックしてみてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

怪我しない方法や
自分の年齢や状態に合わせて、と言うのは
「出来てる状態」を知らないと、調整できないものです。

初心者~初めて2年目ぐらいの方は、
そんなにジャンプの高さは出せないことが多いのに
「もっと跳びなさい!」と言われて、頑張りがち。

その時に、ルルベの位置よりも、上の状態がジャンプだよ

が分ってないと、跳躍した時のステップの形にはなれないし
下り方が雑になるから、怪我に繋がる危険も十分に起きうるのです。

バレエのステップは、重心移動で出来てて
足裏の細やかな動きが、生みだします。
そこから足首の感覚、膝の曲げ伸ばしの感覚(膝を曲げる場所は二つ!)
そして骨盤のコントロールへと続くのですから。

バレエのレッスンに、年齢のボーダーラインは無いけれど
ある年齢に差し掛かったら、どんなことを大事にしておけばいいか
が分っておくと、補強にもなるし、補ってくれたりもします。
それが長くおどれるための、知識だと思ってます。

楽しい~!と踊るのは良いけど、怪我したら元も子も無いですからね。

★これらの詳しいことは、レッスンにて
お伝えします。
個人レッスンも
もちろん可能ですので
お気軽にお問い合わせくださいね。

★今年最も評判が良かった写真を載せました♪

★★★

年内のレッスンは終了しました。
来年は1/5から行います。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※1月のレッスン可能日を載せています。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしい頃

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日は胡桃割り人形を観に行きました。
私がかつて所属していた教室とかなり関わりが深い方が主催され
懐かしいお顔にも会えて、プチ同窓会気分。
もう20年以上前に関わってた人達との再会で
一気に昔に逆戻り。

すごく頑張っていた年齢、生活の転機が起きた年齢を過ぎ
娘さん世代が中心になっていました。

いつまでも踊りたいとは思っても
年齢と共に、踊れる内容や作品は変わってゆく。
それはそれで良いよね。

そんな事を見ながら思いました。

☆最近の公演は、全体がテンポアップしてる感。
飽きさせない工夫なのかな。
主役の方は、背中がとっても美しく
軽やかでした。
今は海外で踊っていたからすごい、と言うより
もうあの状態が”普通”にもなる。
だからこそ、情緒的とか”溜め”と言った表現を持つ人は
きっとそれが、すごい武器になると思う。

懐かしい写真だなぁ・・・

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

★12月限定★
入会金¥1,000オフ!キャンペーン中。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※12月のレッスン可能日、少し改訂しました。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

振付をする時に想う、ツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日から、アラビアの振付に入りました。
前日は花のワルツ、そして昨日はアラビア
その他既に創ってる最中のもあり
頭の中は一気に創作モード。

今は12月、胡桃割り人形が
あちこちで上演されてますが
元々”お菓子の国”とされていたのが
国、と言うカテゴリで表わされるようになったのには
ソ連と言う国が有った当時、バレエをある種の
プロバガンダと活用していた頃の名残りがあるとか。
ふむふむ・・・・

ただ、昨日振付リハーサルをしながら感じたのは
”コーヒー”を”アラビア”としたのも
オスマン・トルコから一旦はヨーロッパに渡り
そこから広まったことを考えると
イスラム社会の、水タバコの煙も想像したのかな?と
勝手に思いました。
(私は吸ったことはないけど^^)

RARE. Stunning Asian PRINCESS And Bird. by DandDDigitalDelights

※画像はお借りしました。
こんなイメージ?(水タバコはくわえてなかったけど・・)

 

私の振付を踊って下さる方は
私の印象を、とても純クラシック(非常に古典的)だと思っていたのに
結構くねくね、そして少しエロい(!)振りに
「違う一面を見た・・・」と仰ってました 笑笑

バレエは、チュチュ、と言われる衣装を着ますが
見に纏うボディのルーツはコルセット。
そのコルセットのような衣装を脱ぎ捨てて踊ったのが
”イサドラ・ダンカン”
モダンダンスの創始者と言われてる方。

昔は「どっちか」しか、無かったんでしょうね。
なので一旦分かれてから、また交じり合うのに
100年位かかってるんだなぁ。

作品ひとつにしても、色々な思惑や意味が
辿ってきた道にはありますね。
そういったことも追々、伝えられたらと思っています。

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

★12月限定★
入会金¥1,000オフ!キャンペーン中。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※12月のレッスン可能日、少し改訂しました。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ