美しくなることは、曖昧ではない

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

「女性を美しくすること」をテーマに
ウーマンライフカレッジ を立ち上げた方がおられます。
田嶋直美(たしまなおみ)さんと仰いまして

過去記事セルフケア&エクササイズクラスの様子
でも、登場してくださっています。

直美さんが発行されるメルマガを読んでいると
「なるほど」と思うことが沢山あるのですよね。

 

 

私達は、時々無意識に
「ちゃんと」と言う言葉を使います。

特に小さい子には「ちゃんと立って」とか
「きちんとして」とか、言いがち。
最近この言葉が持つ曖昧性に気づき
できるだけ使わないように、心掛けているんですけれど

美しくなる、と言うのは
曖昧なものではないんですよね。
上の言葉、一見とても正しそうだけど。

曖昧=なんとなく、とか
適当、とか。

目に見えない事柄の積み重ねが
形になって出てくるものなので、
それらは「ちゃんと」「きちんと」ではないと、思ったり。
意図してない計算もあったりしますしね^^

 

美しさも健康も、そしてバレエの上達も
目に見えない事柄の積み重ねが
形になって出てくるもの。
それは自分の生活面においても、色々なところで繋がってる。
やっぱり基本が大切やなぁ。

直美さんプロデュースの、ビューティプロテクトマスク。
ほっぺがカサカサしないんです♡
そして布なので、顔が守られてる感じ。
色々考えて、作っておられます。

 

 

☆2/17(日)は、ポワント見直し講座を行います。
お申込みお待ちしています。

個人レッスンのご案内をリニューアルしました。

体験レッスンのお問い合わせ、お申し込みはこちらから

********************************************

大人のバレエはエレガントに美しく。
踊ることで、心と身体を調和させましょう。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

12キロ痩せた姪っ子ちゃん

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

帰省すると、姪っこ達と会います。
3人いるうちの、真ん中の姪が
ぐっとあか抜けて綺麗になっていました。

「ね、痩せた?」と聞くと
「かなり時間かけてだけど、12キロ減ったよ!」ですって。

12キロ・・・
そんなに、体重って減らせるもんなんだ。
ライザップに頼らずに。

12キロって、一体どこに何がついてたんだろう??

この写真は2年前かな?
この写真よりもずっとずっと大人っぽくて、しかも可愛らしくなってる。

「何をして12キロも痩せたん?」と聞くと
「特に・・・。ご飯は今までどおり。
でも、身体のセルフマッサージとかストレッチはいつもしてる。
ウチ、身体固いから~」だって。

おお、努力してるやん!!

「なんか目が行くよ」というと
「えへ♡」とピースサインしながら嬉しそう。

20代は変化が早くていいなー
そして女の子って、分かんないもんだ。

輝いてるって、特別に何かキラキラしてなくても良いんですね^^
割とひょうひょうとしてるのに、それでいて
「こうなりたい!」という願いがきっとあるから
痩せられるという結果が、ちゃんと出たんだろうなぁ。
と、叔母ちゃんは思うわけです♪

変化することを楽しんで
私でも変化できるんだ、と信じて
トライしてみること、ですよね。

 

**************************

夏の個人レッスン特別コースのご案内です。
7,8,9月限定。
詳細はこちらをご覧ください。

個人レッスン専用お問い合わせフォーム>>>
単発からもお引き受けできますので、お気軽にお問い合わせください。

その他通常レッスンについては↓↓をご覧ください。

★バレエで美しくなる方法でレッスン★

「楽しく」と一緒に身体のより良い使い方、フィジカル面の可能性を
存分に引き出す方法を取っています。
身体の声を聞きながら、更に出来るようになっていく。
基礎が身に付き、過去の癖が取れて行く。
そんなバレエを楽しんで下さい!

初心者の方から経験のある方まで、ぜひウェルカム!

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

バレエで美しくなる方法・健康的だから、若く見える

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日髪を10cm位カットし
そして久々にヘアカラーをしてもらいました。

髪には、年齢がでます。
かれこれ20年以上通ってる美容院の
信頼できる美容師さんに、歴代担当していただき
綺麗にしてもらってるから、今何とか保てています^^

美容師さんは、見たままの状態から
良くなるための”提案”を、いつも沢山してくれます。
「髪質、以前よりもうねりが出だしてるね・・・」
「白髪、以前より出て来たね・・・」 とか。

普段は前髪カットしかしない私でも
1か月に一度、美容師さんに髪に触れてもらい
そしてアドバイスをもらい
自分の今の状態を知るようにしています。

今回してもらったヘアカラー
昔よりもお薬の技術が進歩したことにより
すごくサラサラで艶が出てます。
それだけで気分上昇♡

バレエダンサーは髪をアップにしたり
レッスン中まとめることが多いため
ついつい生え際や結び目を
キツク刺激しがちなんですけど
私は普段は、下ろしていたいので
まとめ髪も考えます。
切れ毛になりやすいですから。

そしてせっかく綺麗にしてもらっても
自分でスタイリング出来ないと意味が無いため
スタイリングの方法も
シャンプーの効果的な方法も教わります。
(尋ねると、皆さん喜んで教えてくれますよ~♡)

教わったことを、実行して練習するかどうか。
私練習しますよ。
練習せずに、めんどくさーと
ひとつにひっ詰めてしまって
普段やりすごしてしまうと
その時だけは良くなっても
その後、変化できません。

バレエも美容も、楽しんでやるのが一番!♡
そして「若い子をお手本にしない」が
40代過ぎると、鉄則です。

バレエも同じなのですよ。
30代も後半の人が、若い10代の子を
お手本にすると、身体壊れます。
40代、50代でも踊ってる人
海外で言うと、一度引退したけどまた復活した
アレッサンドラ・フェリさんとか
イザベル・ゲランさん
昔のバレリーナでは、マーゴ・フォンティーンさん等
年齢と共に気品が出てる人をお手本にした方が
全然美しくなる。

なによりも、健康的だから若く見える、と言うのを
忘れないようにしておきましょ。
(私は決して若作りはしておりません(笑))

では今日は
本当に若い幼稚園児たちを相手にしてきます。

今日も佳き日でありますように。

 

♡スタジオミキでのレッスン、時間変更と月謝制導入のご案内
今月から月謝制度導入する、木曜19:15~のクラスのご案内。
今月中ご入会の方は、お月謝半額に!
★バレエで美しくなるための、個人レッスン★
詳細はこちらから>>>
★バレエで美しくなる方法でレッスン★KayanoBalletStudioのご案内

踊ることは元々持っている身体の機能を高め
心を解放し、知力、想像力を高めることができます。
そのため経験の有無や、身体の条件よりも
もっと大切で、人生を豊かにしてくれるものがダンスです。

初心者~経験を積んだ方まで
基礎力を高め、より良い体の使い方を通じて
より大らかであり、繊細な表現ができるように
きめ細かく丁寧に指導しています。

レッスンは予約制のものと、オープンクラスがございます。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

髪色・美意識のツレヅレ

先日1年ぶりに、、髪を黒くしました(^-^)
”ヘナ”です。

1年も染めて無かった!?と自分でも思ったけど
(1年前の領収書から発覚!)
髪を染めたりするのは、白髪が目立つようになってから~
と思っているので。

 

こちらは染める前。
やっぱりチョット雰囲気違う。

Photo by Akira Nagashima

メークを覚えたのは中学生。
ほっぺが赤く火照るのが嫌で嫌で、「肌色乳液」を付けるように。

学校にもそうやって行ったので
「化粧してんのか!」と先生から呼び止められ、かなり怒られた(笑)
不良したいとか言う気持ちよりも、自分の真っ赤な頬っぺたが嫌いだったから。
ホントそれだけの理由。
でも今は、チークを付けないといけない(笑)

不思議なものです。価値観って数十年経つと、こんなにも変わる。
あ、昔々は美容師さんか、ヘア・メークのお仕事したい、とも思っていました。

 

髪を染めたり、メークをするのは欠点隠しなのか?と言うと、そうでもなく
まずは自分のテンションが上がるため♪

でもゆくゆくは、髪はちゃんと蓄えて
白髪で結い上げてる姿が理想。

歳取ると、面倒やなぁ・・と感じることが確かに増えるね、と
私なりに少しずつ分ってきましたが
オバサンと大人の女性は違う、と何かで読みました。

バレエで貴女の眠っていた美意識、目覚めさせませんか?
これは年齢不問だし、その気になったら誰でも叶います♪

 

春の入会キャンペーン、行っています。

バレエ教師兼ダンサーが指導する、バレエクラスです。

大人からのバレエは、エレガントに美しく
そしてチャレンジ精神で、臨みましょう。

バレエを通じて心がHappyに。
新宿と代々木他で、レッスンを行っています。

 Kayano Ballet Studio wp-1487210549251.jpeg

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね。いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

エレガントに、バレエマダムを目指そう♪

日本は「マダム」と言うと、とてつもなくゴージャスな
それでいて、お化粧も着てるものもバッチリ、ゴッテリ、と言う印象に
どうしてもなるような、気がする・・

言葉から得る印象???

本当はマダムって、「大人の女性」を指す言葉
既婚女性に対する言葉だったり
ある程度の年齢が過ぎた女性に対して使われるもの。

もちろん、その人の持つ個性でもあるので
見た目を追わなくても良いとは思うけど
「可愛い」と言う、個性だけでは、幼稚な気がどーしてもするのです^^;

こちらは2016年の記事を加筆改訂。

エレガント、と言う響きや
マダム、と言う言葉に
照れ笑いをしがちな、日本女性(笑)

けれど、それだけ大切に扱われてるって
ことなのですよ。
そう思ってみると良いかも。

 

 

11705303_426570954196434_746724788436003768_n
こちらはイザベル・ゲランさんのお写真。
彼女も美しいマダムです^^
実際にお会いしてみて、(一昨年のレペットのイベントで)
本当に素敵な方でした。

強いと言うより、しなやかで
ここぞと言う時は、大胆で
大人のマダムの理想像。

自分に対して、強く強く、思いました。

 


春の入会キャンペーン、行っています。

バレエ教師兼ダンサーが指導する、バレエクラスです。

大人からのバレエは、エレガントに美しく
そしてチャレンジ精神で、臨みましょう。

バレエを通じて心がHappyに。
新宿と代々木他で、レッスンを行っています。

 Kayano Ballet Studio wp-1487210549251.jpeg

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね。いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

美・ボディについて(の私見)

この記事、3年前に書いたものなんですけど(2013年2月23日)
今でも伝えたいことを、すごく代弁してくれてるので
加筆して、再掲させて頂きました^^

身体って”自分の入れ物”なんですよね。
だから、自分で面倒を見てあげなきゃいけないもの。
面倒を見てあげれば、ちゃんと応えてくれる存在。

*****

 

201303cover01

美容院で読んだ「FRAU」の特集が「脱げる身体になる」

今回のモデルになった女優・加藤あいさんは
ボディトレーナーの樫木裕実さんに約3年間、指導を受けたそうです。

3年・・・すごい。

これを長いと見るか短いと見るかは人それぞれですが、
3年パーソナルレッスンを受けたとしたら、すばらしいことですね。
自分で自分をコーディネーションできる。絶対に。

なので自ら「体を変える」と言う意識は既に育ってるし
そこからボディデザインするのも、ある意味容易になるのではないかと。
バレエもまず3年真剣に取り組んだら、マインドは「レッスン大好き♡」になれますよ(*^_^*)

樫木さんと言う方は「自分の体に語りかける」ことを
常に一番に置いておかれるそうです。
確かに身体に「こうなりたい」と語りかけることが、最も効果的。

昨日のレッスンでも言ったことなのですが
「今、ここでやっていることを大切に」。
「今」のことをやらないと、次のステップには行けないのですね。

でも順番が~、とか、今直されていることが分からない
感じられない、とそれらを放置していると
その放置した部分が、時折ググッと前に出てきます。(笑)
そういう自分もあるんだ、と受け入れてあげること
そして、放置してる部分に目を向けること。

いつもクラス中言っている内容が「FRAU」にも書いてあって、ちょっと嬉しかった。
誰しも「美しくありたい」と願うもの。

美しさ=健康 でもあります。

 

 

 

スケジュールも、個人レッスン可能日を掲載しました。
場所・内容は応相談できます。

☆2月中、体験レッスン後ご入会下さった方
個人レッスンを、15分無料で体験できます。
詳細はお問い合わせください。
土曜日のトライアルレッスンも、引き続き2月末まで継続中です!

——————————————————————–☆

4月の舞台&5月の舞台への出演者募集中!→こちら

出演してみたい、と言う方は、通常のレッスンへ体験にいらしてください。
今年~来年にかけての、舞台出演の機会を幾つかオファー頂いてますので
ご入会頂けた方には、その人に見合った舞台チャンスをご紹介できます。

——————————————————————–☆

「バレエを日常に生かし、その人それぞれがもっと輝くように」

受講生1人1人に対し、誠実に向き合うレッスンを行っております。
大切にしてるのは基礎力。そしてお稽古に向かい合うメンタルと
長く踊れる身体を作るための、知識とそして使い方。

バレエを通して、しなやかな心と体を持った女性になりませんか。
人生に、輝きを。No dance No Life!

Kayano Ballet Studio

2017%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援してくださいね。励みになります!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

”The見ため”を良くしてゆくまで(自分編)

前回の記事→゛The見ため゛なツレヅレ の続編です。
まずは、かつての私。『バレエを教えるスタイル・今昔』
185880_155709944485012_155256847863655_282242_6984988_n

ふふ、懐かしい!
このお写真、スタジオ始めて間もない頃に
当時とてもメジャーだったお稽古雑誌「ケイコとマナブ」の取材があり
その時撮って頂いたお写真です。16年位前ですね。

しかも見開き紙面1ページ全部に載ると言う、目立つ場所に!
そのため一時ではありましたが、問合せ、本当に沢山来ました(笑)
まだHPがそこまで普及してなくて、
電話応対が普通だった頃です。

その後この写真は、一番最初のスタジオHPのENTER部分に使いました。
レッスンしている雰囲気は出てるけど
今思うとこれって・・・かなりどうなの?
明らかにダサイ(笑)
取り敢えず、適当に着てた頃です。
(コンテンポラリーなら、有りですけど。)

img_5305

 

この頃は、着古してヨレヨレになったウェアを「教える」時に着てました。
そういう心がけはどうかな・・・と、今なら思う。6年ほど前です。
お写真としては、とても良いと今でも思う。

でも・・・
スゥエット姿が悪い訳でもないし
黒タイツが悪い訳でも無い

ただ、私と言う個性が
”そのスタイル”に合わないのだと、バレエの先生されてる方からご指摘して頂き
その時「あ、確かに違う。」と自ら気づいたお蔭で、現在に至ります。

 

普段クラスで教えてる方々が、ある程度自分で出来
ある程度、それなりに美的感覚も持ち合わせ
ある程度、自ら変わって行こうと言う意思を持ってる方達が集まっているなら
また違うのかもしれないけれど
ごくごく一般的なバレエに憧れる人にとって
先生が綺麗じゃなくてどうするの?と。

こんな風には仰ってなかったけど、今でも心に残るご指摘。
有りがたいです。

06439

 

07066-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

Photo by Akira Nagashima

多分、あの時のご指摘が無かったら
「私って出来てるでしょ。」的な考え方で、ずーっと来ていただろうなぁ・・と思います。

お気に入りを身に付けることによって、
そこからパワーを貰う、と言うことも分かってきた。
こういうのは、スピリチュアルでも何でもなく
「心構え」ってそういうものなんだ、と言うこと。

 

変化するには、それなりにエネルギーが要ります。
そして変化しよう!と意気込んでも、慣れてないうちは
揺れ戻しが起こり、前の状態に戻ろうとするんです。
なぜなら、その方が居心地が良いから。

 

「やってみたけど、出来なくって~」と言うのは
その揺れ戻しの感覚の方が楽だから。
変化を怖れ、変わろうとする行動を止めてしまった口実なのです。
それで脳内を納得させ、そこまで無理しなくても良いよね、と理由づけるんです。

慣れるまでは、その状態を続けてみること。
せっかく買ったのに着ないウェアがある、と言うのは
もしかすると似合わないのではなく、そのウェアが持つ波長に
自分が追い付いてない、と言うことも十分有り得るんです。

これはお洋服やアクセサリーでも、同じことが言えますし
レッスンのやり方や方法に当てはめてみても、
いつもとちょっと違うことを言われて、拒絶しがちな場合
ご自分とまだ、波長が合ってないからかもしれない。

 

本気で綺麗になりたい!とか
上手くなりたい!と思った時から
そこからグーンと、アンテナが張りめぐらされます。
そうすると、欲しい情報をキャッチしはじめます。

バレエでキレイになっていきませんか?
踊るのは自分の喜び、そして綺麗になるのは周囲への恩返し。

そして、バレエに関してお悩みのある方は
「バレエなお茶会、企画してみました。」
心のモヤモヤ、吐きだすお手伝いもいたします。

 

***

KAYANO BALLET BLOG~踊る心~
『新クラス&出演者募集のご案内』 → こちら

 

「その人それぞれが、もっと輝くように」
バレエクラスを行っています。
Kayano Ballet Studioのご紹介~はじめましてはこちらから~

現在トライアルレッスン開催中!
※来週以降時間変更しています。
スケジュールをご確認くださいね。
Kayano Ballet Studio 

レッスンスケジュール
クラスについて
受講生のご感想

2017%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援してくださいね。励みになります!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ