言葉と記憶力について思うこと、のツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日の記事を書いたあと
(そして、幼稚園バレエだったのもあり)
またまた、子供たちを観察する機会に恵まれました。
なので今日のは、昨日の続きと思ってみてくださいね。

私が教えている幼稚園バレエは、幼稚園の子と
保育園の子が混じって受けてくれてます。

あるクラスで
「普段お父さんやお母さんから、
本を読み聞かせしてもらってる子
どのくらいいるのかな?」と尋ねると
その割合が半分半分でした。

そして、偶然なのかもしれないけど
「普段から余りお話聞くのが、上手じゃないな・・」と
感じていた子が、読んでもらってない・・・・^^;

ありゃー・・・・
うーん・・・
やっぱりー・・・(私の心の声)

読み聞かせって、「子供とのコミュニケーション」
と思われてるのかもだけど

言葉はそもそも「音(おと)」なので
読み聞かせは”音を拾う力を付ける習慣”になるんですね。
しかも小さい頃は、自分が安心する相手から
本を読んでもらうことで
「聞こうとする姿勢」が自ずと身に付くんだろうな、と
色々な子供たちを見て来て、感じるのです。

話を聞いてなくても良いんですよー。
絵本なら、その絵から何かしらインパクト貰ってるから。

読み聞かせすると、子供が寝ちゃった・・と言う声があるけれど
それは安心の証拠だと思います^^

お忙しいとは思いますが
できるだけ、時間を作ってさしあげてくださいね。

今個人レッスンを行ってる年中のお子さん
その子の記憶力が、最近ずば抜けてきているのです。

子供の頃の、良い刺激は宝物

英才教育なんて、してない^^
だけど、シンプルなことを大切に与えてるだけで
めきめき!と、物覚えが良くなってる。
言葉って大切なんだなあと、つくづく思います。

バレエを教えるには、動きや運動と言った面が
強調されちゃうけれど、まずはお話が聞けること
特に小さいうちは大切だな、と感じたのでした。

特にバレエは声を使わないので
たまに音読したりすると、自分の”音”を感じられるかも。
発声も良いエクササイズになりますよ~^^

 

★★★年内いっぱい、体験がレッスンが2回できます。
体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※12月のレッスン可能日をアップしています。

 

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供のうちからやっていたら・・・についてのツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日は友人の依頼で、子供達の代講クラスを行ってきました。
皆変わらず活き活きと可愛かったです。

大人の方を教えていて、実に皆さんよく
「子供のうちからやっていたら、もっと覚えが良くて
理解もできただろうに」と、仰います。

だけどね
子供のうちと言っても、年齢が若すぎると
教えた事はまだまだ覚えられないし、集中力続かない笑

なので、小学校低学年からバレエを始めたとして
中学生ぐらいまでの間に、頭の中を「覚えられるモード」
になった子が、覚えが早くて理解できるんじゃないかなと感じています。

私は18歳で上京後、入所したバレエ教室の雰囲気が
それまで10年習っていた教室と真逆だったため
ある意味、「大人から一からやり直した」組です。

それまで踊る感覚や、ポジションへの意識も
正直、余りよく分かってない状態だったのに
後々、一気に理解できるようになったのは
練習量を増やしたのと、幸いにも、当時大学で
舞踊を沢山学んだからなのかも?しれません。
(視野を広げた、と言う意味で考え方の基礎になった)

感覚を掴むのは、神経を増やすことなので
「覚える」こととは、ちょっと別。

なので、私がみっこさんのピアノや
”あるじ”こと、斉藤さんのヴァイオリンを聴いても
「わぁー素敵!」
「なんてスッと音が自然に出るんだろう」とは思うけれど
「私も簡単に弾ける!」とは到底思えない。
だけど、自分が志していることに対しては
「できるようになりたい」と、理想に近づけるように
頑張ってこれた訳です。

「簡単そう」と言うのは、
表に出てくるものに対し、抱く感情。
(裏にはその人がこれまで積み重ねてきた膨大な時間が有るのに)
やすやすとこなしてしまうことについて
「もしかしたら、自分にもできるんじゃない?」と
自分にも当てはめることが、人にはできちゃう。
(多分これが、脳は相手と自分を区別できない
と言うことなのだと思う・・・)

だけど、実際にはそんなに簡単に、しかもすぐにできない。
なので「子供のうちからやっていたら、もっと覚えが良くて
理解もできただろうに」と言う、言葉が出てくるのかな??
とも想うのです。
(あくまで、私の想像だけど)

じゃ、どうしたら良いの?となった場合
感覚を掴む方法を、クラスに取り入れてる先生を探した方が良いと
思います。これは大人も子供も関係無い!

沢山の練習も必要だけど、平行して沢山の感覚を知ることが必要。
失敗する方法を何度繰り返しても、クリアできないから。
(だけど練習量を沢山すると、頑張った気になれちゃう)

クラス中、色々な指摘をして
その人の身体の感覚を、毎度ツツいております。
まず掘り起こさなければ、芽が出せる土にならないから。

★★★年内いっぱい、体験がレッスンが2回できます。
体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※12月のレッスン可能日をアップしています。

 

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”形としての言葉”の意味を、追いすぎない工夫

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエクラスを普段受けている方にとっては
もうご存知なことですが
バレエは毎回プリエで始まり、プリエで終ります。

なので、1時間半のレッスン中
「一体何回プリエしてるんやろ?」
な、わけです。

さて、プリエと言うと
足を開いて床を踏む、と考える方が多いと思いますが
実はもっと応用的だと私は捉えています。

プリエの意味は”折りたたむ”なので
折り畳んだ状態は全部”プリエ”だと
昔習ったフランス人の先生は仰ってた。


なのでこれも「プリエ」だし


パッセも”プリエ”と表現されることだってある。

なので、これも”プリエ”ですな。

踊る時は床に足が付いた状態から始まり
重力とのバランスで
動きが生み出されていくので

床を踏みこめる足指の力や
膝を曲げたり伸ばしたりするときの、
腿やふくらはぎの強さや
足首の柔らかさが
プリエの質を決める、一つの要素に。

プリエを行うことで、鼠径部が筋トレされ
強くなりますし
膝を曲げたり伸ばしたりする時
腿やふくらはぎの力が働くため
エネルギーが生み出される。
(だから身体が温まるんですね~)

そのため、プリエは正しい方法で!と言われる所以だけど
足を開いて床を踏む
足を開いて、膝を曲げる
だけの概念だと、
ステップに繋がるエネルギーに結びつかないのです。

アレグロが苦手
回転が苦手、と言う方も
プリエの見直しと、それに応じたプラスアルファを
していくことで、必ず改善できるはずなのです。

★いつも動きを応用できるように
指導しているので
言葉の意味を追い求め
がんじがらめになりやすいことについて
いつも不思議に感じてる私^^

もし何か響くものがあったら
一度体験においでくださいね。

 

★出演者募集です!3月に子供達と一緒に踊りませんか?

幼稚園でのミニ発表会に
一緒に出演してくださる方を募集しています。
(募集期間は11月末まで)

***************************************************************

KayanoBalletStudioのご案内

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※12月のレッスン可能日をアップしています。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バレエも今の流れに、合わせて行く時代

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

もうすぐ12月になりますね。
12月といえば「胡桃割り人形」
胡桃割り人形の舞台、沢山私も出ました。
色々なアレンジのに、出たわ~。

最近バレエの世界では
「過去に振付けられた作品から
人種差別的表現を無くそう」
と言う動きが出てきています。⇒参考記事はこちら

これについては「確かにね・・」や
「なるほどなぁ、そうだよね」
と言う気持ちで、関心を寄せてますが
胡桃割り人形の”チャイナ”
”ラ・バヤデール”の黒人のシーンなど
今の時代にはそぐわないと感じられる表現を
変えて行こうと言う、動きだと捉えています。

そのためには作品が創られた時代背景を
説明できる大人が居て、それを子供に伝えられるのが
最も望ましいとは思う。
なので私は分かる範囲でですが、伝えてます。

3月のミニ発表会で胡桃割り人形のアレンジをするため
今余計に、そう思うのかもしれない。

ただいまアラビアの踊り、1名募集しています。
募集記事をお読みくださいませ⇒こちら

お一方立候補くださっていて
その方とリハ日程調整をしたいと考えています。
詳しくはお問い合わせください!


過去写真ばかり載せてる^^;
だけど胡桃割り人形自体は、とっても楽しい作品です!

 

★出演者募集です!3月に子供達と一緒に踊りませんか?

幼稚園でのミニ発表会に
一緒に出演してくださる方を募集しています。
(募集期間は11月末まで)

***************************************************************

KayanoBalletStudioのご案内

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※12月のレッスン可能日をアップしています。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好奇心って楽しいもの

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

最近の記事が「出演者募集」または
「体験へどぞ!」と言う内容に走りがち・・・ではありますが
ちょっと聞いて♡聞いて♡なこと・・・・^^

昨日またまた、子供達の振付2曲目の
大筋が完成!
これでコーダと最初ができたら、振付としてはお終い!
全体を練っていく時間が取れる!

自分でもビックリするペースですが
良い感じで早い気がする。
トントントン!と出てくる時には
スッキリ風通し良く
出しちゃった方が良いのですね。

大人もきっと大丈夫です。
普段レッスンしている方で
少し今までとは違うリハーサルを
してみたいな・・と思ってる方なら
絶対付いて来れるから。

なので
★出演者募集です!3月に子供達と一緒に踊りませんか?
もし気になっていたら、
「あの~・・・」と言うお問い合わせでも良いです、
ご連絡お待ちしています。

私は音楽が鳴っていたら、それに合わせて
人を動かしちゃう。
なので「ここまで覚えたよね!」で終らずに
昨日もどんどん進んじゃいました。

時折、バレエ以外で(特に小学生)と接していて思うのは
「まだ〇〇は習ってないから、今はまだやらなくて良い!」
と言う考えの子、案外居るんですよね。

なんで?と聞くと
「だって、教わってないことは
やらなくても良いんだもん!」と言う
良く分からない理由をつけて、正当化しようとする。
話を聞かないのは、もしかするとそこに理由があるのかな?

概要と言うか
全体図を知るためには
知らないことを、進んでやることをした方が良いのだけどね。

(早く知り過ぎてもね、と言うことも
確かにあるけれど、そこは与える側のバランス)

進んで知ることは、早く覚える脳を作ると思ってます。
それは好奇心って楽しいものだから。

★11/23(土)11:30~13:00
バレエレッスン体験会を行います。⇒こちら

以前体験された方で、ビジター受講の方もOKです!
お時間ある方、ぜひお越しくださいませ。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

***************************************************************

 

KayanoBalletStudioのご案内

大人のバレエはエレガントに美しく踊りましょう。
★スタジオ受講生募集中★

【初心者さん歓迎のバレエベーシックコース】
木曜日19:00~20:30
基本をまず押さえると、踊りがもっと楽しく美しくなります。

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※11月のレッスン可能日をアップしています。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

10Kgの綿あめ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエって、動きそのものは間違ってないのに
「なぜか、バレエに見えない・・・」と言う
状況が往々にして起こり得るもの、だと感じています。

過去には
「センスが無いんだよね」
と、バッサリ言っていたことだけど

今は
「もしかすると、周りの空気感感じてないのかもなぁ」
「近視眼的に考えすぎて、全体のバランスが見れてないのかなぁ」

などと
起きてる現象について、原因を考えるようになってる私。

決めつけなくなることは
それだけ思考が広がります。

昨日のクラスでは
どうしても腕の動きが、重たそうに見えてしまう方に
「10kgの重さの綿あめ持って踊ってるみたい!!」と言い
お互い顔を見合わせて、笑っていました^^

10㌔の綿あめって・・・
どんなんやねん 笑笑

あ、でも何かヒントになれば良いなぁ。

 

11/23(土)レッスン体験会行います。
お時間ある方、ぜひお越しくださいませ。⇒こちら

 

***************************************************************

★出演者募集です!3月に子供達と一緒に踊りませんか?

幼稚園でのミニ発表会に
一緒に出演してくださる方を募集しています。
(募集期間は11月末まで)

KayanoBalletStudioのご案内

大人のバレエはエレガントに美しく踊りましょう。
★スタジオ受講生募集中★

【初心者さん歓迎のバレエベーシックコース】
木曜日19:00~20:30
基本をまず押さえると、踊りがもっと楽しく美しくなります。

プライベートレッスンを活用しましょう
普段多人数で、バレエを習うことに慣れていると
プライベート空間で教わることに
最初抵抗が有るかと思いますが
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※11月のレッスン可能日をアップしています。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

アンデュオールの感覚を伝える

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

アンデュオールの感覚を、最近子供たちに
伝えています。

アンデュオール⇒英語ではターンアウト
とも言いますが、足を外旋させて使います。

これが分かるようになるのは
やはり小学生~だと思う。
脳が発達してくるのと並行して
根気よく、教えて行く課題だと感じます。

アンデュオールを続けられることに
意味があるので、まずはそれを筋肉に
知ってもらい、覚えてもらうことが大切。

色々な「アンデュオールについて」
の知識が出回っていますが
私の方法は非常にシンプル。
ただし、子供たちに伝える時と
既に身体が出来あがっている
大人に伝える時とは、少し変えています。

ここでは詳しく述べませんが
クラス中では、いつもてんこ盛り。
※厳しく!と言うよりも
なんとなく、実験ぽい感覚かもしれない。

筋肉の感覚を伝えるのに
知識から入るのも大事なのだけど
”筋肉に色々経験させる”ことが
一番良いと思っています。

昨日子供達は
「ひーー・・・・・
きつい・・・・・・・・
足の裏側ーー・・・・」と言ってました(笑)

普段からくすぐるとすぐ反応するとか
そういった、触感の敏感さがあると
感覚を助けてくれるとも思いますが
これも個人差があるものなので

「感じにくい」ことを悔やまなくても良いけど
感覚を頭で考えず、感じる、と言う
シンプルな状態でいられると
より「アンデュオール」の感覚は
掴めてくると思います。

シンプルにアンデュオールを感じて踊りたい方
私のバレエクラスに、一度おいでくださいませ。

Photo by Akira Nagashima

****************************************************************

★出演者募集です!3月に子供達と一緒に踊りませんか?

幼稚園でのミニ発表会に
一緒に出演してくださる方を募集しています。
(募集期間は11月末まで)

KayanoBalletStudioのご案内

大人のバレエはエレガントに美しく踊りましょう。
★スタジオ受講生募集中★

【初心者さん歓迎のバレエベーシックコース】
木曜日19:00~20:30
基本をまず押さえると、踊りがもっと楽しく美しくなります。

プライベートレッスンを活用しましょう
普段多人数で、バレエを習うことに慣れていると
プライベート空間で教わることに
最初抵抗が有るかと思いますが
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※11月のレッスン可能日をアップしています。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ