感覚を身に付ける~ ぐるぐる~!練習

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日は幼稚園バレエで
ほぼ初の、思いっきりぐるぐる~!練習をやってみました。
どのクラスも子供達大騒ぎ&大興奮!!
そしてその後、何人かは床へ倒れ込む・・(笑)

「だいじょうぶかな?続けてもいい?」と状態を確認しつつ
右、左、とグルグル~!
そしてまたその後、何人かは床へ倒れ込む・・
でもそれが最初は本当に倒れこむんだけど
だんだんその後が、ギャグになって行く・・・
ウチはお笑いバレエなのかな???(^o^)汗

時々、私のデモンストレーションも入れて
(ピケターンやフェアテ連続、とか)
回るってゆくゆくこうなるんだよ、と見せてあげます。

そこでも子供達大騒ぎ&大興奮!!
で、何人かは必ず真似をしますね(笑)

小さいうちは、まず感覚を身に付けること。
ブラッシュアップはその先にあるものです。

「バレリーナの回転・バランスは脳の変化」~記事より~
2013年に書いた過去記事です。
結構良いこと書いてるので、ぜひお読み頂けたら嬉しいです♡

 

 

★バレエで美しくなる方法でレッスン★

「バレエで美しくなる方法」をテーマに
女性の健康を大切に
身体の不思議や機能などを分りやすくクラスに盛り込んだ
バレエクラスを行っています。
現役バレエダンサーが指導しているため、見本は丁寧に。

美しさ=健康の証。
基礎を作ることで自信が付き
身体を動かすことで、行動力や精神力も高められます。
美しい踊りは、心と身体の調和から。

初心者さん歓迎。基礎の見直しをすることで
経験者の方も、また更に魅力を増して踊り続けることができますよ!

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

広告

幼いうちに、正しく使える知識を伝えることのツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

今日は幼稚園バレエの日。
お母さま達に、クラスレッスンの予定表と一緒に
レッスンへのワンポイントアドバイスを盛り込んで、お知らせしています。

身だしなみのこと
身体についてのこと など。
これが結構喜ばれる♡

幼いうちに身に付いたことは一生モノと言いますが
身だしなみと身体への知識は
早めに正しくて使えることを伝えるのが一番。
特に足については目から鱗なお母様が多く、伝え甲斐があります。

大切な足。
ウィークポイント(ハンマートウ他)が有ったり
指を丸めて立つ子が改善できるように
気づきを沢山レッスンで与え、それを保護者の方に伝える
知識のリレーを、コツコツ頑張っています^^


今、4~5歳が一番多いです。
身体が結構しっかりしてきて、
これからの体型の基礎の骨組みが作られる年齢。
この時期に、身体の潜在パワー伝えておきたいなぁ。

私が初めて泳げたのが5歳。
その時の水中に潜った感覚、今でも覚えてます。
「あれ?できた!」みたいなの。
大きくなっても、過去に行ったことの記憶を辿れる子供達でいられますように。

それが大人になってから、ある時急に役だったり
自分を助けてくれたり、するのですから(*^_^*)

 

★バレエで美しくなる方法でレッスン★

「バレエで美しくなる方法」をテーマに
女性の健康を大切に
身体の不思議や機能などを分りやすくクラスに盛り込んだ
バレエクラスを行っています。
現役バレエダンサーが指導しているため、見本は丁寧に。

美しさ=健康の証。
基礎を作ることで自信が付き
身体を動かすことで、行動力や精神力も高められます。
美しい踊りは、心と身体の調和から。

初心者さん歓迎。基礎の見直しをすることで
経験者の方も、また更に魅力を増して踊り続けることができますよ!

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

バレエのお話、読み聞かせ♪

バレエ教師兼ダンサーの、河合かや野です。

昨日から幼稚園バレエクラスで、バレエのお話の読み聞かせを始めました。
少しずつ、少しずつ。毎回ちょっとずつ。

紙の本って良いですね。
私アナログ人間なので絵本や紙芝居、大好きです。

答え(物語の結末)を言ってしまわないこと、を大切にしています。
眠りの森の美女の最後はどうなるんだよーとか (笑)
白鳥の湖の最後はこうなっちゃうんだよ。。とか。
あと、文章の書き方が難しい場合
ちょっとした説明を入れてあげることはやります。

子供のうちに、想像力を発展させていけたらいいな。
未知な世界だし、100年も前のお話は、今の生活様式と全然違うから。

子供達、食いついていました!
ちなみにこの本は、ブックオフで見つけましたよ。

★こちらは以前お友達の発表会で、カラボスを演った時のもの。
悪役は面白いですなぁ^^

 

——————————————————————————-

♡♡ 6月中ご入会の方に
バレエタイツを1足進呈いたします。
チケット購入またはお月謝入会された方限定。
スタジオ生限定の、ご紹介プレゼントもあります!

★KayanoBalletStudioのご案内★
都心から近い参宮橋・新宿御苑前で、バレエクラスを行っています。

現役バレエダンサーが、バレエで美しくなる方法を教えます。
Kayano Ballet Studio HPはこちら

♡スタジオミキでのレッスンは月謝制もございます。
その他個人レッスンも行っています。
詳細はこちらから>>>

 

 

 

 

 

 

 

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

6月6日はお稽古初めの日~2018年版

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

3年前、6月6日はお稽古初めの日
と言う記事を書きました。
この日に始めると、上達するって言われてるんですよね。

ちょうど6を指を折って数えると
小指が立つため「子が立つ」と捉え
縁起がいいのだとか。

また6月は芒種と言って、梅雨にはいります。
梅雨に入ると、外で中々遊べないため
お稽古事を始めるのに向きますよ、と言う意味もあるそうです。

日本人の感性って、ステキだなぁと思うのが
そういう細やかな部分においても
何かしら意味を見つけられるところ。

上の記事、リンク先の一つ目が
もう無くなっていましたが
下の記事のリンクは、まだ生きています。
(良かった!)

バレエ=踊り、と見るのも良いけど
舞、と言う感覚で、和風に見るのも好きです。
舞う、と言う言葉が好きなせいもありますが
踊る、よりも佇まいがあるように感じる。

現実的に子供達沢山指導してる今日この頃
叱り過ぎず(昨日も厳しく言ったことが幾つかあるから)
けれど伸びる所はしっかり見てあげたい。


1年前です。
皆大きくなりました♡

 

———————————————————————————–

★バレエで美しくなる方法でレッスン★
KayanoBalletStudioのご案内
都心から近い参宮橋・新宿御苑前で、バレエクラスを行っています。

現役バレエダンサーが美しく踊れるように指導。
何歳からでもバレエは楽しめます。
Kayano Ballet Studio HPはこちら

♡スタジオミキでのレッスンは月謝制もございます。
その他個人レッスンも行っています。
詳細はこちらから>>>

 

 

 

 

 

 

 

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

子供バレエツレヅレ。「今何をやってる?」が大切

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

先日子供クラスの見学会を行いました。
そのうちのセレクト2枚。
(送って下さったお母様、ありがとうございます♡)

こちらは小学生のクラス。

学校もバレエも楽しくて
終わった後に園の遊戯施設で遊んで行くぐらい、元気たっぷりな年齢。

私も時々子供の頃を思い出す時
好きなことはとことん取り組んでいたように思います。

「ね、先生、できてる?今日どうだった?」と
聞いてくる子が何人もいます。
そういえば、私も聞いてたなぁ。
先生と仲良くなりたい、と言う気持ちもあった。

私からは具体的にどこが良いから、ここを直そうね、も伝えます。
脚がポーンと上がるからOKだけじゃなくて
上げ方があるから、と、形と上げ方に気を付けさせる。

子供達はまだその違いが分からず「なにそれー」な顔もしますが
正しいところを押さえる習慣は、早くから有って良い。

できてる、できてないだけで見てると
多分「できること」が素晴らしくて
「できないこと」がダメなこと、と覚えてしまうでしょうね。
それは勿体ないので
「今は何をやってる?」を大切にしています。

余談ですが
子供達から「手が気持ちいい!」と
顔をスリスリくっつけてくる子も居て
私の手の人気、高いの(笑)ちょっと嬉しい。

友人の冨永明子さんが書かれた
子どもに人気の習い事!バレエ教室を選ぶときの心得と注意点
をご紹介しておきます。
大人の方にも参考になる部分、沢山あります。

—————————————————————————————-

★バレエで美しくなる方法でレッスン★
KayanoBalletStudioのご案内
都心から近い参宮橋・新宿御苑前で、バレエクラスを行っています。

現役バレエダンサーが美しく踊れるように指導。
何歳からでもバレエは楽しめます。
Kayano Ballet Studio HPはこちら

♡スタジオミキでのレッスンは月謝制もございます。
その他個人レッスンも行っています。
詳細はこちらから>>>

 

 

 

 

 

 

 

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

バレエで美しくなる方法・損得で考えない

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

幼稚園バレエネタを書くと
いつもかなりの方から、感想の言葉を頂きます^^

昨日体験に来た女の子は
周りの子達が着替え、レベランスに入った途端
その場に固まって、立ちすくしたまま動けなくなってました。

どうしたのかなーと思ったけど
暫くそのままにして(放置(笑))
クラスがある程度進行した後に
「見てる」と言うので
見学させました。

クラスが終わった後
「びっくりした」と言うので
「お友達が皆、自分の知らないことやってたから
びっくりしたの?」と言うと
「うん」と頷いていました。

その後、クラスでやってたことを
真似したり「やってみたかった」と言ったり(笑)

その純粋さが可愛くて。
けれどびっくりしたら、どうしようも無かったんでしょうね。

ある程度年齢が経ると
それを「みっともない」「恥ずかしい」とか
考えるようになってしまいます。
なんでだろうね。

「大人側の常識、で考えることを
できるだけしない時間」として
今私の中に存在してる、幼稚園でのバレエ。

思考錯誤ながら、子供達を相手に
バレエクラスを教えると言うのは
社会で言うと
組織を作って、運営していくのにも匹敵するぐらい
実は難しいことなんじゃないかな・・・、と
時々思います。

お稽古事をするならのルールとして
伝えていることだけど
それが、親御さん達からは
非常に有難がって受け止めてくださいます。

大人に伝えると嫌がられそうなことであっても
子ども対象だと、どうしてこんなに喜ばれるのか。

それは多分
「今目の前にあることを、精いっぱいやる」が
当たり前な彼女達と
無意識に損得から選択をしている
大人達との、違いのようにも見えます。

損得=お金ではないのです。
自分にとって、有利か否か、でもないのです。
本当はね。

時々ふと思うことを書いてみました。

では今日もどうぞ佳き日になりますように。

 

♡スタジオミキでのレッスン、時間変更と月謝制導入のご案内
今月から月謝制度導入する、木曜19:15~のクラスのご案内。
今月中ご入会の方は、お月謝半額に!
★バレエで美しくなるための、個人レッスン★
詳細はこちらから>>>
★バレエで美しくなる方法でレッスン★KayanoBalletStudioのご案内

踊ることは元々持っている身体の機能を高め
心を解放し、知力、想像力を高めることができます。
そのため経験の有無や、身体の条件よりも
もっと大切で、人生を豊かにしてくれるものがダンスです。

初心者~経験を積んだ方まで
基礎力を高め、より良い体の使い方を通じて
より大らかであり、繊細な表現ができるように
きめ細かく丁寧に指導しています。

レッスンは予約制のものと、オープンクラスがございます。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

バレエで教える”躾”のツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

幼稚園でのバレエは、昨日から年少~年中さん向けクラスがスタート。
スタートメンバーは3人です。
今期はどうやらかなりな”ツワモノ”さんがいます(笑)

子供らしさ全開の年齢ですから
奇声をあげて走り回る、そこらへんにあるおもちゃを見つけて遊ぶ
レッスン中「疲れた」と言って座り込むのは、想定内(笑)

クラス中の躾について、私が決めてるのは
”叱るのは状況を見て、そしてタイミング”。

どこから声が出てるの~、と思う位の奇声を上げて走り回る子供達を
同じぐらいの声を出して止められるかと言うと、絶対に無理!
なので大きく手を叩いて、時間を知らせる。

遊びだしてしまう子をこちらに意識を向けさせるには
「今は何をする時間?」と尋ねる。
疲れたーと言って止めちゃう子は
回数が重なると状況に応じて”ダメ”を出すか、他の伝え方をする。

昨日は体験がありましたが
ふざけ過ぎていた子を私が叱ってるのを見て
最初は調子よかったのに、途中から「やりたくない~」と
見学のお母さんにベッタリ。
お母さんはさせたがって、連れて来たりされるんですが
そこはもう「無理しなくて良いよ」と、一線を引きます。
入会した子を指南するからこそ、意味があるのです。

叱った子は帰りに目を見て話して、言い聞かせたら
ちょっとふざけすぎたのが、分かった様子でした(笑)

子供の行動を見ていると、ふざけてる子の方に
簡単にひきずられます。
これって習性なんですね^^ 人間の。
見方を変えると、人を引き込む素養がその子に有ると言うこと。
ある意味才能だと思う。
才能は、指南して、磨いて、根気よく教えて伸ばす♡

踊るのは楽しいよ、身体動かすのは楽しいよ、は
子供のうちは皆分っていることですから
そこに躾が大きく関わってくるのだと、感じています。

時々子供の頃を、うっすら思いだすけれど
案外余り本質は変わってないなぁと思います(笑)
特に就学期前の子は、ポジティブ思考。
嫌、と言う気持ちも、防衛本能からくることなので
それは甘えでも弱さでもなく
ゆくゆくちょっとしたことから、覆ったりできますしね。

覆るきっかけを与えるのは、大人の役目だと思うし
大人になってから覆るきっかけが持てるのは
沢山色々なことにチャレンジして
失敗を経験している人の方が、絶対に機会が多いです。

こちらは去年のお写真です。

では今日も佳き日でありますよう。

 

 

♡スタジオミキでのレッスン、時間変更と月謝制導入のご案内
今月から月謝制度導入する、木曜19:15~のクラスのご案内です。
今月中ご入会の方は、お月謝半額になります!

★バレエで美しくなるための、個人レッスンを受けませんか★
詳細はこちらから>>>
★バレエで美しくなる方法でレッスン★KayanoBalletStudioのご案内

踊ることは元々持っている身体の機能を高め
心を解放し、知力、想像力を高めることができます。
そのため経験の有無や、身体の条件よりも
もっと大切で、人生を豊かにしてくれるものがダンスです。

初心者~経験を積んだ方まで
基礎力を高め、より良い体の使い方を通じて
より大らかで繊細な表現ができるように
きめ細かく丁寧に指導しています。

レッスンは予約制のものと、オープンクラスがございます。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ