「質問にお答えします『大きく動くためには、どうしたらいいの?』」

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

大きく動きたいけれど、どうしたら良いか分からない
自分で動きが小さいか、大きいかがわからない

と言うご質問をいただいたので
こちらの記事で、お答えしてみますね。

動きの大きさと言うのは、エネルギーだと
私は常々感じています。
赤ちゃんは小さいけれど
泣きだした時のパワーは、とてつもないですよね^^;
と言うのは、身体中の力を振り絞って泣くからです。

あんな小さな身体なのに
大人が到底出せないような声で泣く。
エネルギーの塊りだなぁって思います。

赤ちゃんが泣くのは
赤ちゃんの生命力にも関わることなので
声が大きいほど、元気だと捉えられます。

昔「24時間戦えますか?」と言うキャッチコピーで
売り出されたドリンク剤がありました。
リゲイン、だったかな。
どうやら24時間フル稼働しよう
と言う意味では無いらしいんだけど^^
だけど、やる時にはパワフルに動こう
と言うコンセプトだったらしいです。

ただ、踊りでパワフルに、と言うと
「力」を連想しますね。
個人で出せる力と言うと、筋力で見ることになる。
だけど、筋力だけで、ずっと動き続けられるかと言うと
それは難しく、疲労も激しい。
その人が元々秘めてる「生命力」も絶対必要。

その人が普段食べてるものや
得ている情報、考え方等も生命力になると思っています。
見た目からの情報だと、肌の艶、活き活きした感
声のハリ、表情など。

それらの、自分が無意識に発信している情報
を、踊りの中のステップなどを踊る時
個人が持ってる力をたっぷり使うことで
「踊りが大きいね」とか「小さいね」と言われるわけです。

足の歩幅が大きく出せるとか
高く跳べるとか、ずっとピルエット回り続けられるとか
いわゆる”見た目のパワー”で判断することもあるけど
それだけじゃない。

ポール・ド・ブラのやり方1つみても
呼吸と共に動いている人は、大きく見えます。
そして何より、重力を感じて動いてる人は
もっと大きく見えます。

私は身長が161㎝です。
だけど踊ってると、165㎝位に見られることが多いです。
呼吸を使って動いてるせいかもしれないし
元々の生命力が強いお蔭なのかもしれない。
でも「動きが小さい」とは、余り言われないです。

身長が割と高いのに、動きが小さい人は
自分のエネルギーを大きく出すことが
無意識に、恥ずかしいのかもしれないです。

また、普段から控えめな言動の方も
動きが小さくなりやすいかも、しれません。

だけど、”自分の生命力って強いんだ”と自覚できるようになれば
動きは大きくなっていけると思いませんか?
その方法として、呼吸と共に動いたり
重心をより感じて動くことがあります。
より、自分を広げて(伸ばして)行くことを
具体的に、レッスンでやってみましょうね。

★通常のクラスレッスン以外に、個人レッスンでは
課題や疑問に善処していける方法を、アドバイスいたします。
まずはお気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせフォームはこちら

***************

4月~5月の予定をお知らせします。⇒スケジュール
5/2はスペシャルクラス行います。
11:00~13:00 スタジオミキ ポワントレッスン有り

★4/4~4/27は体験フェア★
体験料¥2000⇒¥1500にて受けられます。(1回のみ・初見の方)
※1Day ws、ポワント見直しレッスンは除きます。
レッスンの感想をくださるかたも、同時募集しています。

体験日にご入会の方は
入会金から体験料を、差し引かせていただいております。
(レッスンチケット購入をお願いしています。
使用開始は2週間のインターバルがあります。)

お問い合わせフォームはこちら

通常クラスのご案内
新宿御苑前スタジオ&代々木
武蔵小杉で開催中。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦手なことがあると、考え込んでしまう方からの質問

Kayano Ballet 河合かや野です。

苦手なことがあると、考え込んでしまう方からの質問にお答えします(*^_^*)

Q”ロンドゥ・ジャンブや、フォンデュが苦手です。
苦手なのでつい考え込んでしまい、順番や振りが全くわからなくなり
自分がどこかへ行ってしまいます。”

 

苦手なことがあると、そこに焦点当てすぎて
そこがクリアできないと次へ進めない方、見てると結構おられます。
ロンドゥ・ジャンブやフォンデュは
私の中では”曲線の動き”です。
足で丸を描くか、線を描くか。
クラスでも、いつもそうお伝えしています。

その方はそれら2つの動きになると、音楽も急に分からなくなるようです。
音楽を「この音楽は〇〇用」と言うように、別けて聞いていないでしょうか??
そんなことは、絶対にないぞ??^^

レッスンCDではクラスの流れに沿って録音されてるため
確かに普段聞き慣れてると、音楽=その動き、となりがちだけど
それぞれのステップが持つリズムを、まず理解すること

リズムの取り方は、とっても簡単です。
手拍子すること♡
クラス中は、心の中で手拍子してください(笑)
その一つ目の手拍子の時、足元はどんな状態からスタートしてますか?
と言うのを、冷静に理解できたら
そこから足で丸を描くか、線を描くか、です。

そして、アンシェヌマンは、まず覚えましょう。
パターンもあるし、リピートも有る。
苦手意識は、得意にも変わるんです。とにかくよく観察して
覚えること。

photo By Akira Nagashima

================
個人的に、フォンデュの動きは
タンゴやハバネラ、と言った、メリハリのあるものが好きですね♡
初心者でもアクセントが掴みやすいから、
もっと積極的に使ってあげて、と仰る先生もおられました。

あとテンポ・・・やたら遅くてもダメだと思います。
遅いテンポは筋力に負荷がかかります。
ミディアム、スロー、クイックは、やっぱり使い分けたい。
身体への反応を育てるために、計算しておきたい部分です。

こちらは海外の、多分入門クラスかな。
先生の動きがとても柔らかくてステキ。
ぜひご参考に。

 

本日もスタジオでお待ちしています。
どうぞ佳き日になりますように。

11月の作品クラス、課題作品はこちら 受講者さん、募集中です!
11/23の作品クラスWSもぜひ。5名から開講します。

★バレエクラスのご案内★

~現在募集中~

11月限定”今月初めての企画”はこちら

Kayano Ballet Studio HP

~大人のバレエはエレガントに美しく~
スタジオの永遠のテーマに掲げている
「大人のバレエ=エレガンス」
エレガンスとは【そぎ落として行く】と言う意味も持ちます。

初心者の方が安心して習えるクラスから
経験者の基礎力&テクニカル向上、ボディメンテナンスまで
現役ダンサーが分りやすく指導しています。

レッスンは予約制のものと、オープンクラスがございます。
予約制クラスは、当日の場合クラス開始2時間前までにご連絡ください。

Kayano Ballet Studio HP

お問い合わせは→こちらから




Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ