「バレエに見えること」

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日3月に踊ってもらう、花ワルの振付が一応完成!
今日も朝から、別パートの振付に向かいます。

今回子供達も含めて、全部創作振付中ですが
「バレエに見えること」を大切にしています。

バレエに見えるってどゆことかな・・
綺麗に見えることかな・・
様(様子)や型が、バレエに見えることかな・・

そういった漠然たるきもちは
きっと誰にでもあると思いますが

自分の身体で覚えた型や形を
振付の中で活かし
音楽に乗りながら踊ることじゃないかな
と、私は思っています。

音楽家さんたちとお話していると
私達がミストレスの先生から受ける注意と
実は少し違った目線から
踊り手を感じてたりすることがわかります。

コール・ド・バレエを踊る時
「揃えて~~~!!!!!!」とか
バリエーションを踊る時
「もっと音を溜めて!」
という表現をされたことのある方
いらっしゃると思いますが
※バレエの指導用語アルアル

音楽を奏でる側は
そういった私たちの動きを
意外なところから見て、
そしてタイミングを計ってるんだと。

それを知ってからは、子供から大人まで
音に対して、とても細かく伝えてます。
するとね、次第に
”バレエを踊ってるように見える”んです。

型の注意ばかりされたり
技術の注意ばかりされたりしたことで
踊ってる心は、いったいどこへ・・と言った時期が
私にも沢山ありましたが
それを解決してくれたのも、音楽の聴き方を変えたことでした。

踊りを助けてくれるのは”音楽”だから
しっかり全身を使って、聴き取って
そして周りと助け合いながら
踊ってほしいと思ってます。

ちょっとホッとしたところで
久々にウェアやシューズを新調しました。
やる気モチベーションのアップになるなぁ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

★★★

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※1月のレッスン可能日を載せています。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中