振付についてのツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日から3月の舞台振付・花のワルツを開始。
グランドバレエでは人数を要する振付を
ごくごく少人数でまとめると言う、大胆チャレンジちゅう。

バレエの舞台って、こうあるべき
バレエの舞台は、こういう場所で踊るべき、
と言った、これまで自分が教わり、体感してきた概念にこだわらず
かといって、奇をてらうわけでもなく・・

見てて楽しい!と思うものを目指しているので
基本的に沢山動かしてます。
.
.

今は老人ホームへ慰問したり
学校の体育館で、旅公演が見れたり
(そのための、セッティングはとても大変ですが)
出来るだけ身近で、観る機会を、と
考える人が多いなぁと思う。

でもやはり、これまでの舞台経験があるからこそ
アレンジができるので
参加してくださる方には、色々なヒントやコツを
惜しみなく与え、一緒に創る時間を過ごしていきます。

クラスレッスンが基礎を中心に
感覚や体を創っていくとすれば
リハーサルは、そこから更に一歩先の
実践をする機会です。
私が想うに、
クラスレッスンとは、また別のもの。
観てもらうことで一旦昇華された状態になり
そこから、また新たな一歩が始まります。
これが、癖になるんですよね♪

photoby KIyonori Hasegawa

※正直、昔の方が必死に創ってた感・・・^^;

★★★

★12月限定★
入会金¥1,000オフ!キャンペーンを行います。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※12月のレッスン可能日、少し改訂しました。

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ