言葉と記憶力について思うこと、のツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日の記事を書いたあと
(そして、幼稚園バレエだったのもあり)
またまた、子供たちを観察する機会に恵まれました。
なので今日のは、昨日の続きと思ってみてくださいね。

私が教えている幼稚園バレエは、幼稚園の子と
保育園の子が混じって受けてくれてます。

あるクラスで
「普段お父さんやお母さんから、
本を読み聞かせしてもらってる子
どのくらいいるのかな?」と尋ねると
その割合が半分半分でした。

そして、偶然なのかもしれないけど
「普段から余りお話聞くのが、上手じゃないな・・」と
感じていた子が、読んでもらってない・・・・^^;

ありゃー・・・・
うーん・・・
やっぱりー・・・(私の心の声)

読み聞かせって、「子供とのコミュニケーション」
と思われてるのかもだけど

言葉はそもそも「音(おと)」なので
読み聞かせは”音を拾う力を付ける習慣”になるんですね。
しかも小さい頃は、自分が安心する相手から
本を読んでもらうことで
「聞こうとする姿勢」が自ずと身に付くんだろうな、と
色々な子供たちを見て来て、感じるのです。

話を聞いてなくても良いんですよー。
絵本なら、その絵から何かしらインパクト貰ってるから。

読み聞かせすると、子供が寝ちゃった・・と言う声があるけれど
それは安心の証拠だと思います^^

お忙しいとは思いますが
できるだけ、時間を作ってさしあげてくださいね。

今個人レッスンを行ってる年中のお子さん
その子の記憶力が、最近ずば抜けてきているのです。

子供の頃の、良い刺激は宝物

英才教育なんて、してない^^
だけど、シンプルなことを大切に与えてるだけで
めきめき!と、物覚えが良くなってる。
言葉って大切なんだなあと、つくづく思います。

バレエを教えるには、動きや運動と言った面が
強調されちゃうけれど、まずはお話が聞けること
特に小さいうちは大切だな、と感じたのでした。

特にバレエは声を使わないので
たまに音読したりすると、自分の”音”を感じられるかも。
発声も良いエクササイズになりますよ~^^

 

★★★年内いっぱい、体験がレッスンが2回できます。
体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※12月のレッスン可能日をアップしています。

 

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

KayanoBalletStudioのご案内

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中