”形としての言葉”の意味を、追いすぎない工夫

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエクラスを普段受けている方にとっては
もうご存知なことですが
バレエは毎回プリエで始まり、プリエで終ります。

なので、1時間半のレッスン中
「一体何回プリエしてるんやろ?」
な、わけです。

さて、プリエと言うと
足を開いて床を踏む、と考える方が多いと思いますが
実はもっと応用的だと私は捉えています。

プリエの意味は”折りたたむ”なので
折り畳んだ状態は全部”プリエ”だと
昔習ったフランス人の先生は仰ってた。


なのでこれも「プリエ」だし


パッセも”プリエ”と表現されることだってある。

なので、これも”プリエ”ですな。

踊る時は床に足が付いた状態から始まり
重力とのバランスで
動きが生み出されていくので

床を踏みこめる足指の力や
膝を曲げたり伸ばしたりするときの、
腿やふくらはぎの強さや
足首の柔らかさが
プリエの質を決める、一つの要素に。

プリエを行うことで、鼠径部が筋トレされ
強くなりますし
膝を曲げたり伸ばしたりする時
腿やふくらはぎの力が働くため
エネルギーが生み出される。
(だから身体が温まるんですね~)

そのため、プリエは正しい方法で!と言われる所以だけど
足を開いて床を踏む
足を開いて、膝を曲げる
だけの概念だと、
ステップに繋がるエネルギーに結びつかないのです。

アレグロが苦手
回転が苦手、と言う方も
プリエの見直しと、それに応じたプラスアルファを
していくことで、必ず改善できるはずなのです。

★いつも動きを応用できるように
指導しているので
言葉の意味を追い求め
がんじがらめになりやすいことについて
いつも不思議に感じてる私^^

もし何か響くものがあったら
一度体験においでくださいね。

 

★出演者募集です!3月に子供達と一緒に踊りませんか?

幼稚園でのミニ発表会に
一緒に出演してくださる方を募集しています。
(募集期間は11月末まで)

***************************************************************

KayanoBalletStudioのご案内

プライベートレッスンを活用しましょう
自分自身の身体の癖、動きのパターンの癖など
見直し、改善への早道になるメリットがいっぱいです。
※12月のレッスン可能日をアップしています。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中