「いつも気にして下さってる」のは それだけ見抜いてくれてる

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日自分のためのレッスンを受けていた時
先生が私の傍に寄って来られ

「背中~、背中~!」
と仰るのです。

なんだろ?と思っていたら、小声で
「だんだん(背中が)固くなってきちゃう、お年頃なのね」と。

そう言う時は大抵その場で
「にまっ」と笑うしかないのですが^^;
「んじゃ、背中が固く見えない方法、考えよー」と
またまた決意を新たにしたわけです。

.
.

↓は前屈してる写真ですが
これも背中を伸ばすエクササイズ。

背中が固い・・となると
手っ取り早いのはマッサージですが
筋肉は時間が経つと
また元の状態に戻る習性があるから

「あぁ何か固いなぁ」と感じたら
”丸くする”動きとか
”首(頸椎)から緩められるようにする
エクササイズが効くと、自分では感じています。
コツコツ、セルフケアエクササイズですね。

 

背中を注意された時
アラベスクをしていた状態だったため
もしかすると、少し肩に力が入ってるように
見えたのかも?しれません。

だけどその時の私は、とってもお腹の中のエネルギーが通り
脇の下もフンワリして
後ろに上がってる足も、
付け根から伸びてたように感じていたのに
「自分ができてる感覚と、見た目が違うのかー」
「この場合はなんでじゃー」と。

難しいのは、多人数でレッスンを受けていると
1人1人を見て回って来られてる先生が
ちょっとした見え方の角度から
何かしら指摘をされる点が多い、と言う現実があり

そこに至るまでのプロセスは
自分で確認しつつ、信じて動くしかないのですが
私の場合は、本当にちょっとした点を
よく指摘されるので

「いつも気にして下さってるな」
と、捉えています。

でもね、これをまた違う先生のクラスに行くと
全く指摘されなかったりもするし
違った目線からのアドバイスを貰ったりするため
凹むことはまずありません。

多分、大人でバレエを習ってる方の殆どは
「その一瞬」に言われた一言をとても気にして
「私の何ができていないんだろう」と
想いを巡らされることが、多いんじゃないかと思います。

私のクラスでは、目の届く人数でのレッスンなので
その方の動きのプロセス全体が、見通せます。
その方の癖として出る部分(改善した方が良い時)と
動きとして良くなってる点が
指導してる私も、実感できるのですね。

なので、相手を見る時の角度も気にするし
何か「?」と感じたとしても
暫く様子を観察してから
アドバイスするように心掛けています。

人数が多いクラスほど、教える側も大変になります。
人数分の情報が目に飛び込んでくるし。
それなりに動けてる人が集まっていたとしても
誰を基準におくかで、限られた時間内で
伝えたいことを、考えなきゃいけない。

「いつも気にして下さってる」のは
それだけ見抜いてくださる眼力と
集中力をお持ちだと言うことです。

「余り普段何も・・・」と感じる方は
ご興味あれば、ぜひ一度体験においでくださいね。
または個人レッスンもできます。

★出演者募集です!3月に子供達と一緒に踊りませんか?

詳細含め加筆しました。(募集期間は11末まで)
ぜひご一読ください。

*******************************

KayanoBalletStudioのご案内

大人のバレエはエレガントに美しく踊りましょう。
★スタジオ受講生募集中★

【初心者さん歓迎のバレエベーシックコース】
木曜日19:00~20:30
基本をまず押さえましょう。
知らなかったことが分かると、踊りがもっと楽しくなります。

プライベートレッスンのご案内
※11月のレッスン可能日をアップしています。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ