「見た目の注意」と 「自分自身の注意」

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエの先生の注意の仕方は、ある意味独特です。

「もっと内側使って!」

「体の中から外に向かってエネルギー出して!」

「おなか引き上げて、骨盤真っ直ぐ!」

などなど。

私も自分のレッスンの際に、注意を受けることありますが
教えている先生側からの「見た目の注意」
受けている側からの「自分自身の注意」
二つがあると、いつも感じています。

そしてその二つは、中々合致しない!

例えば(私にとって)よく有ることですが
細やかな部分
(例えば第三の目の部分=額や、手足指の感覚など)
に意識を置いて、クラスレッスンに臨んでいるとします。
※私が受けている側の立場の時

細やかな所に意識を置くと
普段よりも「動きは若干大人しめ」になりがち。
だけど決してサボってる訳でもないし
意図して、そうしてる訳でもない。

ただ、見た目の注意をする先生からは
「もっとエネルギー出して!」と、仰る訳です。

そういう時に、ふと一瞬
「え、なんで?」と思う自分も正直居ますが(笑)
その一歩先を読んで
「いつもやれてる事の上に、自分自身の注意を乗せれば良いのかな?」
と、考えるようにしています。

教える側として、正直な事を書いてしまうと
クラス指導中、私が注意を細かくすることに対し
不満を抱いて辞めて行く方も、いらっしゃいます。
それは

「今まで私が教わって来たことと、違うこと言ってる」
等の様な「自分自身の注意」が大切な人は
言っても余り聞いてくれないし、馴染もうとしない。
(これも意図してる訳じゃないのが分かるけど
多分、自分を変えられないのかも)

決してその人を否定してる訳でも無いし
むしろ向上させたいと思ってることでも
ネガティブに考えてしまうことは、人間なので大いに有り得ますが
その一歩先を読む、のは
大事じゃないかなと、思うのですよね。

好きにしていいよ、は
非の打ちどころが無いか
それとも見る価値が無いか、のどちらかです。
(厳しいかもだけど、これはホント)

☆こちらは先日彼さんから頂いたウェア。
これを着るようになってから、更に注意され度がアップ!^^;

バレエは美を探究する踊りですから
ほったらかしで勝手に美しくはなれません。

言葉の中にある、一篇の愛情を感じ取れるなら
相手の言葉を尊重しながら進んでいくことで
いつか『守破離』の境地へも行けるかもしれないですよ!
(私もそれを目指してます^^)

本日のクラスもぜひお待ちしています。

★10/13(日曜日)のレッスンは
台風19号の進路次第で、検討します。
金曜日辺りにこちらのFacebookページ(ブログ含む)
スタジオ生の方へは、連絡網にてお知らせいたします。
引き続きぜひチェックをお願いいたします。

 

********************************************

KayanoBalletStudioのご案内

心と身体を繋げて、バレエをもっと楽しく!
★スタジオ受講生募集中★

10月は体験が2回可能です!
10月からの受講料&作品クラス復活!
【個人レッスンだからこそ、効果的なこと】

【初心者さん歓迎のバレエベーシックコース】
毎週木曜日。バレエ未経験の方から、基礎を見直したい方まで。
基本のキ、見直しましょう。

体験レッスンや個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中