リカバリー意識を大切に

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

9月に入ったのに、まだまだ暑い日が続いて
冷房がまだまだ手放せません。

寝るのが一番のリカバリー(回復)と言います。
まず眠れないとね、身体の疲れは取れないですよね。

人の身体って、動かすように出来てます。
動かなくなると、そこで滞りが起きる。
でも動かし続けていても、疲労はするので
自分で手当て(ケア)する意識は欲しいもの。

レッスンに来られてる方で
座骨神経痛に悩まされてる方が、地味に多いのです。

普段座ってお仕事されてるから、ですが
腰椎に体重がドン!と乗った状態の姿勢が、長いわけです。
バレエのレッスンに行った場合
まずは腰や座骨周辺を動かして
滞りを解消しなきゃいけないのに
肝心な部分をほぐさないまま、レッスンに突入して
結果お腹を固めてしまい、肝心な部分は固まったままになってる。
(時間が無いと言うのも、ひとつの理由にはなるけど
身体を緩めて行くための考え方ができたら、そうはならない。)

そんな状態を見ちゃうと
あれこれ効果のあることを伝えたくなっちゃうし
実際にも伝えるけれど、固まってる状態の方が強すぎて
バレエよりも、もっと前の段階のことをしなきゃねと思う。

でも皆さん、踊りたいじゃない?
身体が痛くても、楽しい気持ちを味わいたいわけで。

それだったら、リカバリーに
もっと目を向けて欲しいと切に思う。
そして、世の中に沢山出回ってる
「上達のためのテクニック」みたいなのは
身体が吸収できる状態で、行える状態にあるから
効果があるんだ、と気づいてね。

 

この姿勢を取るに至るまで
数段階経てから、私は行ってます。
背骨が柔らかくなるだけで若返り!(笑)

エクササイズ指導をご希望の方は
ご連絡お待ちしています。⇒個人レッスンのご案内
2名までのセミプライベートも可能です。

*********************************************

年齢問わず、バレエが上達したい人を応援しています。
★スタジオ受講生募集中★

★【初心者さん歓迎のバレエベーシックコース】
毎週木曜日。バレエ未経験の方から、基礎を見直したい方まで。
基本のキ、見直しましょう。

★バレエ作品から表現を学ぼう、のクラス
9月の日曜日に行っています。
普段のレッスンと、バレエ作品がより近づくための
ヒントが満載です。

体験レッスン、個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ