良い学び方をすることのツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。
KayanoBalletStudioを主宰しています。

暑い暑い!
暑い中、学びに行きました。
学びに行くのは、自分のためでもあるけど
クラス中にハテナが飛び交う、生徒さん達のために。

敬愛するのぶさんのブログ「ピラティス&バレエ」を終えて☆

良い教え方の人を探すのではなく
良い学び方を、自分がすれば良いんだよね
良い学び方をしてると、自分の知りたいことを

教えたがる人が現れる

昨日の記事でもちょこっと触れましたが
バレエを習うことで、何かしら”淡い期待感”を
持ってる方、大変多いと感じています。
でも、教える側が何を伝えているのか
日本語なのに分らない。
また自分の体のことなのに
どう取り扱って良いかが分らない。

ここからは、私見ですが・・
↓ ↓ ↓ ↓

「稽古場の空気を整える」と言う意味合いもあって
厳しめな伝え方や「言い切る」指導法の中
バレエクラスは、進行することが多いです。
バランスを取る時にグラグラした時
「お尻締めて!しっかり立って!」と言う表現を
聞いたことのある方も、きっとおられるでしょう。

.

するとレッスン中の先生の掛け声によって
身体のあちこちを無意識に”締めて行く”ようになったり
クラスそのものの空気が固いため
無理なアンデュオールを、作りだしたり。
(それに負けないメンタルを、と言うのも
ちょっとまた、別な気がする・・・)

身体を痛めるのは、どこか無理があるからですが
やりにくいことも、させてしまうのが”脳の思考”。
脳に体を支配させないためにも
身体の機能を知ったほうが自然だし、現実的。
頭から納得させちゃ、ダメなのです。
メンタルの部分は、前を向くために
整えていられれば大丈夫。

バレエが好きで、長く踊り続りたくて
ずっと身体のことを探究していたら

良い教え方の人を探すのではなく
良い学び方を、自分がすれば良いんだよね
良い学び方をしてると、自分の知りたいことを

教えたがる人が現れる

ここに辿りつけた。

ナゼそれが正しいと思うか?
先生が言ってるから正しいじゃなく
自分の目で見た実感!でもない。
機能と方法のマッチングが 一番効率的で、確信に繋がるもの。

さて、ハテナが飛び交う方が
「分かんない・・」と言うお顔から
変わって行けますよう、今日もクラスに務めます。

********************************************************

年齢問わず、バレエが上達したい人を応援しています。
★スタジオ受講生募集中★

★【バレエベーシックコース】好評をいただいています。
体験レッスンできます。
月謝制クラスですが、チケットでの受講も可。
基礎の見直しをじっくり楽しく。
基礎は範囲がとっても広いです。

体験レッスン、個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。
都内を中心に大人のバレエ、近県の幼稚園で子供のバレエを指導しています。

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ