「骨盤は、骨のパンツ」

Kayano Ballet Studio主宰
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

レッスン中に時々する、たとえ話。

「骨盤は、骨のパンツだよ~~~♪」

ちょうどパンツ(ショーツ)を履く位置にありますもんね^^

ショーツの中に仕舞って有るものは
下腹部やお尻、排泄する場所。

引き上げと言うのは、骨盤のパンツのちょうどすぐ上を
(場所で言うとお臍の下)
意識して、いつでも持ち上げられる状態にしておくこと。
(取っ手が付いたかごを持ち上げる、と言うイメージも良いかも。)

そして、骨盤のパンツの外(太ももの外側)には
大腿骨頭があります。
皆さん、大好物の”ターンアウト”をし易くしてくれる部分の1つ。

お菜箸で言うと、長い柄の先端(食材を摘まむ場所)
が足になるから、持って動かす部分ですね。

この部分を意識して、動かすようにしていると
引き上げる感覚は、おのずと身に付いてきます。

難しいのは、骨のパンツ(骨盤)の中の下腹部は
いつも同じ状態ではないこと。
冷えやすいと、ちょっとぽってりしたり
便秘気味とかガスが溜まりがちでも重くなるし
女性の場合、生理だと本当に重たいし。
そして、お菜箸の持つ位置も、腿が張っていたりすると
動かしにくい。

中々「これがベスト!」と言う状態に
いられないのは、そういった理由もありますね。

引き上げが、全てにおいて万能ではない。
そして良い状態にするためには、普段からの気づきも必要です。

この説明をすると
「分りやすい!」と言って下さる方も居られるのですが
文章で伝わったでしょうか?^^

こんな説明満載のレッスンやってます♪

 

****************************************************************

レッスンスケジュールはこちら

6/23(日)ポワント見直しレッスン行います。

★5月より【初心者さん歓迎の、バレエベーシックコース】スタート
初見の方は体験レッスンできます。
月謝制クラスですが、チケットでの受講も可。

6月中、土曜日新宿御苑前スタジオでの
10:30~11:30セルフケアエクササイズ
11:30~13:00バレエクラス
継続受講で体験される方は、2クラス¥5,000で受講できます。

 

体験レッスン、個人レッスン
WS等のお仕事依頼は
問合せフォームからお問い合わせください。

★6月より料金改定しました。
個人レッスンのご案内

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。

バレエ解剖学や、コンディショニングの知識をクラスに取り入れ
身体を整えながら、音の取り方、身体のコーディネーション等を
大人からでも改善できるように、お伝えしています。

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村