My コンディショニング方法

KayanoBalletStudio主宰
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

体調を崩してレッスンに行けない時や、クラス指導前など
おうちで独自メソッドのエクササイズを行っています。

内容は、ピラティス、ヨガ、ミツバテクニック
フロアバレエ等々まぜこぜにして
はむっと小腹が膨れるくらい食べる感じ♡

長い時は2時間近くやってしまうけれど
おおよそ1時間が目安です。

私の場合、身体が固くなるなぁ・・と感じるのは
事務作業を頑張った時以外に
休日など外に出掛けてあちこち行くのも、実は固くなりやすい。
歩き回るせいかな。

私がコンディショニングが好きなのは
よりよく動ける状態に整えたい、解放感を味わいたい
と言う気持ちがまず先にあります。
ストレッチしながら、だら~~・・と言うよりも
呼吸法を取り入れながら、固く感じる部分(座骨~ハムストリング周辺他)
を見つけながら、縮みやすく固くなりやすい場所ほど
よく動かすことをしています。

以前受けた初級クラスで
レッスン前、たっぷりストレッチしてくれたのだけど
むしろ身体が重たくなり、そしてまとまらない感覚に。
きっと伸ばそう、伸ばそうとした反動が大きく
どーんと重たくなってしまったんでしょうね。
(それ以来、そのクラスには行かなくなってしまった)
自分には必要ない、と感じたので。

身体が固いのは、動かしていないから固いので
そこを動かすようにすると、スムーズに動くようになりますよ。
ギュッと固く締まった瓶の蓋のようになってる関節を
軽い力で、するすると開けられるように軽い状態にする。

先に型にはめるんじゃなく
緩ませて整えてから型にはまる感覚は
休まざるを得ない時ほど分かりやすいかな?
と個人的には思います。

バレエのレッスンで「固めるな」と言う指示は
どうしても強い力を使わざるを得ない動きがあるからで
そこまでは、締める⇒緩める、の繰り返しです。

だけど、型への指示でがんじがらめになってる人達は
”先生から言われたから、こうせねばならない”
”これが正しい方法だから、これができねばいけない!”
と言う思考パターンだから
自分が整った状態の感覚を掴まないまま
動きに入ってるんじゃないかしら。

コンディショニング方法を知りたい
覚えて家でも出来るようになりたい
なによりまずは体感してみたい方は、
土曜日10:30~11:30セルフケアエクササイズ@新宿御苑前スタジオ
受けにきてみてくださいね。
お時間が合わない場合は、個人レッスン指導もできます。
(個人指導の方が、効果が出やすいです)

 

 

************

レッスンスケジュールはこちら

★5月より【初心者さん歓迎の、バレエベーシックコース】プレスタート
初見の方は体験レッスンできます。

★レッスン参加や、個人レッスンへのお問い合わせ
お仕事依頼は、問合せフォームからお気軽にお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。

身体に意識を向けることを分かりやすく伝え
そして楽しく上達できるレッスンを、行っています。

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村