自我を見守ることのツレヅレ

KayanoBalletStudio主宰
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

週に1度の幼稚園バレエの日。
初夏の時期、子供達はまるで草木のように
すくすく大きくなります。
「あれ~先週よりも、大きくなってる気がする!」
子供たちの、生命パワーを感じます。

身体が成長すると、心もそれなりに揺れ動く。
自我が出てきて、自分の知らないことや
分からないことに対しては、ちょっと疑ってかかったり
やりたいのかやりたくないのか、態度がはっきりしないことも。

多分、過去の私だったら
かなりきつく叱ったなあ。。。。。。。。。
今は叱らない訳じゃないけど(最終手段)
言って聞かせる
様子を伺う
とにかく動かせる

子供は自分の好むことには熱中するけれど
ネガティブなことは嫌うもの。
そういう点では、子供たちの方がスーパーポジティブ。

「やりたくない!」と言わない限り
本当はやりたいの。だけど、自分にとって
好きじゃない(ように感じる)ことも一緒だから
くねくね、うだうだするんだもんね。

大人になるにつれ、我慢を覚えて行くから
嫌なことも我慢してやる。
だけど、我慢は解決策ではないから
溜め込むと大変だし
何かをきっかけに、全て嫌!と投げ出してしまったら
そこでおしまいになりかねない。

昨日、14年間バレエクラスを開講していた近くで
とても痛ましい事件が起きました。
よく知ってる場所だけに、とても驚き
そして悲しかったです。

愛情をかけてもらえることは
自我を見守ること、でもあって
そこが多分「自分のことを、大切にしてもらえてる」
と感じる部分なのかも。
だから叱られても、相手を信じられるんだもんね。

★幼稚園バレエは、千葉県習志野市にある
大浜幼稚園にて行っています。
現在年中さん~のレッスン生を募集中です。

************

レッスンスケジュールはこちら

★5月より【初心者さん歓迎の、バレエベーシックコース】プレスタート
初見の方は体験レッスンできます。

★レッスン参加や、個人レッスンへのお問い合わせ
お仕事依頼は、問合せフォームからお気軽にお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。

身体に意識を向けることを分かりやすく伝え
そして楽しく上達できるレッスンを、行っています。

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村