進んで良いエネルギーを貰いに行くこと、のツレヅレ

KayanoBalletStudio主宰
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

体調を崩した後には
復帰するための、リハビリが必要です^^
目安にしているのは
「歩きたいと思うか」「出かけたいと思うか」
の状態を大切にしています。

昨日は一般社団法人日本バレエ団連盟主催の
ローラン・フォーゲル氏の公開レッスン見学に
都内のバレエ団へ伺いました。
ローラン・フォーゲル氏は、モナコの
プリンセス・グレース・バレエ・アカデミーの教師をされています。

とても分かりやすく的確な説明
美しい見本と手本の見せ方
指導時に指摘されるボキャブラリーの発想は
まるでのぶさん(個人的意見 笑)。

バレエ団の方達、公開レッスンと言うこともあり
最初緊張されてた様子でしたが、レッスンが進むにつれて
どんどん花開いて行く様子が伺えました。

レッスン後
「バレエを踊ることに対して
必要と感じていることはなんですか?」
と言う質問がありました。

それに対し
「まず教育です。規律も大切だけど、お互いを知ると言うことが大事。」
と、答えられていました。

規律をまず重んじ、古典をリスペクトして学んで行くうちに
いつかアーティストの域に達したら

自分がどんどん自由を感じられるようになるんだよ、と。

身体が元気だったら、レッスン受けてみたいわ♡
と感じたぐらい、美しいムーヴメントを生み出す上半身のコーディネーション。
クラスを観るだけでも、レッスンしたのと同じぐらい
脳には刺激を与えると言いますから
これも良いリハビリの1つだよね♡
普段中々行けない機会に、思いがけず臨めたと思います。

その後上野の森美術館へ。
時代~立木義浩写真展

逆光になってしまいましたが
写ってる方達は、故夏目雅子さん、故大原麗子さん他。

昭和~平成時代の大スターや著名人の写真が
まず1階のフロアに、ビッシリと並び
2階は海外でのスナップや、1970年代のフォトなど。
熊川哲也さんや、首藤康之さんの写真もありました。
そしてどの写真も、強烈なパワーに満ちていました。

立木さんは雑誌ananの創刊号の表紙を撮られてる方でして
この時代のファッションにとても憧れた頃があり
(私の大好きなジャンルなのです♡)
ワクワクして、観ることができました。

ふと「日本人はシャイで自分を表現するのが苦手」と言うのは
嘘なんじゃないかな・・・と。
なぜなら写ってる方達の写真、皆活き活きしているもの。

故夏目雅子さん、ふとした表情がとてもチャーミングで
こんな表情する人だったんだ
なんでこんなに早くに亡くなっちゃったんだろうとか

故大原麗子さんの色っぽい眼差しを
子供の頃、吸い寄せられるように見てたな
今は良い大人になっちゃったのに、この人達とは
醸し出せてるものが違うじゃないか・・^^; と省みたり。
そして山口百恵さんの未公開写真の特大パネルが
美しくて美しくて、何度も観に戻りました。

不思議なことに、この写真展を見た後
身体の重たかった部位が、スッと軽くなり
「なんか元気!」に。
きっと、良いエネルギーを貰い
私の周波数と、合うものだったんだろうな。
と言うことは、私の周波数も強烈なのだろう、多分 (笑)

今週からのレッスンも、どうぞお待ちしています。

*************

レッスンスケジュールはこちら

★5月より【初心者さん歓迎の、バレエベーシックコース】プレスタート
初見の方は体験レッスンできます。

★レッスン参加や、個人レッスンへのお問い合わせ
お仕事依頼は、問合せフォームからお気軽にお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。

身体に意識を向けることを分かりやすく伝え
そして楽しく上達できるレッスンを、行っています。

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村