エネルギーは爆発?よりも、まずは綺麗に出してみよう

KayanoBalletStudio主宰
バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

今日は昨夜フッとツィートしたことを
記事にしてみました。

踊れる機会があるのは、とても有難いことです。
最近は「誰かに遠慮しながら行う」
ことをしなくなりました。
ま、もう・・当然のことなんですけど^^

舞台は数十人集まった時点で
様々な人がいます。
オーディションで集まった舞台であっても
踊りたい人達が集まったものであっても。

必ず中には、周囲を引っ張れる人が居てくれるから
影響を受けながら、本番まで練習が進められるんですね。

謙虚な方は
「周りの人が上手なので、一生懸命合わせます」
と仰ることが多いです。
(ん・・・・と感じることも、実はよくある)
誤解を受けないように、伝われば良いのだけど

周りに合わせること、が本来のやるべきことじゃなく
そのポジション、与えてもらった振付を
精一杯こなしているから
だんだん周りと、呼吸が合ってゆくんです。
自分の技術面での未熟さや、
もっとやりやすい方法など、失敗したり
間違えたりして、直していくものだから。

そして自分の持てる力を出し切り
丁寧にこまやかに
細部までエネルギーを漲らせてやれたら最高!だけど
自分が持てる力、まだ出しきれる状態をまだ知らない人達は
今の状況が、最高の持てる力だと感じちゃうのかも。

場の空気を感じるのも、とても大切で
自然と上へ引っ張り上げられる環境で鍛えられると
ずっと誰かの後ろに居て、安心している人は
最終的に取り残されてしまう。
すると、1人ずつが出してるエネルギーがバラバラになり
作品が生きなくなる。
それは、とても勿体ない。

様々な技量、年齢層、経験
それらを指導する側は、まるっとまるごと受け止めて
振付をされて、リハーサルを進め
そして全員を向上させられるように工夫し
期限のある日まで、高めて行こうとしてるんです。
それは、きっと感じてるはずだし
応えようとするよりも
まずは素直に、エネルギー出すことじゃないかな。

どの時点から?と言うと
スタジオに入った時から^^
「ここはそういう場所なんだ」と、開き直ってやってみましょうね。
それが舞台で、大きく花開く元になります。

ピエール・ダルド氏振付のアラビア。最高に楽しかった。

************

レッスンスケジュールはこちら

★5月より【初心者さん歓迎の、バレエベーシックコース】プレスタート
初見の方は体験レッスンできます。

★レッスン参加や、個人レッスンへのお問い合わせ
お仕事依頼は、問合せフォームからお気軽にお問い合わせください。

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら

大人のバレエはエレガントに美しく。

身体に意識を向けることを分かりやすく伝え
そして楽しく上達できるレッスンを、行っています。

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中