1Day ws「呼吸でもっと踊りやすく」開催レポ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。
昨日に行った1Day Wsの、開催レポを書きました。

写真が撮れなかったので、文章になりますが、
良ろしければ、最後までお付き合いくださいね。

「呼吸でもっと踊りやすく」は
呼吸のなかでも、”吐く”が苦手な人が多いため
意識してもらえたらいいな、と思って行いました。

私達は生きて行くために
オギャーと生まれた時に息を吸い
最期には、すぅっと吐いて、亡くなると言います。

呼吸で身体は、柔らかくなります。
”吸う”ことで取り入れ、”吐く”で出す。
出す度に、体は柔らかくなって行く。

私はこのことを初めて知った時「なるほど!」と思いました。
その後、ヨガやピラティスを始めた頃に
一番最初教わったのが呼吸法。
深層部の筋肉に、アプローチしてくれるのは
呼吸なんだと実感しました。

でも、バレエクラスで呼吸法を伝えても
皆さん、動きに意識が行ってしまうことが殆どで
呼吸の大切さに、余り気づかないことが多いのです。

肩甲骨や脇の下への意識が
普段から余り無いと仰っていた方は
呼吸を20分ぐらい繰り返すことにより
少しずつ、背中が動くようになりました。

いつも私のレッスンを受けてくださる方は
「踊る前、穏やかな気持ちで臨めそうです!」と
言って下さいました。

レッスンに入っちゃうと
やはり動きに意識が行ってしまいがちになり
「呼吸してる?」と聞かないといけない時が
時々ありましたが
これを自分で自分に、常に言い続けて欲しいなぁと思います。

トランペットやオーボエ、フルートやホルンなど
呼吸を使う楽器の演奏者さん達は
楽器と同じぐらい、ご自分の呼吸を大切にされています。

ダンサーの、踊る身体は楽器なのです♡
そしたら呼吸を活用したほうが
より良く踊れますよね。

なによりも呼吸のコントロールは、テクニック。
ビシッと揃った群舞のダンサー達が
舞台上で、ハァハァと肩で息していたらどうでしょう?
なんか違う・・・って思うはずだし
作品の雰囲気、ぶち壊しになってしまいます。

踊りたいなら、呼吸もマスター!^^
これからも、しつこく(笑)伝えてまいります。

★通常のクラスや、個人レッスンへのお問い合わせ
お仕事依頼は、問合せフォームからお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

***************

4月~5月の予定をお知らせします。⇒スケジュール
5/2(木)はスペシャルクラス行います。
11:00~13:00 スタジオミキ ポワントレッスン有り※予約受付中

★4/4~4/27は体験フェア★
体験料¥2000⇒¥1500にて受けられます。(1回のみ・初見の方)
※1Day ws、ポワント見直しレッスンは除きます。

体験日にご入会の方は
入会金から体験料を差し引かせていただいております。
(レッスンチケット購入をお願いしています。
使用開始は2週間のインターバルがあります。)

体験レッスンのお申込みはこちら

 

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中