嫌な時は「鈍感力」

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日の夕刻あたりから
SNSのタイムラインで、嫌がらせがありました。

私のブログ記事が
コミュニティ規約違反と報告されまして
私以外、表示されなくなったのです。6記事もです。

理由が分からないまま
おしおき食らってる状態なんですけど
(そのうち戻るだろう・・と思っていますが)

ブログはかれこれ2005年から書いていますが
嫌がらせがあったのは一度や二度ではありません。

初期の頃のブログには
HPに載せていたレッスン内容についての不満が
ビッシリと書かれたコメントが有ったり
私の考えていることに対して
気に入らないと思ったことを書いて来られたり。

ブログですから、嫌だと思ったら
見なければ良いのですよ。
あ、この人私と意見違うんだなーとか
なんかチクチク刺さること言うんだな、と思ったら
読みに来なければ良いわけで。
または、読んでも忘れちゃえばいい。
だけど、それが出来ないのだなと感じています。

発信することについて
私のように、嫌がらせを受けたりすると
大抵の場合
「そんなに自分の意見を表沙汰にせず
大人しくしておけばいいのよ」と言われます。

波風立たせずに、ことをやりすごすためには
有効な方法だと思いますが
それは私の選択肢にはないもので

なぜなら、子供の頃から
理由なき虐めを受けたり
嫌がらせをされたりすることが多く
その度に悔しい想いをして、もっと強くなろう!
と思って生きてきたからです。

大人になってから「強くなる」と言うのは
寛容になったり、時にはスルーすることであり
相手に対して壁を作り、自分の本心を見せないと
言うこととは全く違うのだ、ということが分かりました。

例えば、バレエの世界にも
嫌がらせはあります。
だけどそれに対し、ビクビクして反応するよりも
いかにスルー出来るか。
そして自分がされていることに対し「嫌」と言えるかどうか。
まず自分で自分を守る方法を知る。
その一つの方法として「鈍感力」が有ったりします。
(確か吉田都さんも、鈍感力について
述べておられたことがあったと記憶しています。)

でも私の場合、鈍感力、全く発揮できてないけど(笑)
自分がされていることに対し「嫌」は言います。

今日は全然明るくない記事で、ごめんなさいm(__)m

今日は楽しみにしている、学びがありまして
その後夜のレッスンもあります。
皆様スタジオにおいでくださいね。

 

★個人レッスンでは、バレエの上達や向上について
アドバイスすると共に
何か引っ掛かってる点を探り
善処していける方法を、見つけます。
まずはお気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせフォームはこちら

***************

4月~5月の予定をお知らせします。⇒スケジュール
5/2はスペシャルクラス行います。

★4/4~4/27は体験フェア★
体験料¥2000⇒¥1500にて受けられます。(1回のみ・初見の方)
※1Day ws、ポワント見直しレッスンは除きます。
レッスンの感想をくださるかたも、同時募集しています。

体験日にご入会の方は
入会金から体験料を、差し引かせていただいております。
(レッスンチケット購入をお願いしています。
使用開始は2週間のインターバルがあります。)

お問い合わせフォームはこちら

通常クラスのご案内
新宿御苑前スタジオ&代々木
武蔵小杉で開催中。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村