丁寧さは、高度なテクニック!~バレエで美しくなる方法

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

時々拝読している、のぶさんのブログ。
ここから昨日は、とっても大きなヒントを見つけました。
『繊細な意識、丁寧な動き』

たとえば、私は昔、母やバレエの先生から
「がさつな子ね!!!」と叱られることが多かったです。

もっと丁寧にしなさい。
もっとこまやかにやりなさい。
適当に手を抜かない、もっとできるはず。
.

.

うーん・・・
子供の頃って、面倒くさがり屋で
「まあ、もう良いよね、この辺で」と、なりがちだったかもしれない。
部屋も片付けるの、苦手だったし。

だけど大人になり、周りにすごいなぁと思う人が増えたお蔭で
それに感化されて、自分の”がさつさ”を変えてきた。
今の私が丁寧だとか、こまやかだと言われるのは
全部、他人様のお蔭なのです^^

でも、最近まで
丁寧さや細やかさと言うのは
その人の性格上の問題だと思っていた。
だから頑張って
”良くないと感じてる自分を変えてきた”のだけど

のぶさんの記事を読んで
これは、とても高度なテクニックではないか!!と
思いました。

丁寧に動かそうとするのは大事だけど、

そんな小さくて、ちょっとした力で

クニャっと動いてしまう骨たちを

適度な力で思い通りに動かすのは

達人レベル。

なかなか意識してもできるもんじゃない。

 

まずは「動かそう」とすることよりも

「ちゃんと止めれるかどうか?」の方が

意識をはっきり向ける練習になる。

(中略)

あと「意識して止める」で

一番難しいのは「目」

 

この「目の動き」

完全に理解して

完璧に止められるようになれば

腹筋のコントロールすら完璧になる。

 

目の動きを止めるとは

「見る」という感覚を完全に遮断して

「考える」という意識を捨てる

ぐらいのハイレベル。(ブログから引用させていただきました)

普段意識せずに動いているものを止める、と言う
何ともハイレベルな、遊び(笑)
だけど、これがコントロールの原点なのだと。

確かに落ち着きのある人の周りは
そこに流れる時間が、止まってるように感じる。
これが身に付けられると、とても強力な武器になると思いませんか?
私はそう感じましたよ・・^^

 

こういう考えで、日常のものごとにトライしてみると
本当に、周囲が違って見えます。
私は昨日クラスで試してみましたが、とっても新鮮でした。

一旦気づきが生まれたものを
1回限りで使い捨てするのは、勿体ないと思います。

丁寧さ、と言う細やかさが
自分の中の”当たりまえ”になると、
そこから「実は丁寧なことが好きだった自分」が、顔を出してくるしね。

ぜひ試してみてくださいね。

Photo By Kiyonori Hasegawa

*************

4月の予定をお知らせします。⇒スケジュール

★4/4~4/27は体験フェア★
体験料¥2000⇒¥1500にて受けられます。(1回のみ・初見の方)
※1Day ws、ポワント見直しレッスンは除きます。
レッスンの感想をくださるかたも、同時募集しています。

体験日にご入会の方は
入会金から体験料を、差し引かせていただいております。
(レッスンチケット購入をお願いしています。
使用開始は2週間のインターバルがあります。)

お問い合わせフォームはこちら

通常クラスのご案内
新宿御苑前スタジオ&代々木
武蔵小杉で開催中。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中