鈍感力も磨こう ~バレエで美しくなる方法

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日は3年ぶりに、レッスンに来てくれた生徒さんを指導し
久しぶりに、濃い時間を過ごしました。
彼女が小学校の頃から教えていたので
久しぶりに会って、成長したなーと感じました。

濃いといっても、最近の私はビシビシタイプじゃなくて
表現に繋がることを、沢山伝えます。
なので、昔の私を知ってる人は
「今、全然違う・・」とビックリするようです(笑)

なぜ厳しめにやっていたかと言うと
自分もそうされてきたし、それが当たり前だったから。
だけど、厳しさを通り越し
今で言う、ややモラハラ的な指導を
過去にされてきたことがあるのも事実。

たとえば、覚えの悪い子に対して
ついキツく言ってしまうとか

少し反抗的に見える子に対して
その子自身を否定する言葉を、発してしまうとか

もしくは、自分達とタイプが違う人には
少し嘲笑的な態度で接するとか
(これらは全部、自分がされると嫌なことと分っているのに)

相手にしてしまう、と言うのは
自分も過去にされてきた経験が
あるからなのかな、と思う。
でも負のループは、自ら断ちきらないとね!

私も言葉、きつかった時があるけれど
でも今は本当に、そういう言葉が言えないの。
叱る時には叱るけど。
だけど、相手の人格否定って??と思います。
相手を服従させても、問題解決にはならないし。

グングン伸びる人は
瞳に、キラキラとした輝きがあります。
瞳の輝きを引きだすのに、どうしたら良いかは
本当は誰でも分かるはずなのにね。

3年ぶりの生徒さんは
高校時代、バレエをメインに学べる学校に通い
楽しかったけれど、けれど先生達の
言葉のキツさが辛かったと言い
けれど海外から来てくれる先生達は
本当に皆を尊重してくれて、全然違うなぁと感じたそうです。

.
ここで、海外と日本の違い、と言ってしまうと
角が立っちゃいますが
今やフィジカル~メンタルケアまでサポートしている海外事情と
少なくともまだまだ”根性論”が残ってる場所とでは
違いが浮き彫りになって、当然じゃないかなって思います。

「ある意味、鈍感力が必要だね」と言うと
「そうなんですよ!」と、19歳の彼女が
「本当にそう思います!」と大きく頷いてました。
今は思い切り楽しく、大学で踊りを満喫しているそうですよ。

さて、3月も終盤になってきました。
4月に向けて、新しいことを始めたり
再開したい方は、どうぞお待ちしています。

<お知らせ>

★ 代々木スタジオミキでのレッスン時間
4月から19:00~に戻します。
そしてレッスン内容も、少し改編予定です。
近日中にお知らせします。

****************

 

3月のスケジュールはこちら

★3/2~3/30は体験フェア★
入会のご意思がある方、ぜひおいでください。
私に会ってみたい、と言う方も歓迎です。
体験料¥2000⇒¥1500にて受けられます。(1Day wsは除く)

体験日にご入会の方は
入会金から体験料を、差し引かせていただいております。
(レッスンチケット購入をお願いしています)

体験レッスンのお問い合わせ、お申し込みはこちらから

******************************************

通常クラスのご案内
新宿御苑前スタジオ&代々木
武蔵小杉で開催中。

個人レッスンも行っています。
お悩み、希望、お気軽にご相談くださいませ。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

鈍感力も磨こう ~バレエで美しくなる方法」への2件のフィードバック

  1. マット イエランド より:

    お久しぶりです。今回も気になりましたのでコメントをさせていただきます。今回は負のループと言うフレーズです。私も古い人間ですのでいわゆる体育会系の洗礼を受けた世代です。今の時代なら傷害事案のような事が横行していました。いわゆる「しごき」です。そんな時、一つの本に出合いました。その中で「しごきをしてもうまくいかないと、本人に成就の喜びを教えることです。他者から強制させると反発しますが、自分がしたいと思えば努力を惜しみません。」表現スポーツや芸術活動ははうまくなりたい、自分の中で、それは「今日できなかった事が明日はできること」の喜びです。私も現役時代、重度の身体障碍児の「ピアノが弾きたい」の要望でした。そこで私はポータブルキーボードにカラーシールを貼って発表会を無事出来ました。手前味噌ですが・・・、その人が気持ち良く盛り上げる環境を作るのがリーダーの責務では。気持ち良くしている心理状況では、苦言も受け入れやすいのでは。だから生意気ですが、かやの先生は確実に進歩していると確信しました。今回は上から目線でしたらお許しください、今後も期待しています。

    • かや野 より:

      いつも頷けるコメントをありがとうございます!
      今回の内容は、私が小学校の頃から教えていた生徒さんが
      3年頑張ってきた中、彼女なりに感じたこと
      そして、その3年の間に私も考え方を変えたことから
      2人で大盛り上がりしていたのでした(笑)

      バレエは体育会系な部分はありますが
      根性論はそろそろもういいかな、って思っています。
      (一抜けた!ですね)

      いつもお読み頂き、ありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中