”厳しい”と言われることについての、ツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

今日は人知れず悩んでいる(?)
厳しいと言われることについて、書いてみます。

私以前から、ある一部の方達から
「厳しい」と言われることが、あります。
厳しいと言ってくる人の特徴を見ていると
口癖は「必死にやってます。」とか「一生懸命なんです」
が多い。

私も必死になることも沢山あるし
一生懸命になることはあるけれど
教えてくれる人に対して
「厳しいですね」とは言わないです。
まず、失礼にあたるし
ま、そんなもんだろう、と思って接するから。

けれど、すぐに相手を厳しいと言わしめる方は
他の人にも、私を「厳しい」と紹介するんですよね^^;
過去は、よくその言葉で傷ついたものです。
そして配慮しようと試みたけど、どうも違った方向に行ってしまう。
こちらがどれだけ誠意を持って接していても
なんか、伝わらない。

でね、最近やっと分かったのが
「それならそれで、ええわい!」と。
開き直りと言うよりも、自分はこれだからと。

細部に意識を持つこと
自分の感覚を大切にすること
(感じる意識を持つこと)
丁寧におこなうこと
見て覚えることをまずやること

その指摘を「厳しい」と捉えるなら
そういった感性なのね、と。

「必死なんです」「一生懸命なんです」
と言う人の、気持ちもよくわかる。
けれど、そういう人は周りが見えてないことが多いのと
照れ笑いや自己卑下感に加え
羨望や、変なプライドが入り混じってるのが見えて
ねー、もっと純粋な、キラキラしたエネルギー
自分から出してちょーだい!と感じること多々。

 

私はスピリチュアルなものを、半分半分で信じていますが
無意識下の不満や不信感を持ち、接して来る人を
毛穴で感じ取ってしまう部分がありまして

”黒やグレーっぽい重たいもの”
”何となくよそよそしく固い空気”を感じると
「あ・・・離れたーい・・」になるのです。
あ、だから厳しくなるのかな・・・^^;

よく「感謝の気持ちを最大に持とう」と言われます。
来てくれるだけで、おーえらいね、
今週も来てくれた、と思ってスタジオで接する訳です。

これはあくまで私の考えなのだけど
自分のために時間を割くと言うのは、
すごーく貴重なことであって
そうすると、感謝すると言うのは、まず自分の行動に対して
「今日もよく行った」でも良いから、認めてあげることからかな?と。

来たからには、そりゃ指摘も注意もされるでしょう。
だけどすぐに厳しい、と言ってしまうと、身も蓋もなくなっちゃいます。
逆に自分を慣れさせてしまった方が、望んでる事に対して
早く届くんじゃないかな。

と、書いてるうちに、自分で答えを出せてしまったけれど
厳しいと思う人には、私は厳しく感じるだろうし
「全然~」と思う方には、そうなのだと思います(笑)

ちょっと厳しそうに見えるものを
選んでみました(笑)
Photo by Akira Nagashima

 

********************************************

通常クラスのご案内
新宿御苑前スタジオ&代々木
武蔵小杉で開催中。

通常レッスン以外の時間で、対応できます。
個人レッスンのご案内をリニューアルしました。

お気軽にご相談ください。
体験レッスンのお問い合わせ、お申し込みはこちらから

********************************************

大人のバレエはエレガントに美しく。
踊ることで、心と身体を調和させましょう。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テストをする理由、子供のバレエ ~バレエで美しくなる方法

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日は幼稚園バレエでは、初のテストを行いました。
テストをするよ、と、年明けごろから伝えていても
当日になったら、妙に緊張している子も。

テストの内容は、多角的に見たものにしましたが
設問を盛り込みすぎてしまい、ちょっと反省^^;

幼稚園バレエは、保育園からのお子さんも多く
実際のクラス風景を、中々見れない保護者の方も多いのです。
そのため、何か伝える手段として考えたもの。

動画を撮るやり方が、今は一般的だろうけど
なるほど、とは見た時は思うけれど
細部までは、私は伝わらないような気がしていて。

100%伝わるとは思っていませんが
意図を汲み取ってもらえたら、有難いです。

始めた頃はバーも無く、からだ遊び的なものが中心でしたが
昨年春に、バーを購入してもらいまして、
今は一番小さなお子さんも、バーに掴まってお稽古しています。

 

子供のうちに、まずは真っ直ぐ綺麗に立てる状態になれて
自分の感覚で、姿勢や空間を感じられる子になってくれたらいいなと
足指・足裏を使い、地面を感じることは沢山させていますが
バレエのステップを、急いで教えたりなどはしていないです。

だけど、3拍子のリズムが取れるとか
並ぶことができるとか
膝の裏~ハムストリングが固くても
背骨が今はまだよく動くから、早いうちに対策しようとか
足首が曲がらないように、真っ直ぐルルベ出来るとか
ジャンプした時に、バウンドせずに次のジャンプに移れるとか
本当に基礎を大切に、見ています。

本来は大人の方も、そうあるべきものだと思います。
足首を伸ばす感覚が掴めない状態で
沢山のステップを教えても、ホントは無意味だし
気づかせてあげてから、本人がどう変わるか、だと思うので。
でも、そこをしつこく言うと「厳しい・・」と言う方も居て
それはちょっと違うよね、と思うけど。

年齢問わず何ごとも「先生の話を聞く」状態ができていてこそなので
そこは、一番に身に付けて欲しい点です。

バレエは見た目の印象から可愛いから、と
イメージで習わせることが多いので
可愛らしさの裏にある、本来は地味な努力が必要ですよ、を
コツコツと伝えているところです。

 

 

********************************************

通常クラスのご案内
新宿御苑前スタジオ&代々木
武蔵小杉で開催中。

通常レッスン以外の時間で、対応できます。
個人レッスンのご案内をリニューアルしました。

お気軽にご相談ください。
体験レッスンのお問い合わせ、お申し込みはこちらから

********************************************

大人のバレエはエレガントに美しく。
踊ることで、心と身体を調和させましょう。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無意識下でやってることに、光を当ててみる~バレエで美しくなる方法

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日Facebookページに書いたことに
少し書き足してみます。

先日のポワント見直し講座で感じたこと。

普段から信頼を寄せてくださり、通って来てくれてる方達は
「もう少し、こんな風にできるよ」と伝えると
出来る方を選択してくれます。

それは「今までは、違った状態で教わっていた」
と言う前例が有っても、そこから一歩変わろうとしてくれる。

けれど「今まで教わったことが大事」とか
他所のバレエ教室で習っていて、普段そちらを優先している方は
「こうした方が良いよ」を伝えても
中々変えようとしないのです。
多分その場で変わったことは感じられても
普段に持って帰って、直す術を知らないのかもしれない。

「上手く行ってることはそのままで良いけれど、
上手く行かないことは変えた方が良い」と言う
とてもシンプルな、法則があります。

他所のスタジオで習ってることが、悪いのではないです。
なぜ、そこで習っていて出来ないと感じているのか
私のクラスを受けて「あ~、なるほど」と分かっても
なぜ再現できないのか。

多分無意識下で、このように感じているのかもしれません。

1つは「本気で変える気が無い」
または、出来ない自分が好き
自分で考えたり、分析したことが無い
(面倒だし、誰かが教えてくれたらいいと思っている)

無意識に思ってることに光を当ててみると
案外ヒントが出てくるかもしれません。

このブログを気に入ってくださってるのだろうな、と感じる方へ

いつも拙ブログをシェアしてくださり、ありがとうございます。
ただ頻度が、ほぼ毎回のため
「えーと・・・意図はなんだろう?」と
私自身、少し警戒してしまう部分がございます。

このブログは、毎日毎朝まず自分のために書いていて
それがバレエと言うものを通しながら、発信しています。
紛れもなく私自身の考えであり、心の内だったり
行っているバレエクラスの案内だったりします。

もしシェアしてくださるのであれば
何かご自分の気持ちや感想を、
軽く一言添えてくださると嬉しいのですが。

ほぼ毎回シェアされるのは、
それだけ何かご自身のなかで
響くものがあるからではないのかなと。
ただ、現状のままですと、
気に入った記事だから、自分のところに貰って来た
と言う風に、見えなくもないのです。
それは、私からすると「美しくない」と言うか
複雑な気持ちに、なります。

もしこの記事をお読みくださっているのであれば
コメント等は要りませんので、
私が感じていることを、受け取ってくだされば嬉しいです。
そして、これからも読みに来てくださると、なおのこと嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

********************************************

通常クラスのご案内
新宿御苑前スタジオ&代々木
武蔵小杉で開催中。

通常レッスン以外の時間で、対応できます。
個人レッスンのご案内をリニューアルしました。

お気軽にご相談ください。
体験レッスンのお問い合わせ、お申し込みはこちらから

********************************************

大人のバレエはエレガントに美しく。
踊ることで、心と身体を調和させましょう。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ポワント見直し講座」開催しました。

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

今回日曜日の1Daywsでは
「ポワント見直し講座」を行いました。

昨日初めてポワントを履く方も経験者の方も、
とても喜んでくださった、実り多い時間でした。

黒いレッグウォーマーの生徒さん
初めてポワント履いた方ですよ。

参加してくださったお二方は
普段から私に、絶大な信頼を寄せてくださっています。

初めてポワント履いた方は
「最初にポワントを習うなら、絶対に先生から教わります!」
と言ってくれていて
一緒にシューズを選びに行った際も、とても喜んでいました。
きっとドキドキしていただろうな。

ポワントを履いて踊ることは
バレエを習う上で、憧れであり
その反面、とても緊張し、怖れたりします。

大抵は、あの小さなプラットフォームの上で
必死に立って、踊ろうとする。
それが身体を縮め、固まらせるのかな、と。
根っこに恐れがあると
沢山のポワントワークをやっても、解決できないことがあります。

ポワントを履くために必要な、足とシューズの関係を感じながら
じっくり、じっくりと行った2時間でした。

「できないかも、と感じる不安が減った」
「ポワントが、とっても馴染みやすくなった」
「普段使わない箇所が、ホカホカしてる・・」等々
色々な感想をいただきました。

素敵な一歩を踏み出せて、良かったです。
知ることで、できないと思ってることは減って行きますから。

来月も開催予定です♪
日程は追って、お知らせいたしますね。

 

********************************************

通常クラスのご案内
新宿御苑前スタジオ&代々木
武蔵小杉で開催中。

通常レッスン以外の時間で、対応できます。
個人レッスンのご案内をリニューアルしました。

お気軽にご相談ください。
体験レッスンのお問い合わせ、お申し込みはこちらから

********************************************

大人のバレエはエレガントに美しく。
踊ることで、心と身体を調和させましょう。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

19年、スタジオをやってきていて想うこと

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

19年、スタジオをやってきていて
山あり谷あり、色々なことを経験しました。

だけど人生の折り返し地点も過ぎた今
どんな方達に来てもらいたいかが、かなりはっきりしてきまして

自分のやりたいことに対して、素直に取り組める人
いつも新たな発見が出来る感性がある人に、来ていただきたいなと
強く思う、今日この頃です。

4月の舞台の振付を始めました。
一緒に踊る生徒さんと、あーだこーだ言いながら
フォーメーションや振りを考えちゅう。
同じ曲を使い3回目の振付になるけれど、毎回振りが違うのです^^
今回のはかなり良いと思う♡

なぜなら、私が積極的に創作バレエの舞台に出て学んだから。
振付のスキルアップは、自分がまず舞台に出演すること。

舞台に出ることを全くせず、振付けられる方もいらっしゃるけど、
何も無い所から、創作の泉は湧いてこない。
Youtubeを見ながら振りを覚える方法の指導も良いけど
やっぱり振付は、ライブ感覚が楽しい。

私がお客さんとして舞台を観る時、見てて楽しいものが好き。
時にはシリアスなものも見るけれど、作品の中に哲学があるものが良い。

それは創る側、指導する側のマインドがしっかりしていると
そして踊る人も「見られる」ことが理解できてる。
一生懸命頑張ってるね~、の1つ上。
これは創る側の意識にかかってる。

ウチのスタジオを、レベルが高そうとか
難しそうな要求がされそう、と感じる方が居られます。
そう思われるのが、昔は嫌だったけれど
今は反対に、むしろ誇りを持っています^^

新たな発見ができる感性がある人は
「ココ!」と言うポイントを押さえることが
自分で出来るようになります。
もしくは私がそれを伝えたら、真摯に受け取ってくれます。

ゆるやかにいつも楽しく~♪も良いけれど
身体は色々な負荷や犠牲に対して、文句も言わず付いてきてくれてますよ。
それにも、気づいてみてね。

 

☆今日2/17(日)は、ポワント見直し講座を行います。
直前のお申込みもOK!お待ちしています。

個人レッスンのご案内をリニューアルしました。

体験レッスンのお問い合わせ、お申し込みはこちらから

********************************************

大人のバレエはエレガントに美しく。
踊ることで、心と身体を調和させましょう。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

バレエとコンテンポラリーのツレヅレ(私見)

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエからコンテンポラリーダンサーへ転向した人
私の周りには、結構沢山います。
特に今の20代は、そういう子達が増えてるように感じる。
私がかつて教えていた子も、バレエよりコンテの方が楽しいと
今大学で学んでいますから。

コンテンポラリーは、バレエよりも自由な部分が多いけれど
作品を創る人達の感覚が若くて身体能力も高いし、年齢も若返ってるので
きっと、ものづくりの現場が活性化しやすいのかもしれませんね。

でも、どの時代にも自由な発想の人は居たわけで
けれどかつては、一つの事を究めないと他に行ってはいけない、のような
変な縛りがとても有った。
私も20代後半の頃、ジャズダンスを少しだけ復活したことを
バレエの先生に言ったら叱られたし。

極めると言うのは、そこに多大な時間と労力、お金をかけることです。
だけど、どの世界も終わりが無いもの。
1つの事だけしか見えない、知らない、と言う状態から
自分の視野を広げたくて、トライしたことでも
叱られたり、良い顔をされなかったり、周囲から冷たい目で見られたり。
誰かが「こう」と言った、レールの上に乗っかった状態でいたわけです。

そんなギチギチとした環境・状況が嫌で
長年所属していたバレエスタジオを辞めた後
私はありとあらゆるWSを、受けて受けて、受けまくっていました。
コンテンポラリーに関しては、難しいと思ったけれど
自分の言葉で、踊りに対する想いや信念を語れる彼らがすごいなと感じたし
他人の言われるがままに、ハイとだけ言って来なかった状況が
とても勿体なくも感じた。

だけど、私はバレエの世界に居ます。
それは、自分にとって心が落ち着くものであり
そして表現しやすいものだから。

コンテンポラリーは作品によってはとても面白いし
見るのも好きだけど
この先、自分がどのあたりまでトライしてみるか
全くわからない(笑)
今年はこちらも少し復活頑張ってみようかな。

ダンスがもっと身近に、と言うのは
見る人が増えることもあるけれど
見て、何を考えるかとか
踊る時、自分なら何を伝えたいかが
フレキシブルになることなんじゃないかなぁと。

そのためには、自分の身体と向き合う。
方法を知る。
習うのであれば、教える先生の考え方と
自分との共通点を探すとか。(値段や近さだけじゃない部分、大切!)

そんな風に思うのです。

ぜひ一度、レッスンにおいでくださいね。

Photo by Kiyonori Hasegawa

☆2/17(日)は、ポワント見直し講座を行います。
お申込みお待ちしています。

個人レッスンのご案内をリニューアルしました。

体験レッスンのお問い合わせ、お申し込みはこちらから

********************************************

大人のバレエはエレガントに美しく。
踊ることで、心と身体を調和させましょう。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

美しくなることは、曖昧ではない

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

「女性を美しくすること」をテーマに
ウーマンライフカレッジ を立ち上げた方がおられます。
田嶋直美(たしまなおみ)さんと仰いまして

過去記事セルフケア&エクササイズクラスの様子
でも、登場してくださっています。

直美さんが発行されるメルマガを読んでいると
「なるほど」と思うことが沢山あるのですよね。

 

 

私達は、時々無意識に
「ちゃんと」と言う言葉を使います。

特に小さい子には「ちゃんと立って」とか
「きちんとして」とか、言いがち。
最近この言葉が持つ曖昧性に気づき
できるだけ使わないように、心掛けているんですけれど

美しくなる、と言うのは
曖昧なものではないんですよね。
上の言葉、一見とても正しそうだけど。

曖昧=なんとなく、とか
適当、とか。

目に見えない事柄の積み重ねが
形になって出てくるものなので、
それらは「ちゃんと」「きちんと」ではないと、思ったり。
意図してない計算もあったりしますしね^^

 

美しさも健康も、そしてバレエの上達も
目に見えない事柄の積み重ねが
形になって出てくるもの。
それは自分の生活面においても、色々なところで繋がってる。
やっぱり基本が大切やなぁ。

直美さんプロデュースの、ビューティプロテクトマスク。
ほっぺがカサカサしないんです♡
そして布なので、顔が守られてる感じ。
色々考えて、作っておられます。

 

 

☆2/17(日)は、ポワント見直し講座を行います。
お申込みお待ちしています。

個人レッスンのご案内をリニューアルしました。

体験レッスンのお問い合わせ、お申し込みはこちらから

********************************************

大人のバレエはエレガントに美しく。
踊ることで、心と身体を調和させましょう。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村