バレエとコンテンポラリーのツレヅレ(私見)

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

バレエからコンテンポラリーダンサーへ転向した人
私の周りには、結構沢山います。
特に今の20代は、そういう子達が増えてるように感じる。
私がかつて教えていた子も、バレエよりコンテの方が楽しいと
今大学で学んでいますから。

コンテンポラリーは、バレエよりも自由な部分が多いけれど
作品を創る人達の感覚が若くて身体能力も高いし、年齢も若返ってるので
きっと、ものづくりの現場が活性化しやすいのかもしれませんね。

でも、どの時代にも自由な発想の人は居たわけで
けれどかつては、一つの事を究めないと他に行ってはいけない、のような
変な縛りがとても有った。
私も20代後半の頃、ジャズダンスを少しだけ復活したことを
バレエの先生に言ったら叱られたし。

極めると言うのは、そこに多大な時間と労力、お金をかけることです。
だけど、どの世界も終わりが無いもの。
1つの事だけしか見えない、知らない、と言う状態から
自分の視野を広げたくて、トライしたことでも
叱られたり、良い顔をされなかったり、周囲から冷たい目で見られたり。
誰かが「こう」と言った、レールの上に乗っかった状態でいたわけです。

そんなギチギチとした環境・状況が嫌で
長年所属していたバレエスタジオを辞めた後
私はありとあらゆるWSを、受けて受けて、受けまくっていました。
コンテンポラリーに関しては、難しいと思ったけれど
自分の言葉で、踊りに対する想いや信念を語れる彼らがすごいなと感じたし
他人の言われるがままに、ハイとだけ言って来なかった状況が
とても勿体なくも感じた。

だけど、私はバレエの世界に居ます。
それは、自分にとって心が落ち着くものであり
そして表現しやすいものだから。

コンテンポラリーは作品によってはとても面白いし
見るのも好きだけど
この先、自分がどのあたりまでトライしてみるか
全くわからない(笑)
今年はこちらも少し復活頑張ってみようかな。

ダンスがもっと身近に、と言うのは
見る人が増えることもあるけれど
見て、何を考えるかとか
踊る時、自分なら何を伝えたいかが
フレキシブルになることなんじゃないかなぁと。

そのためには、自分の身体と向き合う。
方法を知る。
習うのであれば、教える先生の考え方と
自分との共通点を探すとか。(値段や近さだけじゃない部分、大切!)

そんな風に思うのです。

ぜひ一度、レッスンにおいでくださいね。

Photo by Kiyonori Hasegawa

☆2/17(日)は、ポワント見直し講座を行います。
お申込みお待ちしています。

個人レッスンのご案内をリニューアルしました。

体験レッスンのお問い合わせ、お申し込みはこちらから

********************************************

大人のバレエはエレガントに美しく。
踊ることで、心と身体を調和させましょう。

大人のバレエはエレガントに美しく。
バレエで美しくなる、楽しくバレエが上達する方法をお伝えしています。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中