おんなのこのからだと、バレエ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

素晴らしく良いお天気!

昨日はひとつ「終わった・・」と言う実感が有った日。

半年の投薬治療を先月終えて、そしてその1か月後、お薬の服用が終わりました。

本当にホッとした・・。
これから経過観察期間に入ります。

女性が男性と違う点は
男性は筋肉が太くそして強いため頑丈だし
体温もある程度一定してる。

だけど女性は、生理周期によって体温にもばらつきが出るし
そして、その器官はかなりデリケート。
脳に違いがある、と言われていますもんね。

冷えを疑ったけど
冷えだけじゃないよな、と・・。
多分これまでの、蓄積された
考え方や行動が子宮に溜まって、もう限界!!!と
なっていたのかもしれない。(あくまで推測)

バレエはある意味、アスリートと同じです。
踊れるようになればなるほど、体酷使するし
それらが、目に見える大きな筋肉だけでなく
内臓や骨盤・生殖器周辺にある筋肉にも、影響は必ずあると感じています。

身体を酷使するのは、直に言うと、疲労させることです。
だけど、表現をするための媒体として使っているため
力仕事と言う意味での、肉体労働ではないから
理解が得られにくい面が、あるのかも。

女性機能が(お薬によってだけど)急激に低下した時
どんな状態になって、どんなメンタルになるかは
今回嫌と言うほど、とことん味わったので
20代~30代の方に思うのは

変だな、と思ったら、絶対にすぐ病院に行ってね!!

お腹痛いのを、お薬で紛らわせないこと。
周期がおかしいのを、見過ごさないこと。
量が多いことを、ちゃんと疑うこと。

Happy Ballet Lifeを楽しむためにも
そのまえに、自分自身の健康のために。

★題名に「おんなのこのからだ」としたけど
私の年齢は、もうしっかりオバチャン。
だけどね、おんなのこ、のうちから気を付けておいてほしいのです。
ぜひ!

*******************

都内では大人のバレエクラスを18年
近県の幼稚園にて、子供のバレエクラスを開講中
Kayano Ballet Studioのご案内はこちらから

 

改善したいところを見つけ、
更に動き方をシンプルに滑らかになりたい方には
個人レッスンも行っています。
個人レッスン専用お問い合わせフォーム>>>

お気軽にお問い合わせください。
時間等応相談可能です。

 

★バレエで美しくなる方法でレッスン★

「楽しく」と一緒に身体のより良い使い方、フィジカル面の可能性を
存分に引き出す方法を取っています。
身体の声を聞きながら、更に出来るようになっていく。
基礎が身に付き、過去の癖が取れて行く。
そんなバレエを楽しんで下さい!

初心者の方から経験のある方まで、ぜひお待ちしています!

Kayano Ballet Studio HP


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ