辛い時の対処法

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

朝晩はめっきり寒くなってきましたね。

寒くなると、お決まりの不調、と言うのが
人それぞれでてくることがあります。
過去に痛めた古傷だったり、胃痛だったり・・
また、秋は熱を出しやすいです。
自律神経が乱れるせいもあるけれど。

自律神経が乱れると、不安定要素が強まって
思考パターンも、ちょっと内向きになりやすい。
けれど、それらを敏感に感じ取れるタイプと、そうじゃないタイプもいて
割とハキハキ、てきぱき行動してる方は、
余りそう言った事を、周りに感じさせない気もします。

私はテキパキしてるようでいて、実はかなり繊細な面があります。
感じ取りやすい。
だから、こころと身体を繋げましょう、なんて言ってるのかな、とも思う。

社会人になると、多少の不調も包み隠して
乗り越えていく”強さ”を、求められます。
「そんなこと言ってる場合じゃない」とか
「私のことで、波風立たせても・」と言う考えも、そのひとつ。

けれど、不調が起きやすい時期はやはり起きますし
それを何処でなら気兼ねなく言えるのか、と言うと
病院とか、鍼灸院や整骨院だと、と個人的には思う(笑)

バレエのスタジオでは「言うな」ではなく
「言っても良いから、自分の力で、良くしていこうね」
と言うスタンスで有って欲しい。

辛いことが言えるのは、信頼関係があるからです。とても大切なこと。
なので「言うな」とは思ってないし、むしろ伝えることで
その人がどう変わってゆくかを、見てることもあるんです。
だから、言っただけで後ろ向いてしまわないで、と思っています。

と、ここまで書いて
先日の舞台で、多分きっと、のぶさんが
私に対して、感じていたことなんだろうな、と。
身体が辛い、という私に対し
けれど、最大限の力を出せる所まで、最終的には引っ張って行ってくれたし
私もそうでなくては、と感じたので。

プラスに向くためには、プラスに感じることを
沢山思いつくと良いと言います。ぜひ。


Photo by Akira Nagashima

秋の日、セルフケアエクササイズで身体を温めませんか?
毎週土曜日10:30~11:30
動き易い服装(温かめ)をご用意ください。
その後のバレエクラスは、とっても身体が楽になります。

 

**********************

大人のバレエクラスをお探しの方へ。

大好きなバレエに、より向き合う時間にしてみませんか。
上達すること、の楽しさや面白さを、お伝えしています。
Kayano Ballet Studioのご案内はこちらから

 

改善したいところを見つけ、
更に動き方をシンプルに滑らかになりたい方には
個人レッスンも行っています。
個人レッスン専用お問い合わせフォーム>>>

お気軽にお問い合わせください。
時間等応相談可能です。

 

★バレエで美しくなる方法でレッスン★

「楽しく」と一緒に身体のより良い使い方、フィジカル面の可能性を
存分に引き出す方法を取っています。
身体の声を聞きながら、更に出来るようになっていく。
基礎が身に付き、過去の癖が取れて行く。
そんなバレエを楽しんで下さい!

初心者の方から経験のある方まで、ぜひお待ちしています!

Kayano Ballet Studio HP


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ