たとえ話は「骨のパンツ」とか

バレエ教師兼ダンサーの、河合かや野です。

昨日の幼稚園バレエの始まる前
「せんせぇ~!」と嬉しそうに駆け寄ってきてくれた子が
私の下腹部にある骨(恥骨)で、
思いきりゴチっと、鼻を打ちました。
泣かなくて良かった(笑)

多分・・・
「なんでこんなところに、固いものがあるん???」
と思ったにちがいない 笑

その時に、このノブさんのツィートを想い出しました。

 

 

レッスンの時、姿勢が悪くなったりした時
「骨のパンツ、ちゃんと履いててね!」
4歳児に伝えると、キャーキャー笑っていましたが・・
おかげでむしろ、ちゃんと伝わったかも?
ノブさん、ありがとうございます。

身体が元気じゃないと、心も元気じゃないことが多いけれど
心が先に元気になる工夫として
「身体を舟」に喩えるようにしています。

元気が無い時は、風が吹いて無い時・・
だから、進みたくても進めない。

けれど元気だと風が吹くから
目的を持って進めば目的地に辿りつけるかもしれない。
併走してくれる舟も、現れるかもしれない。

とかね。

(副作用出てて辛い時、かなりアルアルだけど・・
そう考えると、楽になれるかな。)

今日も佳き日でありますように。

 

 

************************
普段のレッスンから、より深めたいことがある方や
悩んでること、解決したいことがある方向けに
個人レッスンを行っています。

個人レッスン専用お問い合わせフォーム>>>

まずはご相談できますので、お気軽にお問い合わせください。
時間等応相談可能。

通常のバレエクラスはこちらから

★バレエで美しくなる方法でレッスン★

「楽しく」と一緒に身体のより良い使い方、フィジカル面の可能性を
存分に引き出す方法を取っています。
身体の声を聞きながら、更に出来るようになっていく。
基礎が身に付き、過去の癖が取れて行く。
そんなバレエを楽しんで下さい!

初心者の方から経験のある方まで、ぜひウェルカム!

Kayano Ballet Studio HP


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中