NUDE展~人の本来の姿に思うこと

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

やっと、やっと!!!観に行けたNUDE展
人の”本来の姿”に思うことが沢山ありました。

こちらはロダンの”接吻”
この作品は、写真に納めても良いのです。
すごい人だかりでした~^^

官能的~♡
エッチ~♡
と思うよりも・・・
私は筋肉フェチなものですから
なんて美しい広背筋!大臀筋!上腕二頭筋!とか(笑)
リアリティな肉体に、まるで感情が乗ってるような
そんな風にも見えました。

裸の状態は、最も無防備で、素の状態を表わします。
そこには隠しようのない、生きてきた時間が刻み込まれています。

赤ちゃんはふわふわと柔らかく
そして誰もが、抱きしめたくなりますよね。

「美しい身体」と一言で言っても
均整がとれてるから、胸が大きいから
脚が細くて長いからだけでは無いよなぁと、いつも思っています。
反対に「醜い身体」と言うのも
本来は存在しないのかもしれない。

バレエクラスで身体の線を出すのは
心に隠しごとが無い状態で、その時間に向き合い
積み重ねが身体に現れてくるのを
自分でもそして教えてる側も、見て分かるようにするため。

ダンサーが、身体の線を出す衣装を選ぶのって
単に踊りやすいからだけじゃないんだよね、と
(わたしなりに・・)ひとり納得してきました。

人本来の姿でありながら、覆いをかけられたり
物議を醸しだされたり・・
倫理観、道徳観、その時代の大多数の考え方によって
様々に評価されてきた作品達が見れます。

絵画としてのヌード、写真でのヌードも沢山ありましたよ。
お時間ある方は、ぜひ♪

 

♡♡ 6月中ご入会の方に
バレエタイツを1足進呈いたします。
チケット購入またはお月謝入会された方限定。
スタジオ生限定の、ご紹介プレゼントもあります!

———————————————————————————–

★バレエで美しくなる方法でレッスン★
KayanoBalletStudioのご案内
都心から近い参宮橋・新宿御苑前で、バレエクラスを行っています。

現役バレエダンサーが美しく踊れるように指導。
何歳からでもバレエは楽しめます。
Kayano Ballet Studio HPはこちら

♡スタジオミキでのレッスンは月謝制もございます。
その他個人レッスンも行っています。
詳細はこちらから>>>

 

 

 

 

 

 

 

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中