身体の固い人や初めての人に教える時、のツレヅレ

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

今回はごく近しい相手に対して
ストレッチ・エクササイズ指導した時のエピソード。
対象はバレエを習っていない、私の両親や彼です。

母の場合
「痛い!」「え!そんなことするの?」などを口にしやすく
まず「できなさアピール」をします。
できることは嬉々としてやりますが。

父や彼の場合、割と何でも淡々とやります。
きつい時には「おーー・・・」とか言いますが
むしろ一生懸命やってくれて
「そこまで力入れなくていいよー」と、指示だすぐらい。

ムリだな、と見えたことは、どちらにもさせていませんが
反応としてすぐ感情に訴えやすいのは
やはり女性なのですね、きっと。

けれどあれこれ言う母の方が、何気に身体は柔らかく
父や彼の方が、固かったりします。

反応としてすぐ言葉にしてしまうのが悪くて
淡々と行う方が良い、と言うことではなく

教えた後に「すごいね、さすがだよ。分りやすかった」と
言ってくれる方が、私は嬉しいです。(そりゃね!)
そういう面では、父や彼の方が言葉にしてくれます(笑)
思いやりとか、気遣いから、よりも
多分、自分の中に響く何かがあるから
それを言葉にしてくれるのでしょう。

生徒さんの中には
「先生の説明が、私にとってはすごく分りやすくて!」と
言ってくれる人がいます。
こちらは女性です^^

「え!やだ~!」
「え、どうしよう!」
「え、こんなのできるの?」
と言う、いわば拒否反応が先に立ち
対応してしまう人よりも

そういった感情を一旦心の奥に仕舞い
まずはトライできる人。
これを勇気と言うのかどうかはわかりませんが
好奇心やチャレンジ精神旺盛な、勝気なタイプの方が
伸びしろは沢山あるように思います。

「え~!」と言う言葉が出るなら、やらなくて良いよ、と
私は子供達には言ってます。
ちょっと難しいかもしれない・・・でも・・・?
その先は、きっと楽しいことが待ってます。

もうすぐ6月ですね。
夏の暑い季節に向けて、ご自身の身体を整えていきましょう。
セルフケアエクササイズ、バレエ入門
バレエベーシック等、バレエの基礎を押さえて
身体を美しく整えるレッスンを行っています。

今日も佳き日になりますように。

——————————————————★

♡スタジオミキでのレッスン、時間変更と月謝制導入のご案内

その他個人レッスンも行っています。
詳細はこちらから>>>

★バレエで美しくなる方法でレッスン★KayanoBalletStudioのご案内

現役バレエダンサーが美しく踊れるように指導。
何歳からでもバレエは楽しめます。
Kayano Ballet Studio HPはこちら

 

 

 

 

 

 

 

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中