バレエで美しくなる方法・”癖”の改善についてのツレヅレ

バレエ教師兼ダンサー、河合かや野です。

最近自分がついついやってしまう”癖”について
見直しを試みています^^

”無くて七癖、有って四十八癖”と言う諺がありますが
癖は誰でも持ってるし、自分では中々気づかないもの。

バレエでも
「癖の強い踊り」とか
「身体に一旦付いた癖は、中々取れない」とか言われますが

自分で「これは癖だなぁ・・・」と気づいたら
改善する方向を向いてくれます。
そこからは絶対に努力してみましょ。

癖はある意味習慣化されてますから
それに対して不便を感じ無ければ、多分一生気づかない。
けれど薄々でも
「これをこのまま続けてて良いのかな・・」と感じるようになれば
もうその癖からは脱しましょう、卒業しましょうね
と言う合図なのだと、私は思っています。

治そうと思っていても、行動できてなかったら
いつまでもズルズルと繰り返してしまうから
「ここら辺でもうこの癖とは卒業する!」と決めたら
それに代わる、良い習慣を持つようにしましょう。

私の場合は掃除だったり、神社にお詣りに行ったり
自分や環境を綺麗に保つ習慣を意識的に持つようになってから
大分改善されました。

そしてまだ残ってる”癖”について、現在
「自分はそれをしていて、心地良いのか?」
「自分が本当にやりたい、続けたい習慣なのか?」
と問いかけて
そしたら案外「えっと・・・」と言うものだったりするため
じゃ、それは絶対に必要でもないんだよね、と客観視し
それをしなくても済むように、少しずつ減らして行ってるところです。

癖は怠惰な心地よさでもあるから
そこに逃げ込めちゃうのは、1つの言い訳にもなります。
けれど他者が強く叱ってくれ、それで直せるなら良いけれど
中々叱ってくれる人や指摘してくれる人がいない場合
自分の本心に聞いてみるのが、一番嘘の無い答えが返ってきます。

身体に付いてる癖(踊り方)については
「こうあるべき!」から来るものが、圧倒的に大きいと思います。
その他には、自分の嗜好パターンとか
好きなタイプの模倣から来るものもあります。
けれど、その人が持つ個性と噛み合ってない場合
変えた方が良かったりすることのほうが多い^^
そこは指摘してくれる先生の言葉をよく聞きとめ、
改善するように、務めてみてくださいね。

今日もスタジオでお待ちしてます。
ご予約待ってマース♪

★バレエで美しくなるための、個人レッスンのご案内★
詳細はこちらから>>>
★バレエで美しくなる方法でレッスンしませんか?★

踊ることは元々持っている身体の機能を高め
心を解放し、知力、想像力を高めることができます。
そのため経験の有無や、身体の条件よりも
もっと大切で、人生を豊かにしてくれるものがダンスです。

初心者~経験を積んだ方まで
基礎力を高め、より良い体の使い方を通じて
より大らかで繊細な表現ができるように
きめ細かく丁寧に指導しています。

レッスンは予約制のものと、オープンクラスがございます。
Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ