目線、その先にあるもの

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

先日書いた記事に
付け加えたいことが「目線」です。

目は普段どこを見ていますか?
私はちなみに、視力は悪いです。
けれど、これは視力とは余り関係がなくて
むしろ、普段目線を向ける範囲への意識のこと。

かつて指導していた子が、勉強をよくするタイプでして
とにかく近視眼的にしか、周りを見れませんでした。
自分が居る位置から1メートルぐらい先の部分しか、普段から見ていない。

遠くを見るというのが、その子の中では多分脅威だったのか
ジャンプを練習しても、中々高く跳べない
移動距離が小さい、回転は他動的な力に頼って回る、と言った具合に
力の使い方が、教えてる事とは裏腹に
全部真逆に表れてしまっていました。

こうなると、理解力とかじゃないんだと思う・・・
目線と言う、空間的距離感を計る分野が鍛えられてないと
全部自分の中に、力を引き込もうとするんですね。
喩えるなら、まるでブラックホール・・・

バレエは、自から光るための踊りです。
自分を見せるための表現が多い踊りだから
目線、どうしたらいいの??と思った方は、気を付けてみてください。
これはクラスでも、とても大切に指導してる部分です。

 

今日も佳き日になりますように。
スタジオでお待ちしています。

 

★お知らせ★
個人レッスンメールアドバイスコースのご案内を
 固定ページにアップしました。
 本当に必要な方に、届いて欲しいと思っております。

ご興味ある方は、ぜひどんなことでもお気軽にお問い合わせくださいませ。
レッスンへのお問い合わせは→こちらから

 

~大人のバレエはエレガントに美しく、そして健康に~

体を動かすことは、今の時代美しさと健康に繋がります。
バレエは、その両方を叶えてくれます。

初心者でも安心して始められるエクササイズ&バレエや
経験を積んだ方には、基礎力を高め、体の使い方を見直し
よりダイナミックな表現ができるようになるために
きめ細かく丁寧に指導しています。

レッスンは予約制のものと、オープンクラスがございます。
予約制クラスは、当日の場合クラス開始2時間前までにご連絡ください。

Kayano Ballet Studio HP

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ