体は緩めて整える~バレエで美しくなる方法

バレエ教師兼ダンサーの河合かや野です。

昨日体験予定だった方、体験せずに即ご入会。
思いきりのよさと、楽しい♪の連発に心が♡になりました。
ありがとうございます。

さて、3月にライモンダ全幕に出演します
先日お衣装の採寸がありました。
ここ1年ほど、体の使い方を見直していましたが
なんと、サイズアップしていた部位と
20年ほど全く変化の無い部位がありました。

全く変化無しが、ウェスト&バスト。
サイズアップしていたのが、肋骨下部(アンダーバスト)&ヒップ。
肋骨下部のサイズが+3㎝以上増えてるのは
絶対に上半身の使い方が変わったお蔭だと思う♡
ヒップの場合、+5㎝!
これは絶対、お尻を締めこまなくなったせいですね。
そしてお尻の位置が高くなり
腿にあった、パツンとした張りも減ってきました。

いわゆる骨盤と肋骨が近くなってウェストが詰まり(これは老化現象のひとつ)
背骨が固くなってお尻が大きくなったのではなく
明らかに太ももに下がって来ていた部分が、上に上がったのだと感じます。

これはノブさんレッスンを受け続けて、彼から得た知識を
常に自分の意識に落とし込んでいたからですが
同時に、バレエの動きは絶対にボディデザインできる!と
素直に信じていたからでしょう(笑)

体を絞る、締める、は時には大切なんだけども・・・
締めると言うのは、きつくなることだから。
ゆるめると言うのは、広がることだから。

Photo by Akira Nagashima

 

どういうレッスン方法が正しくて
どういうレッスンに、誤りがあるのかは
体が結果として、知らせてくれます。
喩えるなら、粘土細工と同じなのです。
付けたい所に付ける
付けたくないところは、削ぐ。
そしてどういう姿になりたいかを、常にイメージする。

けれどこのメカニズムを知らずに、ひたすらお稽古だけしていても
変わらないんです。
細いだけが魅力的♡と思うのも
脳内がそういう思考回路になってるからなので。

けれどこの先も長く踊りたいなら
そして、年齢と共に変化してゆくご自分と向き合いたいなら
考え方を変えてゆくのも、一つの方法です。
本気で変わりたい方、ご指導いたします♡
どうぞお気軽に、お問い合わせくださいね。

今日も佳き日になりますように。

 

~大人のバレエはエレガントに美しく、そして健康に~

体を動かすことは、今の時代美しさと健康に繋がります。
バレエは、その両方を叶えてくれます。

初心者でも安心して始められるエクササイズ&バレエや
経験を積んだ方には、基礎力を高め、体の使い方を見直し
よりダイナミックな表現ができるようになるために
きめ細かく丁寧に指導しています。

レッスンは予約制のものと、オープンクラスがございます。
予約制クラスは、当日の場合クラス開始2時間前までにご連絡ください。

Kayano Ballet Studio HP

お問い合わせは→こちらから




Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

広告