作品クラスWS~バレエ作品をより良く踊るための、スキルアップアドバイス

Kayano Ballet河合かや野です。

何かを理解する時”詳しく難しく掘り下げていく”か
”楽しく、知らないうちに色々なことを知ってるようになっていた”か
さぁ、どっちがいいでしょう??

となった時

大抵は、詳しく難しく・・になりがちなんじゃないでしょうか。
かつての私が、そうだったので(笑)

教える人はまず、自分が詳しくなって行くのが好きです。
そして詳しくなればなるだけ、相手からの信頼感が増すと考えがちです。

でもね・・・

教わりに来る方は、知らないから教わりに来られるのです。
そうしたら、詳しさも必要だけど
様々なパターンに応じての、臨機応変さを知ってる方の方が
魅力的なんじゃないかな?とも。

なので、私なりの伝え方チャレンジ!にて
下記のWSを行います。
詳しくは↓↓↓ をクリックしてくださいね。

 

 

このクラスを通じて体感していただきたいのは
「クラシックバレエが踊りたくて、レッスンしているのか」
「バレエを通して(活かして)自己表現をしたいのか」の違い。

なので、コンテ的な動きVSクラシックの古典バレエのステップとの
対比を感じられるものを、チョイスしてみました。

普段”先生から教わること”だけがレッスンだと思っていると
自分が本当にやってみたい「表現」に、中々辿りつけません。
クラスを受けるだけでも満足!と言う気持ちは大切に持ちながらも
人は常に、向上して行くべき存在であることを忘れずに。

バレエ経験の浅い方~経験のある方まで
柔軟思考のもと、ご自分の踊りを深めたい方に
来て頂けたらと思っています。

====================

こういう告知は、「まぁ、時間が合えばやってみようか」と思われたり
普段すごく悩んでる!とか、緊急に必要!と言ったものではないため
お申込みもユルイし(笑)、そして余り重要視されません。

けれど、習ってる方目線はそうであったとしても
バレエをやっていない一般の方からすると
「これらのことは、知っていて当たり前なんでしょ?」と言う範疇です。
私、いっぱい質問されますもん^^
教えてる時は、何を大切にしてるの?
相手にどうやって、表現などの方法を伝えるの?などなど。

一般の方は、バレエに適する体の事も興味があるだろうけど
表現や踊りに関する様々なことにも、実は興味があるのです。
自分の周りに聞ける人が居ないから、関心が無いだけ。
なのでまずは、踊る人から関心を持つようになってもらえたらうれしいです。

お申し込みはお問い合わせフォームからできます。
ぜひお気軽に、ご質問等もお待ちしています!


Photo by Kiyonori Hasegawa
金平糖のVaより。

本日もスタジオで、お待ちしています。
今日も佳き日になりますように。

 

★バレエクラスのご案内★

Kayano Ballet Studio HP

~大人のバレエはエレガントに美しく~
スタジオの永遠のテーマに掲げている
「大人のバレエ=エレガンス」
エレガンスとは【そぎ落として行く】と言う意味も持ちます。

初心者の方が安心して習えるクラスから
経験者の基礎力&テクニカル向上まで
現役ダンサーが分りやすく指導しています。

レッスンは予約制のものと、オープンクラスがございます。
予約制クラスは、当日の場合クラス開始2時間前までにご連絡ください。

Kayano Ballet Studio HP

お問い合わせは→こちらから




Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中