セルゲイ・ポルーニンの映画

Kayano Ballet 河合かや野です。
昨日は子供バレエクラス用のウェアを用意した後
フッと思いついて、”セルゲイ・ポルーニン~世界一優雅な野獣~”を見てきました。

私は昔から伝記とか自叙伝、ドキュメンタリーが好きで
「人の生き方」みたいなものを
自分につい当てはめて、観てしまったりします。

 

天才的!とか
才能が!!!とか言うコピーが、どうしても付いて回りますが
どんな天才にも両親が居て
そして幼いころは子供だった訳ですよね。
(そう、私達と同じです!)

ネタバレしない程度に感想を書いてみますが
いわゆる”ビリーフ”が、核になってるなーと。
そして(あくまで個人的な感想ですが)
迷いの最中にも、そこから立ち直る過程にも
全て踊りが寄り添ってることで
ある意味救われ、色々な出会いにも恵まれているようにも感じました。

セルゲイ・ポルーニンが、子供の頃自分に刷り込んだ思い込み
”子供の時期が無かった”と感じ
”子供でいては、いけなかった”と思いこむ位繊細で
しかも天才的な身体能力と、感性を備えてしまってるからゆえの
周囲からの期待による重圧。

彼は何を背負い込んだんだろう?
そして背負い込んだものを、下ろせた後の
彼のこれからのマインドは・・???
そこがとっても気になりました。

人ってもがくだけ、その分磨かれます。
全身にタトゥーを入れたり、コカイン吸ったりした時期の後
そして後には剃髪して
(バリカンで刈ってたので、剃ってはいないけど(笑))

きっと踊り続けるだけ、彼はどんどん
変化してゆくんじゃないかな?と思いました。

******

ル・シネマ2は、セルゲイ・ポルーニンの映画で・・

ル・シネマ1では、パリ・オペラ座の映画!
どっち観るか迷いましたよ~ 贅沢な悩み!(笑)

そうそう、日本バレエ協会公演で指揮されていた
アレクセイ・バクランさんが映っててビックリ!
そしてうっとりするダンサー達が、沢山登場します。

 

美しく、そして彼の苦悩的な内面が溢れ出てる作品。
類まれなる人が今同じ世界にいる、と言うことを知るだけでも
十分素敵だと、私は思ってます。

今日も佳き日でありますように。

 

☆新宿御苑前&スタジオミキでのレッスンは

只今体験レッスン2回キャンペーン中!

詳しくはこちら→Kayano Ballet Studio HP

 

~バレエクラスのご案内~

新宿御苑前と代々木にて、バレエクラスを開講しています。
バレエクラスは、初心者~経験者に対応したクラス内容。 
基礎を中心に、身体を深い部分からバージョンアップさせ
健康で、美しく踊れる身体を作ります。
美や健康を求める方向けの、セルフケアエクササイズクラスもあります。
踊りは心の喜び。ぜひ楽しみましょう。

お問い合わせは→こちらから

 Kayano Ballet Studio HP


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援、いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中