不具合とセルフケアの良い関係♡

Kayano Ballet 河合かや野です。

夏場は冷房が入っていたり
あとは食べるものが冷たいものが多いせいか
足が攣ることが増えていませんか?

昨日のセルフケア+バレエクラスでも
「普段困ってること、ありますか?」と尋ねると
「足が攣る」と言う声がありました。

実は私も、稀にですが攣ったりするんです^^;
なぜか明け方が多い。
かなり身体を使った日の翌日とか
あとは、夜寝る前にちゃんと温まらなかった日とか。

なので、必ずお風呂に入ります。

予防策として
くるぶしから指三本上がったところに、三陰交と言うツボがあります。
そこをマッサージしたり、押したりして
ケアしてみてくださいね。お灸もここに据えたりします。
三陰交は、身体の内臓(胃、腎臓、脾臓)と繋がってる場所と言われています。

身体にあるどの臓器も大切だけど
解毒作用のある腎臓・・生命力を司る
消化して栄養を取り入れる脾臓・・氣や血液を作って送り出す
(いわゆる、出力と入力のバランス)が崩れてると
身体全体の調子が悪くなっていくんじゃないかな・・と
最近感じています。

流行のデトックスな食事は
食べれば大丈夫!みたいに謳ってるけれど
自分の内臓や器官の働きが悪かったら
消化も吸収もしてくれません。

バレエダンサーが、身体に対してすごく詳しくなる理由に
1つの要因に、怪我があるけれど
けれど内臓の機能が強くないと(もしくは平均して良い状態じゃないと)
バランスよく踊れないことを、骨身に感じて体験しているから
だと思います。

バレエが踊れるようになったら、身体は勝手に健康になる♪なんて
絶対アリエナイですよ~
むしろ、アスリートはすり減らしてますから
補うことを先にやっています。

使った分、栄養もケアも補ってあげましょう。
そして強くなってゆくペースも、人それぞれ本当に違います。

普段放っておきがちな、自分の身体。
不具合を感じたら「やらない方向」に向きがちで
そのまま放置していたため、本当に困ってから
藁をもすがる気持ちでピラティスやヨガを始めた、と言う声も
結構耳に入ってきます。

これは体に限ったことだけではありませんが
不具合が起きること=改善するための行動するきっかけに
繋がります。
ちゃんと自分を見てる人には、分かること。

ちゃんと自分を見てる人、の仲間入りをしたい方は
ぜひ一度、お稽古においでくださいね。

今日も佳き日になりますように。

☆体験レッスン2回キャンペーン行っています。
詳しくはこちら→Kayano Ballet Studio HP

 

~レッスンのご案内~

新宿御苑前と代々木にて、バレエクラスを開講しています。
バレエクラスは、大人の初心者~経験者 
(セミプロ・バレエを指導されてる方も歓迎) 
まで対応したクラス内容。 
基礎を中心に、身体を深い部分からバージョンアップさせ
健康で、美しく踊れる身体を作ります。
美や健康を求める方向けの、セルフケアエクササイズクラスもあります。
踊りは心の快楽♪ ぜひ楽しんでレッスンしましょう♪

お問い合わせは→こちらから

 Kayano Ballet Studio HP


Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援、いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中