お稽古で伝えたいこと、のツレヅレ

こんにちは。Kayano Ballet 河合かや野です。

今日は普段レッスンに来てくださってる方への
メッセージ。

 

バレエって、多人数からは集団行動を学び、
少人数の場合は、自分にじっくり向き合う・・

本当にその両方が大切だなぁと
今日自分の稽古に行き、改めてそう感じました。

人数が少ない時のクラスって、人の個が露わになるため
そして繊細な部分への指摘が、どうしても増えます。

指先、目線、くるぶし・・などなど
身体を使うって、気づきが生れるまでは
すごく頭を使うこと。

ただ足を動かせばいい、
手を出せばいい、と言うのとはやはり違うし
繊細な部分を大切にしつつ
ダイナミックに動けることに、繋がるようになれたら
ステキでしょ?

そして自分でも気づかない”癖”が誰にでもありますから
例えば回る前に、一瞬目をつぶる癖がある人には
それは伝えてますよね。

自分では気づかずにやってる”癖”
一種の恐怖心から来るものでもあるし
けれど、それも思い込みから来るものだったら
自分で気づけば、必ず直せます。
癖は課題みたいなもの。

そして、何よりもまず順番覚えましょう!
これは絶対大事。

順番を覚えるには、アウトプットが大事。

①まずは目で、見たままをなぞる。
②慣れてきたら、お手本がどう動いてるかを観察する。
③自分がどう動きたいかをイメージして、お手本の動きに
自分を乗せる。
のように、自分を俯瞰してゆくことで
覚えるスピードが少しずつ早くなってゆくはず、ですよ~

頭で分ってから動く、が一番遅くて
一番効率が悪くて
一番出来ません。

なので、それはしないでね。

*

でも人って「しないでね。」を、やる生き物なので(笑)
しないでね、と言うと、それを意識しすぎて
やってしまうんですよね。

「回る前に目を閉じちゃだめよ。」と言うと
目閉じるし・・^^;

「みぞおち固めすぎだから、もっと広げなくちゃ」と言うと
意識しすぎて、より固くなったりもするし・・ ^^;

もちろん、教師側の言葉の持って行き方も
とてもとても大切なのですが、
優しく伝えるだけでは、無理なことも沢山あります。

最初に伝えたことを、素直に受け取って
動いて行ければ
2段階目、3段階目の「これはしちゃダメでしょ。」の
厳しめな注意は減るし、もっと生産性上がる時間になると感じてます。

一生懸命やってる、と言うところに逃げ込むのではなく
一生懸命やってる自分と
それを上から眺めてる自分
その二人を用意できるように、してみてください。

辛抱強く、私も見てますので
辛抱強く、そして面白く
ご自分を観察してみましょ。
いつも熱心に、ありがとう。

今日も佳い1日になりますように。

 

 

バレエクラスは、初心者~経験者 
(セミプロ・バレエを指導されてる方も歓迎) 
まで対応したレッスンを行っています。 
基礎を中心に、身体を深い部分からバージョンアップさせ
美しく踊れる身体を作ります。
 Kayano Ballet Studio HP
こちらのチラシをお持ちになると 
入会金が¥1,000お値引になります。(6月末まで)



 

 

Kayano Kawai

バナーを作成

facebookもやっています。
お気軽にフォローしてくださいね。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援、いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中