環境に合わせて踊ってみる、身体の使い方も変えてみる

今日からGW。みどりの日、ですね。
お天気も良く、気持ちの良い朝です。
今日もレッスンございます。体験の方がおいでになります。

 

昨日はスタジオ近辺で、チラシ配りをしてみました^^
私が最も苦手とするのが、チラシ配りとポスティング(笑)
チラシ配りはともかく、ポスティングは他人様のポストに物を入れると言う
どこか後ろめたい気持ちになるからか・・??

でも20名若の方に受け取って頂きました。
繋がるかどうかは、その方次第・・♡
ここからは、天に任せるのだ(笑)

1000枚有ったチラシ、あちこちでご協力頂いたお蔭で
手持ちは200枚程度になりました♪

”スタジオチラシを置かせて頂いてるお店”

 

スタジオの使い勝手も、分かってきました。
いつもスタジオに通って実際に動き、色々チェックしています。
ここにはどんなレッスンが相応しいかな、とか
進行させるには、どういう方法が良いかな・・とか。

スタジオで最も大切とされてるのが、”床”と言われてます。
そして広さ・天井の高さ等の空間。
でも、そこに完璧さを求めてからやってくるのではなく
「動く人が環境に合わせることも大切」なこと。

ここは、少し固めの床なんですよね。
なので「立つこと」に最適。
ポワントがむちゃくちゃ立ち易い♡
最近は柔らかい素材のリノを使った床のスタジオも多く、
ポワント先端が、リノにめり込むことも多いのだけど
ここはちゃんと自分の身体に床を押してる感覚として、跳ね返ってきます。

まだまだ力みや頑張りでポワントワークを行いがちな方は
身体の繊細な感覚を感じ取るための考え方や方法に
触れるのも、良いですよね。

日本のバレエ人口は、最近すごく増えています。
けれど、全員が同じ環境、同じ素材の床質で
お稽古している訳ではありません。
スタジオの環境に合わせた、身体の使い方をされてるはずなんです。

特に”跳ぶこと”においては、床との相性はすごくありますけど
跳ぶのって、クラスの後半~多くて15分程度です。
上級者のクラスならともかく、基礎を中心に身体作りをして
バレエクラスをやったほうが良いかも、と思ってるスタイルでは
「立つこと」がまずしっかり出来る方が、先やと思う。

床をシャッセ(滑る)・・タンリエ(移動する)等々、
そういった足の使い方を沢山マスターして
楽しく踊れる身体になってもらえたら嬉しいな。

多分プリエがすごく上手に、
そして使えるようになると思いますよ~ん(#^.^#)

※毎週木曜夜に、代々木スタジオミキでのレッスンもございます。
こちらもぜひどうぞ。

 

☆GWの予定はお決まりですか?
4/30(日)1Day WSを予定。
4/29の土曜日までに、参加表明の方が居られましたら行います。
4月中は、1レッスン¥2,000で受けられます。

その他はカレンダー通り。
ぜひご予約、お待ちしています。

レッスンスケジュールはこちら
5月のスケジュールを更新しました!

お問い合わせフォームはこちら
当日体験お申込みは、レッスン開始3時間前を目安にご連絡下さいね。

4月から、新宿御苑前第2タケビルの
スタジオと、代々木スタジオミキとの2か所で
レッスンを行っています。
新宿御苑前スタジオは、チラシご持参の方限定
4~5月中、1回無料体験ができます。
Kayano Ballet Studio HP

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援してくださいね。いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中