楽しくて”ためになる” 踊れる身体づくり

身体の使い方を重点的に教える場合
どうしても「むずかしく」なりがちなのですが

できるだけ「楽しくて”ためになる”」方法で伝えてます。

え、難しい?
ま、そうだろうな、と思います。

例えば、股関節触ってみてね、と説明しつつ
場所を指さしても
ウェストを触ったり(そこには骨、ありませんから~)
股関節の更に下の部分、恥骨の辺りを触ったり

要は、股関節そのものが分からない人が、まずとても多いなと思う。

blog12_55_01画像はお借りしました。

バレエのレッスンで、ちょこっとでも説明を入れてゆく先生と
入れずにどんどん進める先生と分かれますが
どちらも、アリです。
要は、知る機会をどこで得るか、です。

私はクラスの最初に説明したり、終わった後に説明したり等ですが
説明をすると、分かった気になってしまう方が居られます。

もっと想像しましょう。
自分自身だから。

なので、私ももっと伝え方変えて行きます(*^_^*)
もっと「教えない」方法を取ります(笑)

1つ言えるのは、足先に股関節の状態がとても反映されやすいです。
指先が浮きやすいとか
外反母趾がひどいとか
ペタペタ歩くとか
摺り足で歩くとか

気になって指摘すると、大抵腰痛持ちだったりされます。
けれど原因は腰よりも、股関節。
普段座りすぎで、動かすことが少ない。
腹筋力が弱い。
つま先への集める力が弱く、臀部の筋力が使われてない などなど。

なので、バレエで解決できることは沢山ありますよ、と
幾度もコツコツと、お伝えしている訳です。

気になった方は、どうぞレッスンいらしてくださいね。
またパーソナルのエクササイズ指導も、行っています。
05865

 

大人からのバレエは、エレガントに美しく

バレエを踊ることで心がよりHappyに
そして身体は健康に美しく!
新宿と代々木で、クラスを開講しています。
バレエを通じて心がHappyに。
新宿と代々木他で、レッスンを行っています。
春のレッスンキャンペーン、スタートしてます!(4/8まで)

 Kayano Ballet Studio wp-1487210549251.jpeg

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね。いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

昔から余り変わってない部分

今朝は珍しく、遅い更新になりました。

昨日の午後から、ピアノの生演奏を聴いてきました。
感動したり感じ入ったりしたあと、少し体調や気持ちが
デトックス状態になることがあります(笑

ブルクミューラー特集だったからかな?
懐かしい曲や知らない曲が沢山あり、
とても心の琴線に触れました。

2013-08-15-11-06-37-1

演奏者のみっこさん曰く
「幼い頃の自分が、寄り添って聞いている気持ちになった。」と
プログラムに書かれていたんですけど

幼い頃って、ちょっとしたことにワクワクしたり
繊細だったり、もしくはすごくのめりこんだり、がとても変化自在で
むしろ、それがその子の魅力だったりします。
私も例に漏れず、そういうタイプ。
昔も今も、変わってる・・

そんなことを想い出して
こちらを載せてみました。

 

 

自分はかなり、変わってるタイプやと思います。
それでいて案外、引き籠るところもあります。

活動的に見えるけれど、多分思うに、活動拠点の範囲が
とても限られてると言うか。
でも必要とされればどこへでも、馳せ参じるますよ^^

 

 

大人からのバレエは、エレガントに美しく

バレエを踊ることで心がよりHappyに
そして身体は健康に美しく!
新宿と代々木で、クラスを開講しています。
バレエを通じて心がHappyに。
新宿と代々木他で、レッスンを行っています。
春のレッスンキャンペーン、スタートしてます!(4/8まで)

 Kayano Ballet Studio wp-1487210549251.jpeg

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね。いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ