ツレヅレなるままに ~感情について

ちょっとツレヅレなるままに、思いついたことを書いてみました。

 

 

私の場合、見識が広いとか言われることが多いのだけど
自分ではすごく普通で、別に大したことないよん、と思っています。

ただ、他の方からすると

「どうしてそんなことを知ってるの?」と、受け取られることがとても多く
「いつもとてもためになるし、役に立ちます!」と言う評価から
「なんか自慢に見えるし、押しつけがましい。」と言う評価まで、分れます^^;

そういった時、以前は
「あ、自慢に見えるって、マイナスだな。」と思っていました。
自分のマイナスに見えることは止めておこう、と。
想い起こすと、子供の頃からそうだったかも。

でも今年から、考え方を180度変えてみました。
「マイナスって受け取られても良い!
私そのものなんだから。
だって私、悪くないし。」

どうでしょ、この変わりっぷり(笑)

なぜ、マイナスに見えるのをそこまで怖がったのか。
なぜ、批判する人に対し、余計な気遣いとも思える行動を取っていたのか。

波風を立てたくなかったから
嫌われたくなかったから、と言うのが
多分深層心理なんだと思う。

 

昨日バランスを取る練習をしてみて思ったけれど
「穏やかな凪のような状態なんて、そうそう無い!」

何でも簡単なようで、簡単じゃないですよね。

wp-1466080660973.jpeg

 

 

***

身体性をともなう総合芸術である、ダンスは

①総合教育
②人間関係の修復・構築機能と言ったセラピーや医療的、健康促進、リハビリ的要素
③創造性、イマジネーションや感性を高め、より文化的な面での向上

 

ちょっと難しい言葉になりますが
こういったことが、可能になるんですね。

ダンスを、自分の趣味的な位置づけだけで見ると
とても世界は狭くなるけれど
広い意味合いでダンスを捉えると、本当に色々な可能性があります。
要は、自分だけの狭い世界で見ると
凪のような状態を求めて行うことになる。
でも、選択の幅を広げてトライすると
雨の日も風の日も体験した上で、凪の有難味を知る。

それを嫌と思うか
分りました、やります、となるかは
その人次第ですから、そこはもうお任せするしかないけれど。

普段
「大人のほうが人生諦めてしまい、考えるどころか愚痴や病気の話ばかりをしている」
と、よく聞かされますが

普段を振り返ってみると、私は・・・それが無いんですよね。
多分念頭にないから、こういうことばかり考える?(笑)


2012_02270116

自然を見て、「ハー」とか「フー」とか思いながら
癒されることが、とても好きです。

自然は、本当に計算も何も無く「あるがまま」。
けれど人間が勝手に「キレイだねー」とか
「すごいねー」と言う感情を、乗せてるだけ。

2012_02270100

 

かつてすごく感じ入ったことが、自分の中で繋がるのには
時間も必要なんだなー。
でも、良い意味でスパンとクリアになれるまで”待つ”。
それまでは沢山迷って、色々な本読んだり
言葉を探し求めても良いと思う。

1つ山場を越えた感が有ったので
ツラツラと、心が言うことを書いてみました。

★この記事に載せた写真は、全部私が撮っております。
1枚目は高松からの帰路、上空にて
2枚目、3枚目は、熱海梅園(数年前のものです)

 

 

バレエ教師兼ダンサーが指導する、バレエクラスです。

大人からのバレエは、エレガントに美しく
そしてチャレンジ精神で、臨みましょう。

バレエを通じて心がHappyに。
新宿と代々木他で、レッスンを行っています。

 Kayano Ballet Studio wp-1487210549251.jpeg

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね。いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

”身体が整うと言う感覚”のツレヅレ

一体いつの頃からだろうか。
「体整ったね~」なんて、分かるようになったのは。

一般の方からすると
「体が整う?」と言うのは、不思議な感覚にちがいない。
けれど、ヨガやピラティスなど、ボディワークの世界ではごく普通に使うし
身体=心が整う、と言う具合に、繋げやすいかもしれない。

私が「体整った~♪」と感じるのは
良い感じに、身体が緩められた時とか

骨盤が気持ちよく自分の身幅に納まって
歩いていて、とても心地いいとか。

ストレッチポールの上に立ちたい!と何度もチャレンジ。
これ、お正月に瀬島五月さんのレッスンに行った時に教えて頂きました。

身体緩んで(整って)ないと、この上には立てない。なので立てた時は
そんなに身体の力みが無く、本当にふんわり。

 

意識を変えるのは義務ではないです。
楽しいな、と思うことが、身体が欲してることで
そこに”義務感”を持ち込むと、いっぺんに話がややこしくなっちゃう。

でも大抵過去に運動ということを体育の授業として受けてきた方は
義務として、感じやすいのかもしれません。

~のために
~が良いと言ったから

逆です。
赤ちゃんが「これから歩けるようになったら便利だから」と言う理由で
歩かないのと同じで
本能から楽しいと思うから、整うんですよ^^

 

07066-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

 

3月のレッスンスケジュールを更新しました。

3月からスポットWS的に、フロアバレエなどを復活させて行こうと思っています。
こまめにHPやFacebookページを覗いて下さいね。

バレエ教師兼ダンサーが指導する、バレエクラスです。

大人からのバレエは、エレガントに美しく
そしてチャレンジ精神で、臨みましょう。

バレエを通じて心がHappyに。
新宿と代々木他で、レッスンを行っています。

 Kayano Ballet Studio wp-1487210549251.jpeg

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね。いつも励みになっております。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ