20年前の白鳥さん♪

早いもので、1月も今日で最後。
昨日Facebookのタイムラインに上がってきたので、こちらでもご紹介しますね。

20年前の、日本バレエ協会公演「白鳥の湖」の時の楽屋裏。
当時の東京文化会館の楽屋です。

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%82%a8%e5%8d%94%e4%bc%9a%e7%99%bd%e9%b3%a5%e3%81%ae%e6%a5%bd%e5%b1%8b%e2%99%aa

 

そして20年後のオデット(笑) 去年のクリスマス企画で踊った時のお写真。

wp-1482015907912.jpeg

自分で言うのもアレだけど、私は顔が老けないと言うよりも、身体が老けにくいタイプなんだと。
身体が老けにくい・・・これは、自分が努力してると言うよりも
天の神様が与えてくれた、私への財産だと思ってます。本当に。
いきなりスピリチュアルっぽいですが (笑)
でもそう思って無ければ、多分・・こうはなってない、と思うことも沢山。
なので、いつも「ありがとうございます。」と手を合わせてます。(ホント)

迷ったら、両方できるようになれば良いのです。  ←先日アップした記事。

この記事、上の写真の頃の自分を、ちょっぴり想い起こして書いたモノでもあります。
バレエ協会の公演は、若手に大きな舞台への出演機会を与えてくれる場でもあるので
舞台に出ると、グンと成長できるチャンスが沢山ありました。

20年前は、新国立劇場もまだ出来て無くて(確かこの年にこけら落としだったかな?)
K-Ballet も無かったし、そのためバレエ団には属してなくても
すごく踊れる人達が、各教室に必ずいらっしゃった時代。
そんな人達とご一緒するなんて・・・と、本当に「お背中ピン!!」としてました。

そしてこの頃は”大人バレエ”と言う概念も無かったから
バレエ=厳しい、と言うのは、当たり前。今も厳しいけれど・・当時はもっと、でした。

ただそれだけ、価値観も固定化されがちで
何か良いことを学んで来たとしても、先生の考えに合わないと受け入れて貰えなかったり。
私はそれで、遅い反抗期を迎えたような気持ちに何度もなりました(笑)
けれど我慢する、と言うことも同時に学びました。

それを思うと、今は色々な考え方に自分から触れることが出来て
自分で情報を探せるし、そして選べるんだろうかと。
なんて素敵!と思います。

ただ、今は多すぎて選べない・・と言うこともありますね。
分からなかったら、聞きに来てください(^-^)

これからの自分がやれることは・・・若手ダンサーの人に舞台のチャンスを作ってあげることや、舞台を創れる人に繋げて行ったりとか。
そう思ってます。

だから踊りたい人は、基礎力が大切ですよ。
正しい基礎は、ダイナミックな力を生みます。
身に付けたい方は、どうぞお稽古にいらしてくださいね。

 

 

4月の舞台&5月の舞台への出演者募集中!
『新クラス&出演者募集のご案内』 → こちら
バレエに関する前向きな疑問を、お話してみませんか?★「バレエなお茶会、企画してみました。」
1月末~2/7までの開催可能日は→こちら

 

バレエ教師兼ダンサーが指導する、バレエクラスです。
大人からのバレエは、エレガントに美しく
そしてチャレンジ精神で、臨みましょう。

気軽な好奇心から、目標を掲げる向上心の持ち主の方、歓迎です。
Kayano Ballet Studio 




2017%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援してくださいね。励みになります!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中