オニール八菜さんのカレンダー

先日、京都のジュニアちゃんが通う学校からの郵便物で
素敵なカレンダーが、届きました。

去年オニール八菜さん主演で、ドン・キホーテの公演が有りました。
そのお写真を使った、今年のカレンダーです。

どの月も、すんばらしく綺麗なお写真だらけ♡♡♡

wp-1485681143116.jpeg

 

ジュニアちゃんは、この公演には出て無かったそうですが
彼女なりに、地道に頑張ってる様子。
それにしても、京都バレエ専門学校は
生徒を送り出した側に対して、季節ごとに、何かしらお便りを下さる。
そういった心遣いが、とても素晴らしいと思います。
「しっかり面倒見させて頂いてます。」と、言って下さってるような気がして。

wp-1485681155268.jpeg

お写真には、指揮者の江原先生も・・・♪♪♪

それにしても、そうそうたるメンバーでの公演。
シリル・アタナソフさんが、ドン・キホーテ!
かつての、パリ・オペラ座の王子様♡

第2回 世界バレエフェスティバル(1979年) カーテンコール映像

ノエラ・ポントワさんと、カーテンコールに出てきておられます。
この映像だけで、私痺れてました(笑)

最後に、とても興味深い記事を見つけたので、リンク貼っておきます。
海外バレエ講習会リポート3【元エトワール、シリル・アタナソフ先生による教授法】

(2)バレエダンサーの条件

とにかく体型です。身体、つまりプロポーション(手足の長さ、顔の大きさ、足首の形(つま先の伸びや甲))
体力(柔軟性、俊敏性、筋力など)、そして厳しい稽古に耐えられる健康です。
これらは小さい頃に大体の見分けがつきます。しかし、よいところが隠れている場合もありますし、
よいと思っても伸びない場合もあります。そして、手脚が長くても足に問題がある場合もあります。
神や女神のような身体をした子は、よい学校に採用されるでしょう。
しかし、なかなかその先にはいかないのです。このような場合に欠けているものは何か。
それは学ぶことができないものです。
それは、芸術性、踊り心、踊りに対する感性、そして先生の言うことを理解できる頭の良さ、です。これは生まれつきです。

 

習う側も、そして教える側も
経験有る人が学んで来たことを、受け止めたあとに
そしてこの先どう伝えてゆくか、ですね。

今日も良い1日を。

 

「バレエなお茶会、企画してみました。」
参加希望の方は⇒お問い合わせフォーム からご連絡下さいね。

1月末~2/7までの開催可能日は→こちら

『新クラス&出演者募集のご案内』 → こちら
2月末まで、トライアルレッスン開催中です。
トライアルレッスンの詳しい内容は→こちら

バレエ教師兼ダンサーが指導する、バレエクラスです。
大人からのバレエは、エレガントに美しく
そしてチャレンジ精神で、臨みましょう。

気軽な好奇心から、目標を掲げる向上心の持ち主の方、歓迎です。

Kayano Ballet Studio 


2017%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援してくださいね。励みになります!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中