『踊りへの情熱』を、問いかけてみる

題名は今更なことかもだけど、
自分に問いかけてみました。

あるバレエスタジオでのアンケートに
「なぜあなたは踊るのですか?」と言うのがありました。

07772

Photo by Akira Nagashima

 

 

私は8歳からバレエを始めたけれど
踊りの怖さや、積み上げてゆくものへの難しさがようやく分かったのは
18歳で上京してから。
それまでは楽しいことしか、知らなかった。

新しい土地で知らないことを吸いあげてゆくことへの楽しさと
頑張りなさい、と言う声に後押しされて
大変な事も今まだ色々あるけれど、情熱は今まだ、何とか保ててる気がする。

若い頃は、上手い人がとにかく憧れで
練習っぷりや自分への厳しさをみて
自分もそうなければならない、と想ったりしたものだった。
自分を律しないと、絶対に上手くなれないなと。

大学で舞踊専攻をしたお蔭で、バレエ以外の、コンテもジャズも
踊りの1つとして経験できた。
日舞やフラメンコも、短大の時やったけど
もっと身体に染み込んで動くところまでやれていたら
また感覚違うんだろうな、と思う。

けれど教えるようになってからは、他人が頑張っている姿を見ても
感化されない人達が居るんだ、と言うことが分かってきて
最初の頃は、価値観を全否定されたような気にもなったけど
あるいみ、そういう人への対応の仕方も工夫できるようになったり。

頑張ると言うのを、若い頃は
自分をひたすら追い詰める方向へと向けることしか、分からなかった。

けれど、今になってみると
なぜ踊るのかと改めて問うてみた時
その時間の全てが、とても愛おしいと言うか
時間は消えて行くものなのに、積み重ねとして蓄積されるものと言うか

またいまだに自分のことを認め、声をかけてくれ
良くなろうとアドバイスしてくれる人が居るのかとか
むしろ、そっちの方が有りがたくて
それに応えて、変わってゆく自分が楽しいと言うか

心が満たされると言うのは
今の自分に不満があるから、それ以外のものを求めると言うのではないと言う
ごくごく当たり前の、真理。

だから私には、ストレス解消のために踊ると言う選択肢が無い。
その時間が無くなることの方が、ストレスだから。

私の踊るための動機付けは
『自分らしくいたいから。』 かな。

 

「バレエなお茶会、企画してみました。」

参加希望の方は⇒お問い合わせフォーム からご連絡下さいね。

***

KAYANO BALLET BLOG~踊る心~
『新クラス&出演者募集のご案内』 → こちら

 

 

バレエ教師兼ダンサーが指導する、バレエクラスです。
大人からのバレエは、エレガントに美しく
そしてチャレンジ精神で、臨みましょう。

気軽な好奇心から、目標を掲げる向上心の持ち主の方
ぜひレッスンに、おいでください。

Kayano Ballet Studio 


2017%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc

 

 

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援してくださいね。励みになります!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中