゛The見ため゛なツレヅレ

「レッスン前の身繕い」について
いわゆるポワントのリボンを結ぶとか髪を結う動作。

そして出来あがった髪型・・・
大人バレエの皆さん・・上手にできますか?
大人の方じゃなくて、お子さんの場合も。

お子さんの場合、小学生高学年ぐらいから
自分で髪をシニヨンにする練習をしますが
そういう機会が中々無いと、手が器用になる時期を逃してしまいます。

 

☆ポワントリボンについて
ポワントを履いて準備をしてもらう時
正直「遅いな~!」と思うことが多いです。
早く結びましょうと言うと、今度は結び目がぐちゃぐちゃだったり
リボンが裏返っていたりとか。

リボンを巻く時は、足の甲の部分は少し強めに
足首はアキレス腱に当たる部分はソフトに。
それでいて、揺るんでほどけない塩梅の力を早く覚えましょう。
絶対踊りやすくなるから!

05535

☆お稽古前の、髪をまとめる時について
「ただ、結んでる」だけの方が多いです。
肩よりも長い場合、シニヨンまたはバレッタを使って、髪をアップにするのが
本当は望ましいです。
髪型も顔の表情の一部として考えますし
飛び出た髪の毛先でほっぺをピシピシしながらの、回転練習はできませんから(笑)

自分の頭の形とよく相談して
頭のどの辺りに結ぶと一番綺麗に見えるかを、チェックしてみましょう。

またゴムだけで結ぶのは、余程モード感溢れる個性の方じゃないと、
普通は寂しく見えるものです。
バレッタや髪飾りを使って仕上げると
ご自分の気分も上がるし、可愛らしくそして華やかに
見えますよ。

05696

 

12697205_949111095144889_5878334187005315366_o

Photo by Akira Nagashima&自撮りフォト。

 

普段は夜会巻が出来るピンで、髪をアップにしてます。
今はもう鏡も見ないで1分もかからずアップに出来ちゃいますが
手が覚えるまで、練習してみると良いんですよ。
これはメークも同じ。

「先生、綺麗にされてますね」って言われますが
そう言って下さると、とても嬉しい。
だってお稽古に来てくださってるのだから、綺麗な姿でお出迎えするのは
当然だと思うのです。

手先の器用さは”生活の細やかさ”とも言われます。
日本人は元々手先が器用な民族。
ぜひ「The 見た目」も練習しましょう。
皆がバレエでキレイになりますように!

★Kayano Ballet Studio バレエQ&A
ウェアの選び方も載せてます。

***

『募集中です♪♪♪』

KAYANO BALLET BLOG~踊る心~
『1月からの予定と、出演者募集のご案内』 → こちら

「その人それぞれが、もっと輝くように」
バレエクラスを行っています。
Kayano Ballet Studioのご紹介~はじめましてはこちらから~

レッスン受講生、随時募集中です!
どうぞお気軽に、お問い合わせください。
Kayano Ballet Studio 

レッスンスケジュール
クラスについて
受講生のご感想

2017%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援してくださいね。励みになります!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中