「体を、楽器に」(^_^)

今年を振り返ってみたとき、本当に色々な収穫が有りましたが
中でも、音楽家の方達と知り合えたことが印象的です。

wp-1470752590558.jpeg

このお写真は8月のもの。
”アンナ・カレーニナ”でご一緒した、指揮者の江原先生が
コントラバスを演奏されるのを聴きに、ミントの森に伺ったのが最初。

コンサートホールに行くのとはまた違って
ご自宅という環境。
楽器がとても身近にあるのって、良いですね♪
至近距離で、ピアノやヴィオラ・フルートが聴けるなんて
楽器に対する感覚が、変わる気がしました。

こちらは11/20に伺った時のもの。
”私は鳥刺し Der Vogelfänger Bin ich ja”

過去記事「音楽の魅力」 でご紹介した、モーツァルトの会での演奏です。
ザルツブルグ在住の佐藤智子さん&斉藤和久さん。
とっても軽やかな演奏で、何度も繰り返して見てます^^

バレエを教えていて・・・
音楽が動きの次、になってしまうことに
ちょっとじゃなく、かなり申し訳ないなぁ・・・ と感じているんだけど

 

踊りは、自分の手足が動くことが先なのか?
それとも音楽を聴いて、心が湧き踊るのが先なのか?
そやって考えると・・・ 絶対に「心が先」な気がするのに

踊った後の「ちゃんと、足、開いて正しいポジションに!」とか
「また、あの箇所が出来なかった~ 悔しい!」とか

分かるんだけど・・・
すごく、気持ち、確かに分かるんだけど・・・
ちょっと皆さん、自分のことだけ夢中になってないかしら?と。

音楽家の方達とお話していて感じたことは
彼らは実はすごく現実的で、マルチな才能を生かして生活されてたりします。
そして、色々な経験をされてる。
けれど楽譜からは、心をワクワクさせる音色を引き出し
それが演奏の中に溢れてるから
豊かな時間、と感じられたんでしょうね。

初心者の方でも、経験者の方でも、音楽を感じ
それを動きに表そうとすることは、できるはずです^^
上手にやろう、と言うことよりも
聞こえたものを身体を使って動くことを、先にやりましょ。

そのために、色々な”身体の使い方”を知る必要はあるけれど
それが出来てから音楽を聴ける、と言うものでは絶対にありません。

15267899_1155130674524905_8018274269078883244_n

 

昨日もお一人様自習してましたー。
無性に大きな声が出したくなって、゛発声゛も😁

一人だとエエねぇ。なんでも出来るわ~😚
声出すと、身体がほぐれます
頭蓋骨にビンビン響かせる発声もやれて、あぁスッキリした~

「体は、楽器ですから」(*^_^*)

それでは本日もスタジオで、お待ちしています。
入門クラスのストレッチは、15分で身体がホカホカになります。
ぜひ体験して欲しいです。ある意味チューニングです。

12/17のクリスマス企画に、3名の方をご招待いたします!
こちらは12/15(木)までに、体験レッスンを受けられた方を対象。
申込み締切は12/8(木)まで 定数になり次第、締め切ります。
体験レッスン後ご入会頂いた方は、当日観覧頂けますよ♪

体験レッスン希望の方は、ぜひ問合せフォーム宛に、ご連絡下さいませ。

大人のバレエは、エレガントに美しく

初心者の方から、プロ活動を目指す若手ダンサーまで
「その人それぞれが、もっと輝くように
皆が素敵な表現者になれるように」をテーマに
バレエクラスを行っています。

都心から通いやすい、新宿と代々木でのレッスン。
心と体を調和させ、歌うように踊りましょう。
Kayano Ballet StudioHPはこちら
体験レッスンのお申込みはこちら。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援してくださいね。励みになります!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中