身体を柔らかくしたい、と思ってる方へのツレヅレ

武蔵小杉のブルームーブ・スタジオでは
火曜日と水曜日の午前中に、バレエクラスがあります。

ただ、バレエに対し”敷居”を感じておられるのか
来て下さる方が、まだ少ない・・・ 寂しい~~(T_T)

”身体が柔らかくないとバレエは出来ない”と言うイメージ
確かにありますよね。
私もこんな風に開脚してるし・・・^^

でも”まず開脚が出来ないと、バレエはスタートラインに立てません”、と
もし謳っていたならば
現在これだけ沢山、大人の方が習い楽しむ”お稽古事”には
決してならなかったはず・・・

image

 

身体が固い方が、バレエを習いたいと思う理由に
ご自身の深層心理の中に
「前屈がぺったりとできるようになりたい」とか
「開脚が出来るようになりたい」と言う気持ちがあると、常々感じています。

美しい身のこなしは、柔軟な身体から、とか。
ん・・・確かに間違いではありませんし
確かに固いよりも、柔らかい方が良いです。

そして、開脚が出来るようになると
肩こりや腰痛も楽になるのでは・・・と、中には思っておられる方も。

ハッキリ申し上げて、それは無理です(-_-)/~~
開脚が出来たからと言って、肩こりは解消されません。
少しはマシになるかも?しれませんが。

けれど、開脚が出来るようになることで
ハムストリングスが伸び、腰の部位が解れやすくなり
背中の柔軟性が高まってくる、と言うメリットはあります。
なので出来るように努力されることは、絶対絶対に無駄じゃありませんよ~

そして、レッスンを続けていると
【股関節周辺や背中等を筋トレするため
結果、開脚がし易くなる】
のです。

ストレッチも筋力が必要です。
ぜひ覚えておいてくださいね(*^_^*)

wp-1467039922412.jpeg

これは胸骨や鎖骨周辺を伸ばすストレッチ
デコルテ周辺が、美しくなります。

 

 

SAMSUNG

 

アキレス腱や脹脛は季節問わず、必ず伸ばしておきましょう。

私のクラスでは、やみくもに過度なストレッチや
開脚を目的とした内容は行っていません。
色々な部位を刺激し動かして、そしてほぐし、筋力を高めながら
全体の柔軟性を高めて行く方法を、取り入れています。

こころとからだは、繋がっています。
かちこちした考えだと、身体も固くなります。
柔軟をする本当の目的は、「自分への労わり」

日々忙しい方ほど、身体とじっくり一度対話するために
スタジオにどうぞ、いらしてくださいね。

 

 

大人のバレエは、エレガントに美しく

「その人それぞれが、輝いて欲しいから」
心と体を調和させ、歌うように踊りましょう。

★11月中「体験レッスン2回キャンペーン」を行っています。
1回目とはまた違うクラスの雰囲気や内容を
知って頂くことが出来る、とてもお得なチャンスです。

★バレリーナおうちご飯WSは、11/27(日)開催!
今回のテーマは鉄分を摂取するおうちご飯をご紹介。
お申込み、お待ちしています。

Kayano Ballet StudioHPはこちら
体験レッスンのお申込みはこちら。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中